毎月の借金返済の負担を軽く出来る任意整理

返済続きで生活が苦しいから、今すぐ楽になりたいと思って債務整理ですぐ自己破産を考える人も多いですが、自己破産後は結構辛いものがありますよ。例えば、破産後はブラックとなる為、10年以上ローン契約が出来ない事になります。10年間も住宅ローンや自動車ローンが組めないですし、マイホームの検討や将来性においてありとあらゆるローンがご利用出来なくなります。

同じブラックでも早くブラックが時効となる任意整理ならば、ブラックは5年間ですので自己破産に比べて半分の期間となります。自己破産を一気にするより、任意整理でゆっくりゆとりを持って返済していく方法となりますので、失うものもありませんし債務整理の中では一番リスクが少なくて済むと思います。

任意整理をすると、利息制限法の上限金利に金利を引き下げて再計算し、借金を減額します。原則として金利をカットし、元金のみを3年前後で分割返済という形で和解交渉する事が出来ます。今の借金の支払い返済の減額が見込める方法となっているので、今後の返済の不安が今に比べると軽減出来る仕組みとなっているのです。

和解交渉は弁護士・司法書士が代理人となってくれるので、自ら交渉をしなくて良くて尚も裁判所を通さずに債権者と任意交渉が可能。そして、任意整理が出来る対象者としては、減額後の借金が3年以内にご返済が出来る方、後もう一つが継続して安定した収入を得る事が出来る方となっています。

例え、借金があるからと言ってすぐに自己破産というのではなく、減額で解決出来る借金ならば任意整理を選ぶ方が良いかと思われます。任意整理では借金をチャラにする事は出来ませんが、今後の借金返済が楽になるという意味で考えますと、完済を一日でも早く終わらせたいと要望されたい方にとっては、是非とも検討したい方法となるでしょう。