↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

ストップ!多重債務になる前に任意整理を

クレジットカードにしても、消費者金融カードローンにしても返済が困難になった時には、何か策を考えましょう。

これが多重債務の始まり

借り入れしている返済ができない。
そうなると、借りて返そうというのが、多重債務の始まりとも言えます。
これは、表面上で返済ができていますが、信用情報的には、多重債務の記録になります。

A社の返済をB社で借りて返済。
何も変わっていないし、債務は減少していないです。
しかし、A社が完済したとしたら、なんとなく達成感はあります。

やっていることは、借り換えでもないのですが、返済ができない時の新たなキャッシングはしないことです。つい、してしまいがちな多重債務なのですが。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

借りられればまだ良い

多重債務は大手消費者金融でも2社程度はできますし、中小消費者金融では4社まで総量規制範囲内での借り入れができます。10万円借りたとして、月に1万円の返済でも元金は5000円も返していないのが、キャッシングです。それを1万円返したと勘違いしている方も多いです。

利息も毎月支払う事になっていますので、実際には大した元金の返済ができていないことになります。ですから、返済ができないと他社で借り入れをしたら、利息ばかりが増えていく結果になります。

多重債務もできない。
返済の目処がつかないときには、債務整理が良いです。

早めの任意整理のススメ

債務整理と聞くと、未だに破産しかないと思っている方は多いです。
借金の返済がゼロになるけれど、いろいろと制限あるよね?これも半分は嘘です。
そして、借金相談などで、返済できないことを話すと、現在は過払い請求の存在から確認をします。

返済ができる収入があれば、任意整理をしませんか?と勧められます。
任意整理とは、サラ金などの利息をカットした内容で、契約を変えることを言います。
これから支払う利息がなくなるだけで、元金はキッチリと返済をしていく債務整理です。
ですから、減額は自己破産のようにゼロにはならないです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

なぜ任意整理?

それは、裁判所を介さない任意整理であり、直接金融業者やクレジットカード会社との交渉だけで、減額ができます。ですから、時間が早く借金問題解決がすぐです。
債権者としても、債務整理で減額される数字が少ないことで、承認することが多いとされています。

弁護士と司法書士に依頼が妥当

任意整理は、交渉で決まる債務整理です。
自己破産、特定調停、個人再生のように書類を提出して、裁判所で判断される内容ではないです。交渉なら自分でできると思う方もいますが、弁護士などの専門家に依頼した方が解決が早いです。

そして、多重債務前の任意整理では、自身も負担が少なく解決ができます。
金融事故になり、しばらくキャッシングもクレジットカードも作れないのですが、そこは仕方のないことです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

任意整理とは?支払いが元金だけの債務整理

債務整理は債権者にしてみれば、妥協して借金返済の減額を認定することです。
債務者が返済ができないことで、借り逃げをするのではなく、法律が間に入って交渉して、返済金額を少なくすることです。債務者の権利として行使することかできます。

任意整理とは?

借金をしています。毎月返済をしていますが、収入が減ってしまい、返済ができないです。
そんな債務者が最初に行う債務整理として任意整理を紹介します。

将来支払いをしなければならない利息をカットして、減額をしてほしいと願い出るものです。
毎月の返済額を元金だけを分割して完済を目指す内容です。

消費者金融、銀行、クレジットカードなどでもできる任意整理ですが、元金はきっちりと支払い契約になります。債務整理のなかでも、もっとも多いのがこの任意整理です。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

利用者が多いのはなぜ?

任意整理のなかでも一番楽に早くできるからです。
弁護士や司法書士に依頼するのが良いですが、費用も比較的安いです。
これは、弁護士たちの労力も他の債務整理と比較して内容が大変ではないからです。

また、多重債務者の場合は、任意整理したいものだけ選択することができます。
裁判所が関係しないことでは、時間と費用が少ないです。

あまり減らない借金

デメリットとして挙げるのなら、この部分です。
確かに、元金は基本的に100%返済することになります。
利息だけがカットされる予定なので、減額の幅は人によって大したことがないです。

しかし、元金も返済できる金額に分割でき、契約上では利息カットだけの内容です。
ローンは残りますが、収入があり返済能力があるのなら、元金程度は支払いをしましょうというのが任意整理です。完済を目指す任意整理としては、債権者も同意しやすいのも特徴です。

まずは相談を

弁護士や司法書士が行うのが良いのは、任意整理の成功率が高いからです。
交渉の仕方も慣れているので、それぞれのパターンで、債権者との交渉ができます。
人によっては、任意整理以外の債務整理の方が良い場合もあります。

