街角法律相談所 連絡こない
  1. 連絡こないことはない 数日待ってて
  2. 入力おすすめ時間は平日の昼間
  3. 債務整理が始まったのに
  4. 借金減額シミュレーター後の連絡
  5. 無料相談ができる街角法律相談所 連絡こないときの対処法

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

連絡こないことはない 数日待ってて

街角法律相談所のデメリット的な口コミとして、連絡がこないという内容があります。

債務整理を目的とした借金減額シミュレーターで、
法律事務所を紹介してもらえるサイトですが、
肝心の法律事務所からの連絡こないは、非常に困ってしまいます。

その原因は?

街角法律相談所として、紹介までが役目であり、あとは法律事務所の対応です。

法律事務所の情報は事前に、街角法律相談所からメールでわかります。
ですから、法律事務所の名称の情報、所在などのキャッチしているのですが、
連絡は待つしかない、というか、必ずきます。

考えられることは、借金減額シミュレーターは24時間ですが、
法律事務所は真夜中の対応は、していないこと。

土日お休みの場合が多いので、金曜日の夜中の借金減額シミュレーターでは、
すぐ、連絡がこないことは当然でしょう。

ハッピーマンデーと重なった場合は、火曜日まで待つことも。

業務が多忙な法律事務所?

これも考えようによっては、
債務整理の事例が多い、法律事務所の場合も考えられます。

街角法律相談所での借金減額シミュレーター後の、
弁護士からの連絡こないについては、数日待ってみることをおすすめします。

債務者Aは何人でも作れる

街角法律相談所は、匿名で登録ができます。
メールアドレスもフリーで対応しますから、
何度、借金減額シミュレーターをしても良いです。

なかなか連絡こない、または違う弁護士が良いのなら、
また、街角法律相談所で登録をしても良いでしょう。
相手は、同じ債務者Aだと分からないですし、わかったとしても、
紹介された法律事務所との、一対一の対応になります。

ですから、街角法律相談所は、上手に使いたいですし、
実名を出さないので、安心して利用ができます。

依頼者の個人情報は、バレることがないのです。

最初に連絡がないことはない

無料相談ができる街角法律相談所ですが、
きちんと法律事務所からの、連絡が来るはずです。

手続きと言っても、最初はシミュレーターからの診断だけです。
借金返済のための、提案事項などが来るだけです。

完全無料の街角法律相談所は、法律事務所紹介をするサイトです。
まずは、ご挨拶代わりのメールが来ることでしょう。
匿名無料診断では、電話はNGと入力フォームで伝える事ができます。
あくまでもメールが良い方でも、使い勝手は良いでしょう。
費用はかからないですが、質問だけで解決しない債務状況では、依頼もありです。
この場合、強制ではないので、依頼者の自由選択です。

街角法律相談所では、まずは債務整理の疑問点や悩みの解決、
質問などを受け付けている、法律事務所の紹介です。

連絡こない法律事務所があれば、別の紹介を受けるのもOKです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

入力おすすめ時間は平日の昼間

株式会社HIROKENの街角法律相談所では、
近隣法律事務所を紹介している、サービスを行っています。

債務整理、交通事故、相続などの法律の専門家の相談窓口として、
その分野に強い弁護士や、司法書士の紹介をしています。

借金で悩んでいる、無料の借金減額シミュレーターに必要な情報を入力すると、
法律事務所から、連絡が来るシステムです。

どこまで言う?個人情報

例えばアディーレ法律事務所など、全国的に知られている所なら、
連絡を待つことなく、自分から連絡をして相談ができます。

しかし、自分のことは最初はあまり話したくない方に、
街角法律相談所の、借金減額シミュレーターが便利です。

質問をしたい、相談したいことから、
自身のメールアドレスと、一応、電話番号の入力は必要です。

このときに、電話はNGであれば、
入力フォームにそのことを入力したら、絶対に電話対応はないと言います。
そして、匿名ですから、個人情報の提供がほとんどない状態で、
債務整理のことを、きちんと知ることができます。

