返済ができないけれど、早く返済したい方へ

債務を持ちながら、働き口がなかなかなく収入もままならない、返済に回すだけの収入がない方、債務整理を考えてみましょう。

銀行カードローンや消費者金融を利用する時に、最初から返済ができないことを想定する方はいません。第一カードローンを使用できることは、それだけ信用情報としては、お金を貸すことができる人だからです。

しかし、いざ返済しようというとき、リストラにあったり他のことで大金を使ったり、少しギャンブルを覚えて使いすぎてしまうなど、事情が変化していることも多いです。そうした方たちに対して、国では救済措置として債務整理をすることを勧めています。

債務整理の目的は

  • 返済の負担を軽くする
  • 返済を早く済ます
  • ことです。

    それをするため、借金総額を大きく圧縮したり、利息分だけをカットしたり、全て借金をゼロするなどの対応ができます。

    と言っても、国が行ってくれるのではなく、消費者金融や金融機関と交渉をするのは本人がしなければならないのです。国は、こういった手続きをすることで、返済を早く終わらせたり、少なくすることができる法律が存在しているということだけです。

    ということで、カードローンなどの借金を返済できなくて困っている方、明日の返済日にも間に合わない方、自分で債務整理を開始するか、法律事務所などにご相談ください。借金を本気で減らしたい、少しでも早く返したいと思っているのなら、債務整理を利用するのも一つの手です。
    メリットもデメリットもある債務整理ですが、返済地獄から逃れることはできます。