借金 首が回らない 生活保護を受けている母子家庭の場合

お金に困ったからキャッシングでお金を借りようとしたけれど、審査では母子家庭が原因なのかそれとも生活保護が原因なのか、お金が借りられませんでした。後から調べてみると、生活保護の収入は収入と見なされずキャッシング審査では落ちるとの事だったのです。

しかし、困りましたよね。母子家庭で生活もやっとの中、お金が借りたい時に借りれないとなってくると、借入方法となる選択肢も限られてくると思います。もしかしたら、闇金でキャッシングするしか方法がないということも考えてしまいますよね。

こんな母子家庭がごく一般の母子家庭ならばよいですが、実は前の旦那の借金が残っていて凄い多重債務となっている場合で、それらが闇金からの借入だった場合を想定したら、かなり過酷な状況の母子家庭とも言えるでしょう。これでは、いくら母親が仕事で頑張っても旦那分の給料がなく債務の返済が出来ないので、心も病んだり精神障害者にもなってしまいそうですよね。誰かの手が借りたい時に誰も助けてくれない状況とも言えるかもしれません。

こんな母子家庭が母子福祉資金貸付金で生活をやりくりしていても、お金が借りたいと思うときは絶対にあります。生活保護だと消費者金融などでお金が借りれないとなれば、必ず闇金業者へ電話することにもなりかねませんよね。

ここで筆者が思うのは、束の間の借入で家の安定が計れても、またすぐにお金がなくなるんじゃないのか? という事です。そう考えると、闇金からお金を借りれば余計に借金が増えて、返せる借金も闇金のせいで返せない状態になってしまうのではないかとなるでしょう。もしかすると、ダウンして仕事もろくに出来ない身となれば、返済する方法はまず一個もありませんから、借金返済の心配だけが募ってくる事だと思います。

じゃあ、とにかく消費者金融の借金とかの多重債務であれば、おまとめローンすれば解決!と思っていたら、案外返済そのものが苦しくて返せない人もいるようなのです。そこでこんな場合に、借金で首が回らない母子家庭の母親がいましたら、債務整理をすれば楽になれる可能性が高いかもしれませんよ。

ちなみに、闇金からお金を借りた場合は、債務整理せずに弁護士とか専門家へ相談しておくと吉です。債務整理も同じく弁護士や専門家への相談となりますが、闇金の問題の場合に裁判沙汰になる事はほとんどありませんので、闇金の暴走や勝手な動きを止めてくれます。よって、返済もしなくてOKとなるでしょう。

ただ、債務整理に関しては、裁判官の指揮のもと免責が下りるかどうか決定するまで裁判が行われる事となります。自己破産した知人は立会わなくても良かったのですが、中には立会いが必要な時もあるようなので、どちらでも対応出来るようにしておきましょう。

ちなみに、おすすめの弁護士とか専門家は何処? 恐らく、債務整理などの検索で腕の良い弁護士などのスポンサーリンクが見つかるはずですので、任意整理や自己破産あるいは債務整理する意思が決まったら訪れてみて下さい。

但し、債務整理で債務者の借金返済が極端に楽になったり、借金から解放され返済しなくても良くなる分、今使っている消費者金融のカードローンをはじめ、クレジットカードやみずほ銀行カードローンなどの銀行カードローン、その他住宅ローンや支払いローンに関しては一切ご利用不可能となってしまいますよ。これが原因で、精神障害者になることも考えられますが、わざと体を痛めつけて障害者申請して障害者年金を貰おうなんて思わないようにして下さい。

旦那もいない母子家庭ではヤケになる親もいます。以後の人生がブラックだからと言って、家庭までブラックにする事がないように債務整理や自己破産を検討しておくようにして下さい。と言っても、債務整理や自己破産にも時効がありますので永久にブラックは続きません。それまでの間、ローンが使えないだけとなりますよ。

したがって、ブラックにはブラックのキャッシング方法もありますから、どうか気を確かに持って下さい。間違っても、突然全て投げ捨ててまで夜逃げなんて考えないで下さいね。返済が楽になれば、生活保護でも当分の間はキャッシングなしでもそこそこやっていけるでしょう。