借金相談を匿名で、メールアドレスだけで対応できる、費用は一切かからない。
街角法律相談所のメリットはここです。

すぐに街角法律相談所からの連絡

街角法律相談所からは、この弁護士を紹介しますと来ることでしょう。

そこから先は、街角法律相談所ではなく、それぞれの法律事務所との対応になります。
株式会社HIROKENは法律事務所ではないので、その先のことは関わらないです。

この連絡、こないことはないのですが、
入力した曜日や時間によって、タイムラグはあります。
理想なのは、平日です。

株式会社HIROKENにしても、紹介された法律事務所にしても、
必ず、営業時間内の対応になります。

すぐに回答を得たい、解決したい場合には、
平日の昼間の、借金減額シミュレーターの利用がおすすめです。
連絡こないということはないでしょう。

街角法律相談所に適してる方

ここでは、債務整理についての質問や相談が無料でできます。
ですから、多重債務者、債務整理者などが、借金減額についての相談が適しています。

住宅ローンをお持ちで、債務整理を考えている方には、是非おすすめです。
単に、借金が多いからどうしよう?という場合でも、話しは聞いてくれます。
無料診断から始まるのですが、疑問点なども無料で聞くことができます。

とにかく借金解決シミュレーターで、どの程度の借金減額ができるかがわかるので、
是非債務整理を検討されている、多重債務者で、どの程度の借金減額が、
できるかを知りたい方は、街角法律相談所はおすすめです。

完全無料相談で、自分に最適な債務整理方法を知ることができます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理が始まったのに

 
街角法律相談所で、紹介された法律事務所に、
債務整理の依頼をしたのですが、なかなか連絡がきません。

そうした口コミが、聞かれます。

街角法律相談所のシステム

株式会社HIROKENでは、近隣の法律事務所を紹介して、
債務整理の疑問点や、相談ができるサイトです。
紹介された法律事務所との連絡は自由であり、依頼も強制ではないです。

債権者が納得の行く提案などがあれば、
そのまま弁護士や、司法書士との契約ができます。

その後については、法律事務所の対応を待つしかないです。

連絡こない理由

依頼後の、連絡がないのは不安です。

債務整理は、弁護士のやり方がありますが、
手続き上、最初は何かと連絡が多いことでしょう。
手続き開始の連絡から1ヶ月以上、何も言ってこないこともあります。
大丈夫?と思う方も多いですが、1つ確認して下さい。

債権者からも、連絡こないと思います。
これが、債務整理が進んでいる証拠です。

最低限必要なことしか連絡こない

例えば、債務整理の中でも一番安易な任意整理の場合、
和解まで、3ヶ月から半年はかかると言います。

最初、任意整理開始の受任通知の送付があります。
これは債権者の取引履歴の請求を行うもので、それに基づいて引当計算をします。

その時に、過払い金請求ができる場合もあります。
依頼者には、その経過報告は先ずないと言います。

そのかわり、受任通知を受け取った債権者は、
それ以降の返済の請求が、できないことになっています。

取り立て等を行っていた、債権者からの請求も全くなくなり、
返済をする必要もない、平和な日々です。

この間の、法律事務所からの連絡こないのは当然のことです。

多重債務者は特に大変

債権者が多い場合、時間が掛かります。

街角法律相談所の最初は、借金減額シミュレーターでの診断だけですが、
その後具体的な債務整理依頼になると、法律事務所の管轄です。

まめに連絡をしてくれる弁護士などもいますが、
たいていは、一段落するまでの連絡がこないが多いと言います。
長くて半年ですが、債権者からの連絡がないのなら、待っていれば良いでしょう。

ここで、もし任意整理を依頼をして、契約をしたのに、
債権者からの請求が続くようでしたら、すぐに弁護士に確認して下さい。

その経過を知るとともに、任意整理スタートと同時に、
返済請求は、絶対にこない事になっています。

手続きは煩雑

これが、任意整理ではなく、自己破産や個人再生になると、
ますます、連絡がこない期間が長くなります。
請求がこないのですから、安心して下さい。

どうしても聞きたい、状況を知りたいときには、
こちらから、弁護士に聞いても良いでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額シミュレーター後の連絡

街角法律相談所では、匿名無料診断で、債務整理の方法などを知ることができます。

近隣の法律事務所の紹介を受けるので、
質問や相談だけではなく、そのまま依頼もできます。

数社の紹介を受けますから、自分で話しやすい、
対応が良いところを、選択しても良いです。

法律事務所から連絡こないんだよね

そんな口コミを見かけることかあります。

最初に紹介されたときに、連絡こない場合はほとんどないです。
借金減額シミュレーターに入力をすると、入力したメールアドレスに、
街角法律相談所からも紹介される、法律事務所の情報がきます。
そして、借金減額がどの程度できるかもわかります。

その後、法律事務所の回答があるはずです。

連絡こないから、もういい

そんなことを言う方もいますが、
法律事務所の営業時間内でなければ、連絡がこないでしょう。
土日祝日、営業時間などを確認してみて下さい。

数日待ってこない場合は、街角法律相談所から紹介される、
法律事務所の連絡先はわかっているので、こちらから聞いても良いです。
または、せっかくの紹介を受けたのに、こないならもういいやとの判断も良いでしょう。
たいていそう思ったあとに、連絡が来ることが多いと言います。

