任意整理は配偶者は無関係の債務整理

債務整理と配偶者の関係ですが、基本的には無関係です。
任意整理をした妻に対して、夫が何か不備なことがあるか?

妻や夫の任意整理をした

それは個人の借金であり、配偶者には影響はないです。
任意整理だけではなく、個人再生も自己破産をしたとしても配偶者の信用情報には何ら影響がないです。家族で拡大をしていくと、父母、兄弟、子供での影響がありません。

なかでも任意整理では、内緒で自分の借金だけを債務整理することも可能です。
申告も必要なし、同意もなく行う事ができます。配偶者の任意整理に関しては、本人の信用情報で金融事故がつくだけで、内緒で行うことも可能です。

債務整理相談で最も多い質問

自分の任意整理で、配偶者にはどう影響するかの質問がとても多いようです。
任意整理をすると信用情報の事故情報が付きます。

個人信用情報機関は、配偶者の情報は全くないです。
結婚したとしても姓が変わるだけで、あとの情報はあくまでも自分の借金だけです。
ですから、カードローンの返済が困難になって弁護士に相談をしたとします。
配偶者に内緒で任意整理をしたいというと、きちんと配慮をしてくれます。

バレることが問題ではない

夫が住宅ローンの返済をしていたとします。
その他の借金で、住宅は残しつつ個人再生をしたい。または自己破産をしたいときには、家計の計算など必要になります。このときに配偶者の信用情報は関係ないのですが、個人情報として配偶者の収入などは問題になります。

債務整理の相談では、弁護士や司法書士は個人再生や自己破産になると、配偶者に相談されることを勧めます。そして、その時に配偶者の信用情報には何ら影響がないことを教えてくれます。配偶者が連帯保証人になっている借金は別です。

このときカードローンでは保証人は不要ですが、その他の借金での債務整理をするときには、バレるばれないの問題ではなく、債務整理の事実を告げることが必要です。
ですが、連帯保証人などの事柄がない場合は、配偶者には影響がありません。

任意整理は配偶者は無関係

事実を打ち明ければ、配偶者にしてみれば、返済金額によっては、債務整理が必要ない場合根もあります。配偶者は、この場合自分の信用情報には無関係であり、どうして早くに言ってくれなかった?という展開が待っている場合もあります。

家族では様々なケースが存在しています。
自分の借金の返済が困難になって、任意整理をしたい。
その時は配偶者の個人信用情報機関も関係ないですし、内緒でコソコソと行うことも可能です。

借金も内緒だったら、任意整理も内緒で行おう

配偶者に内緒でカードローンを作ったり、キャッシングをする場合もあるでしょう。
順調に返済ができている場合は良いですが、返済ができなくなるとバレます。

ごめんなさいで済む問題ではない場合は、早めに債務整理をすることをオススメします。
そのときには、任意整理ができるのが理想です。

どうして任意整理が良いのか?

理由はいくつかあるのですが、任意整理は債務整理のなかでも解決しやすいからです。
時間が掛からない債務整理です。債権者に対して、債務金額のうち将来支払う予定の利息だけをカットしてもらう方法です。

法律では、然るべき理由があれば、債権者と直接交渉をして、納得できれば元金だけの分割の任意整理が出来ることになっています。

裁判所も無関係であり、直接交渉です。配偶者に知られずにできる簡単な手続きになります。
債務者が行うよりも弁護士や司法書士に依頼した方が、早くに解決ができます。

配偶者の同意も要らない

任意整理では、交渉だけでOKです。
支払い金額が変わるのですが、その手続きも弁護士などに依頼をするとすべて行ってくれます。
返済期間などの調節もできます。配偶者が存在している事実の書き込みなどはありますが、直接告げることもなく、返済が減っていくだけです。

弁護士に依頼をしたときには、弁護士費用がかかります。
配偶者に内緒の任意整理なら、きちんと了承して行う事ができます。

任意整理では配偶者に内緒でできるので、安心して任すことができます。
普通に返済をしていると、債権者なのか弁護士なのかもわからないでしょう。

必ず確認してほしいこと

このように配偶者に知られずに任意整理は行う事ができます。
このときに弁護士との打ち合わせなどが必要であり、できれば直接会うことができる距離、自宅からではなく、職場からでも良いです。

