↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金無料相談は本人じゃなくてもできる

例えば、家族の中で債務整理をしてほしい人がいる場合、本人以外が債務整理の無料相談を受けることができます。夫が、妻が、両親がと言うように身内の相談ができます。しかし、依頼は本人でなければできないので、後は直接本人に債務整理をおすすめすることしかできません。

借金の返済をしていない本人は知らない顔をしていて、家族や友達にしてみたらイライラしてしまうことです。現在は、家族などに直接影響はないとは言え、債務整理をしたら良いのにと端から見ているしかないと言うのは歯がゆい感じです。しかし、契約は本人。自覚がなければ先に進むことはできません。

この無料相談は、電話やメールでも大丈夫です。しかし、相談を受けた弁護士にしてみても、本人ではないので、こうやったら良いとお伝え下さい程度の相談になってしまうのは仕方のないことです。それでも無料相談ですから、本人に成り代わって、しっかりと債務整理の内容説明を受けてください。

債務整理は恥ずかしい行為と思っている方は少なくありません。クレジットカードが使えなくなったら困るとか、もうすぐ結婚を控えていて、障害になってしまうと思っている方もいます。しかし、借金返済ができなくなってしまったら、既に滞納している事態がとても大変なことだという自覚が全くないといえます。

また、返済ができない現実から逃げているだけです。恥ずかしい債務整理ではなく、現実逃避をしている方がもっと恥ずべき行為なのです。弁護士に借金の相談に行くことで、そんな現実を目の当たりにすることができるでしょう。そして、今何をやるべきかをはっきりさせることは大切なことで、現実逃避をしている自分を大きく成長させることができます。

↓↓法律相談カフェ↓↓