法律事務所の都合等で、夏季休暇、研修等で不在の場合などもあります。
また、連絡がきても、いくら借金減額ができるかわかったから、
利用しないとの、口コミもありました。

この場合、あとからどうしましたか?とのメールや電話がある場合もあります。

一度は絶対に、連絡がきます。
連絡がこないことはないと言っても良いでしょう。

とにかく数日は待ってて

街角法律相談所からの法律事務所の連絡は、こないことはないです。

債務状況、メールアドレスや電話番号まで教えたのに、と思うところですが、
匿名ですから、個人情報の流出は絶対に心配はないです。
多分数日後には、何かしらの連絡が来ることがあります。
フリーアドレスなどで登録した場合、こちらの確認ミスである場合もあります。

最初の登録で、一応フリーアドレスにした場合、
その後、そのことを忘れてしまっている場合もあるようです。

匿名無料診断の回答は絶対にある

これだけは確かです。
連絡こないことはないので、待っていて下さい。

街角法律相談所からは、法律事務所の紹介だけですが、
その後、直接法律事務所からのアクセスがあります。
その対応は自由であり、匿名ですから、個人情報、信用情報などの確認もないです。
そこは、安心して利用ができます。

あくまでも、依頼者本位で進められます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

無料相談ができる街角法律相談所 連絡こないときの対処法

街角法律相談所は、債務状況から必要な債務整理の情報を提供しています。

正確には、街角法律相談所からではなく、
近隣の弁護士や司法書士の紹介をしているだけで、
具体的な債務整理の相談や質問は、その弁護士に行う内容です。

街角法律相談所では、マッチングサイトとしても役目だけです。

借金解決シミュレーターで、借金減額がわかり、
その後は、専門家に相談をして下さい。

街角法律相談所のサイト利用方法

借金減額シミュレーターで入力しなければならないのは、
債務状況と住宅ローンの有無、メールアドレスと電話番号です。
弁護士などからの回答は、メールか電話になりますが、こちらで指定OKです。

診断の結果から、できる債務整理内容確認と、疑問点などを聞くことができます。
メールでの相談では、弁護士などの都合があります。

チャットのように、リアルタイムでの対応ができないこともありますが、
すぐに相談したい方は、電話が早いでしょう。

質問の回答のタイミング

こちらが急いでいるけれど、あくまでもメールでというのなら、待つしかないです。

無料診断の結果だけではなく、その先の質問にも対応はしますが、
弁護士の体が空いているかは、分からないことです。

どうしてもすぐの回答は、電話か近隣の法律事務所ですから、出向くのか早いです。
ここまででまだ、匿名でも良いか?ということですが、もちろんOKです。

法律事務所の相談だけなら、最後まで匿名で行っても良いでしょう。

依頼後の連絡

債務整理を依頼するには、日程よりも料金、弁護士費用などで納得されている場合です。
日程はやってみないと約束ができないのですが、料金は決まりきっている内容です。
どんな債務整理で料金はどうか、支払いはどうするかを確認して下さい。

決して安い内容ではないとは思いますが、
一括で、絶対に支払えということはないです。

どこまで進んでいる?

連絡こない口コミでは、債務整理依頼後で、イライラしているという方も多いです。

実は、債務整理は時間がかかります。
任意整理でも、最大半年以上はかかってしまう事例も少なくないです。
解決までの、債権者との話し合いなどがあります。

多重債務者では余計時間がかかりますが、途中経過の連絡こない場合があります。
任意整理で半年連絡こない場合もありますが、その間の返済は無用です。

それだけでも良いことですが、
どうしても心配な方は、直接聞いてみても良いでしょう。

まだ終わらないの?

弁護士に高い費用を払っているのに、ということは考えてはダメです。
会社相手の交渉ですから、数日で解決するものではないです。

そこで、こちらも気になるので、途中経過報告を依頼してはいかがでしょうか?

まだです、という回答も多いかもしれませんが、
途中経過報告があると安心です。

この時点での街角法律相談所の存在はない

法律事務所を紹介されて、依頼まで行くと街角法律相談所の対応はないのですが、
対応がイマイチの場合は、一言、言ってしまうことも。

株式会社HIROKENが運営会社ですが、この場合は直メールが効果的です。

今後のために、利用者の声としての提案です。

↓↓法律相談カフェ↓↓