トラブルが起きたときにすぐに対処ができるような至近距離の弁護士に依頼をすると安心です。
家族に内緒の債務整理を行うことはよくあることです。

クレジットカード、カードローン、キャッシングをバレずに借りてしまった、返せない、どうしよう?そんなときには、債務相談ができる弁護士などに相談してみてください。
何度でも無料で話しができる弁護士も全国にいます(都市部には特に多い)。

自己破産や個人再生ではない限り、家計などを問われることもないので、秘密裏に返済できない借金問題を解決することができます。配偶者への影響は全くないです。

借りていることもバレなかった

配偶者に内緒で借金をしている方もいます。
言わない、言えないという2つの理由がありますが、遅滞延滞をするようであれば、すぐに任意整理などの債務整理は検討してください。

せっかくバレずに借りられたのですから、解決もバレずに行いましょう。
早ければ早いほど解決も早いです。

夫や妻の借金、配偶者の支払い義務

任意整理をしたことは、妻や夫など生計をともにしている配偶者にはバレることはないです。
言わなければ大丈夫です。

これは配偶者だけではなく、同居家族でも無関係なことで、自身の個人信用情報機関に金融事故情報が記録されるだけです。別居家族、配偶者などでは全く無関係です。

配偶者の個人信用情報にも影響はない

金融事故情報は借金をした本人だけの問題です。クレジットカード、カードローンなどで、保証人不要の借金であれば、返済では他人を巻き込むことは絶対にないです。

借金をした人だけの個人信用情報であり、配偶者の立場は無関係です。
配偶者の借金の支払いが請求されることもないです。

妻がクレジットカードの使いすぎで任意整理をしたい。その夫が大企業の社長だとしても、妻だけの任意整理で、夫は1円も返済する必要がなく、信用情報もそのままです。

夫婦別産制

結婚している夫婦であっても、財産ではそれぞれの名義のものがあります。
家や車などの所有財産に関しては、個人のものと考えています。
離婚問題になれば、財産分けで変わっていくものですが、借金も同じことです。

本人名義、妻名義、夫名義の借金はその人のものです。
配偶者の返済の義務はないです。

任意整理で損をする人はいない?

もし、配偶者が同意の任意整理だとします。
返済義務がないので、黙って見ていることができます。
これは、任意整理だけではなく、自己破産や個人再生も同様です。

任意整理だけは、配偶者の情報は必要無いですが、その他では家計の点で必要な内容があります。ただし、信用情報には影響が全くないです。静観している配偶者であることができます。
任意整理したから、しばらくカードローンは作れないね。
それが唯一のデメリットでしょう。

家族に与える影響として

収入源である夫の任意整理では、配偶者には影響はないです。ただし、家族で大きな買い物、住宅ローンやカーローン、教育ローンなどの申込がしばらくできないです。

住宅ローンでは時間が経っても契約ができない場合があります。
その影響はどうしてもでてしまいます。ようするに、収入源である夫がクレジットなどの契約ができない期間があるということです。配偶者がではなく、家族として大きな買い物の借金かできないだけです。

妻は収入に応じたキャッシングもカーローン、クレジットカードも作れます。
影響と言えば、ブラックリストになってしまうことであり、配偶者本人には関係ないことです。
できれば、住宅ローンを考えている場合は、債務整理はしないほうが良いですが、現金購入であれば問題は全くありません。

夫の任意整理で妻がピンチになるケース

夫の任意整理について、配偶者に影響が出ることがあります。
まず、夫は任意整理をすると、自分名義の各種ローン、カードローンの利用ができないです。
配偶者への影響は?