自身の借金を減らしたい、返済ができずに困っているのなら、とにかく相談に行くことです。
直接弁護士でも良いですが、借金減額シミュレーターなどで、間接的に弁護士に借金相談ができるサイトもあります。

任意整理には理由が必要です。
払いたくないから払わないでは、交渉もできないですが、支払いが物理的に無理という状態であれば、交渉が進むことは予想されます。どちらにしても、弁護士のアドバイスを聞くことがベストな選択になります。

ちなみに、借金相談などは、依頼をしなくてはならないことはないです。
話しだけをしたいと聞くこともできます。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

任意整理の流れについて

任意整理は、弁護士や司法書士に依頼ができる債務整理です。
ローンの支払いで、利息だけをカットした元金の支払いで完済を目指すものです。
自分で消費者金融や銀行に交渉ができるものですが、できれば専門家に依頼した方が良いです。

任意整理の手続き

弁護士と司法書士の違いですが、債務額が140万円以上だと司法書士はできないとされています。

しかし、司法書士事務所などでは、相談はできます。
依頼の前の段階ですと、対応はOKです。任意整理では、デメリットもあります。
それは、しばらくはキャッシングもクレジットカードの契約ができないブラックリストになることです。

必ずこの説明があることを確認してください。
債権者に対しての契約違反をするのですから、一定のペナルティは存在します。
それでも良いのなら、依頼をしましょう。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

弁護士や司法書士が最初に行うこと

それが受任通知です。
法律家の債務整理開始は、債権者に対して受任通知を行うことがスタートです。
これにより、債権者は債務者に対して、一切の請求ができなくなります。

25日の引き落としの返済があるとします。
弁護士に15日に任意整理の依頼をすると、25日の返済はしなくても良いです。
債務者は、延滞と言って請求ができなくなります。

実は、この受任通知が任意整理などの債務整理のメリットです。
多額の返済をしている方は、返済しなくて済むわけです。取り立てが一切ストップすることで、それまで返済に苦しんでいた状況から解放される算段になります。

ここで、提案としては、弁護士の費用を貯めておくことですが。
そんな余裕がないとしても、返済からの解放がいきなりやってきます。
ここで、弁護士が確認をすることは、この借金に保証人がいないかどうかです。
債務者が債務整理をすると、自動的に保証人に請求が行きます。

過払い金請求の有無

弁護士は、債権者から債務者の取引履歴から過払い請求があるかを確認します。
利息制限法に則った金利であるかを確認して、引直計算をします。

この時に完済している借金でも同時に行うことで、過払い金があれば、請求をします。
そして、過払い金がないと、任意整理のための再計算をして、債権者に対して提案をして交渉に入ります。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

この間はまっているだけ

依頼をしてしまったら、あとは待つだけです。
交渉が終わるまで、任意整理した借金の返済はゼロです。
債務額がどの程度になり、負担金額は提示されることになりますが、何もせずに待つことで結果を待ちます。

この間に他のキャッシングなどはできない状態ですが、あとは弁護士からの回答で、納得行く和解ができれば、新しい返済額で対応します。

費用について

弁護士と司法書士に依頼した時には、費用がかかります。
当然最初に言われることですが、原則分割はできることでしょう。
しかし、受任通知からの返済しなくて済む部分のお金で支払いが済む、その他の方法での対応はしてくれます。

一括して支払いをしなければならないことはないのですが、積立をしてから、ある程度貯まってからの任意整理交渉の場合もあります。これは、時間をかけて任意整理をすることで、費用を法律事務所に積立る方法です。

様々な方法の支払いがありますが、相談から依頼に至る時に納得の行く説明を受けてから、正式に依頼をしてください。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

任意整理は弁護士に依頼を 費用支払いはあるけれど

任意整理のメリットは他の債務整理よりは多いです。
しかも手間がかからないことで、時間も早いです。

現在、債務整理の広く浸透していて、債権者の方も対策を講じています。
以前は、債務者本人が交渉して成功できた任意整理も、最近では弁護士や司法書士でさえ時間がかかることもあるようです。

弁護士や司法書士に依頼が良い理由

弁護士などに依頼をすると費用がかかります。
借金の悩みなのに費用をかけるなんてと思う方も多いでしょう。
しかし、簡単な任意整理とは言っても、債務者が行うのは至難の技です。
法律のことですから、ここは弁護士や司法書士に高い費用を払ってでも依頼した方が良いです。