専業主婦の場合

最近、銀行カードローンの一部では専業主婦でも契約ができるカードローンがあります。
このときに安定した配偶者の収入が必要だと言われています。

夫の収入証明書などが必要な場合もあります。このときに、夫の信用情報は確認しないことが多いですので、専業主婦でも本人の信用情報で問題がないと借入ができます。

途上与信の事実

ところが、クレジットカード会社などでは、契約者の信用情報を確認することがあります。

このときに、任意整理をした夫の信用情報で金融事故情報がある。
生計をともにして、収入がない専業主婦の信用情報も確認をしたとします。
ブラックリストの夫の立場で、妻の与信が悪くなることがあります。
即使用停止にはならないですが、借入が制限されることがあります。

絶対にこんなことが起こると保証はないのですが、途上与信にかかってしまった場合、配偶者に影響が出ることがあります。同一生計の経済状態の悪化が、こうした途上与信によって発覚してしまうことがあるということです。

このとき、妻も収入が高ければ、大した問題にはならないと言います。
保証会社が決めることですが、返済で問題がないのなら、影響がないこともあります。

任意整理は配偶者に言わなくてはならない?

任意整理は、配偶者に言えるのであればそれに越したことはないですが、相手には言いたくない場合もあります。

任意整理に関しては、債権者に直接交渉をするだけですから、債権者が減額に承認をしたのなら、返済額が減ります。それだけのことです。

しかし、しばらくは金融事故情報の影響で、クレジットカードやローンを組む事ができないです。それはどうして?と言われることがあります。
その時にどう切り返すかを確認しておけば、任意整理の事実を隠すことができます。

口コミで聞いたごまかしの方法

「先月引き落としを忘れて、遅滞しちゃったんだ」
「携帯電話の料金の支払い忘れて、クレジットカードに事故情報がついちゃったよ」
「こないだ借りたお金を忘れて、また申込したら、ブラックになったよ」
この程度の言い訳で、相手が納得したのなら、むやむやとごまかす事ができます。

しばらく経っても審査落ちの場合は、
「実はさ、結婚前にも経験があって、2回目の遅滞は借りれない期間が長いんだって」
とごまかしていた方もいました。

内容はいいかげんですが、どうしても事実を話したくなく、夫婦関係がうまくいくのなら、これもありでしょう。正直に話して、夫婦関係の亀裂が入るようであれば、ごまかしも円満の1つでしょうか?

任意整理は配偶者に関係ないのは本当?

債務整理でも任意整理は何かとメリットが多いです。

多重債務者でも債務整理を選択できる

任意整理では、多重債務では債務整理をするものとしないものに分ける事ができます。
これは、連帯保証人がある債務は最後まで支払いを続ける事ができます。

債務整理は任意整理であっても、連帯保証人がいれば、その方に返済義務が移行します。
良くあるパターンとして、住宅ローンなどの連帯保証人が配偶者の場合です。

カードローンの任意整理

カードローンは保証人なしの借金です。
連帯保証人を伴わない債務であり、もし任意整理をしたとしても影響は自分の個人信用情報だけです。配偶者がいたとしても無関係です。

生計をともにしていることだけでは、借金の返済義務はないです。
連帯保証人になっていないことでは、何も迷惑が掛からないです。

ですから、任意整理の債務整理では、減額をしたい、調整してほしいだけの借金を選択することができます。カードローンだけ、キャッシングだけの任意整理をしたいのも有効な方法です。

連帯保証人の怖さ

債務者が返済ができないと連帯保証人は一括返済をしなくてはならないです。
このとき、経済力がないと、連帯保証人も金融事故情報が付きます。

配偶者だからではなく、連帯保証人になっていたからの話しです。
ですから、配偶者が連帯保証人になっていない借金の任意整理については、影響なしと言っても良いです。これが、個人再生や自己破産では、選択ができないです。

しかし、配偶者に影響はなく、この2つの債務整理は内緒ではできない程度のものです。任意整理では、配偶者に知られずに、家族に内緒でも行う事ができます。

任意整理にしても弁護士などに相談

任意整理は比較的簡単にできる債務整理です。しかし、その債務整理が自分の借金に合うかどうかは、法律の専門家に確認されることをオススメします。

あなたの借金の最適な債務整理は?
配偶者に迷惑をかけない債務整理はどれ?
そして、債務整理の依頼もした方が問題解決も早くなります。

これは、債権者の態度にもよりますが、弁護士や司法書士が行う任意整理などでは、配偶者に迷惑をかけずに最善の方法がわかります。任意整理後にすぐにどん詰まりしてしまう経済状態なら、違う債務整理を勧められることもあります。

すべてに従うことはないのですが、話しだけでも専門家から聞いてみましょう。
相談だけなら、無料で行う事ができます。