弁護士たちが交渉に入ることで、債権者も妥協しなければならないと思うことが多いようです。
すべての作業が早いので、大手消費者金融、クレジットカード会社、銀行などの債務整理は、弁護士などに依頼した方が良いです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

任意整理は交渉力

自己破産や個人再生では、元金も減額することを目的としています。
返済が根本的に苦しい事態に対して、裁判所の公正な判断が必要です。
ですから、提出書類が多いだけではなく、手間も時間もかかって、大きく借金を減らす事ができます。

ところが、任意整理では直接債権者に交渉をします。
しかも元金の返済はしますから、利息だけをカットしてくださいという内容です。
弁護士にしても債権者にしても、返済をしないという対応から、債務整理としても簡単な部類に入ります。

債権者としては、ここでウンと言わずに、自己破産などで返済がゼロになるよりはマシ?
そう考えてくれることを期待しての交渉です。

百戦錬磨の債務整理に強い弁護士や司法書士であれば、交渉にはそれほど時間は要しないと言います。それでも、交渉から回答までは時間がかかることがあります。

自分で行う?

それは、サラ金に対して直接話しをすることになります。

どうして支払いがではきないか?当然の疑問ですが、医療費がかかっている、実家のことでいろいろというような交渉では、それでは毎月の返済を少なくして、返済期間を長くして完済しましょう。こう言われるのが関の山です。

債権者としては、債務者が言う任意整理に簡単には対応しないです。
ここが法律家と素人の差であり、高い費用を払ってでも依頼が良いです。
将来支払う金額より弁護士の費用が高いとしても、債権者が納得できる契約ができることが大切です。

弁護士費用は分割もでき、それなりの対応はしてくれることになります。
個人信用情報機関には任意整理はブラックリストになります。

しかし、延滞や遅滞での金融事故ではないので、将来的に見ても、支払いができないから任意整理した。この事実は仕方のないことです。長期延滞中よりはずっと内容は良いです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

契約前には相談を 自分だけできめるのは危険

自身の借金で返済が苦しいので債務整理をしたい。その時には必ず専門家に相談をしましょう。
結果的に依頼することとなっても、最初は相談です。それも1か所ではなく、数箇所の相談が良いです。

あちこち相談をしてもいいの?

借金相談、債務相談をしている弁護士や司法書士、法律事務所はとても多いです。
それだけではなく、シミュレーターによる借金減額サイトもありますが、これも法律家の相談ができるシステムになっています。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

任意整理は利息カットって知っている

情報も多いので、任意整理の内容やメリットデメリットもわかっている。
相談なんてしなくても良いと感じている方も多いです。
自分で行うことができ、クレジットカードの支払い減額ができたりすることもあります。

ただし、債務整理に関しては、任意整理の他に、自己破産、個人再生、特定調停などがあります。それぞれの収入、生活状況によって、任意整理以外の債務整理の方が、今後の人生に良い場合もあります。ですから、きちんと正確な情報入手のために相談がオススメです。

相談しても任意整理だよ。
それでも、情報サイトである内容ではなく、「あなたの債務整理」として、最適なものを選択するために話しを聞いてください。

相談だけなら無料

こうしたサイトが多いので、必ず確認をしてください。
普通弁護士などの相談は、30分で5,000円程度が相場です。
借金相談無料とあることを確認してください。

電話やメールだけで行うこともありますが、依頼の強要は断ってOKです。
依頼前提の相談は一切相手にすることはないです。

また、弁護士回答を鵜呑みにすることもないでしょう。
正しい選択をするためのアドバイス的に話しをすることです。
ですから、数人の弁護士の意見を聞くのも参考になります。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

一度は面談のルール

債務整理依頼では、任意整理でも一度は面談をすることが多いです。
電話やメールだけの依頼では対応しないこともあり、遠くの弁護士などに相談した場合は、別途で費用がかかることもあります。

一応依頼となればいろいろと考えなくてはならないのですが、全てを確認した上で今回は相談だけですから、という対応はOKです。

任意整理の重要性

もし支払いができない状態になっている。
もしくはこのままでは延滞してしまう場合は、すぐに相談されることをオススメします。
家族が同居していてバレたくない、職場にも影響してしまう?
そんなことは一切ないです。

任意整理で将来の利息カットができれば、支払える金額の債務になります。
そのために、知識はあったとしてもまずは専門家に相談して、その上で自分で行う?弁護士や司法書士に依頼の選択してみてください。急いだ方が良い場合もあります。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可