任意整理中の審査通過の報告はない?

一般に債務整理後では、クレジットカードの申込やカードローン申込は難しくなると言われています。ただし、債務整理と言っても種類があり、一番軽微な任意整理についてはクレジットカードのショッピング枠だけで作れることがあります。

任意整理中は難しいかも?

任意整理後にクレジットカードやキャッシングができたとの口コミがありました。良く確認をすると、いずれも任意整理完済後1年とか半年経過してからの内容でした。

特に、債務整理がカード会社の場合では、それでも審査は難しいとの内容であり、任意整理してからのクレジットカードの申込が厳しいことがわかります。

任意整理をしてもクレジットカードは作れます。ただし、任意整理中の審査は通らない確率が高い。もっと言うと、任意整理は完済後5年間程度はおとなしくクレジットカードやキャッシングをしないほうが良いとの口コミが大半です。

任意整理ということは

個人信用情報で任意整理中というのは、過去の借入やクレジットカード、住宅ローンなどの返済で当初の計画通りに完済できない。途中で、今後の返済していく上での利息を予めカットして、返済額を調整します。

自己破産と違うのは、返済3年間で完済の形にしていくことで、返済能力がなくてはならないです。元金だけはきちんと返済するので、自己破産のように支払いがゼロにはならないです。個人再生と違うのは、個人再生も返済を伴う債務整理ですが、こちらは元金も減額します。メリットとしては、住宅ローンに手を付けないことです。

任意整理の方が債務整理としては軽微であり、裁判所も介入しない方法です。当然、返済額は自己破産や個人再生よりは多くなりますし、完済できるだけの収入がなくてはならないでしょう。

任意整理中ということ

その3年間の利息カットの元金の返済をしている間に、クレジットカードの申込をすることです。

クレジットカードとしては、個人信用情報機関の内容から任意整理中であることは承知しています。この過去の債務整理があっただけではなく、現在進行形の任意整理ではクレジットカードの返済リスクが高いと見られるのは仕方がないことです。

5年以上経てば良いと言うのは、個人信用情報機関上で記録が更新されたことで、返済事故がわからないということがあります。あえて聞かれないので言わなかったということもあり、任意整理後5年程度経てば借りれる、クレジットカードの審査通過の可能性があります。

ただし、申込者が現在任意整理中であるときには、審査は通らないものと見て良いでしょう。甘い審査だとしても、この現役債務整理者の審査は無理です。

契約者は私じゃないから

現在、任意整理中で自分でクレジットカードの申込したときには、多分審査に通らないことでしょう。一般的なカード会社では、個人信用情報の金融事故として任意整理中では審査落ち要件です。

コーポレートカードの奇跡

これは、任意整理中でもクレジットカードを不自由なく使っている人の話しです。

コーポレートカードとは、法人のクレジットカードです。申込者が個人ではなく、法人になります。そして、社員である1人1人にクレジットカードを与えることができます。家族カードのようなもので、親が会社であり、審査は会社の内容だけです。

ある方は、現在任意整理中でした。会社でコーポレートカードを作る事になり、自分も審査されてしまう。他の社員は全てコーポレートカードを持つけれど、自分だけ任意整理中だからと受け取れない。そう思っていたようです。

ところが、何も説明なくコーポレートカードを手にすることができたと言います。この場合、正確に言えば、任意整理中の人が申し込むことはなかったのですが、会社で与えられるクレジットカードは使えるということです。

家族カードも大丈夫?

ということ、家族カードはどうでしょう?

夫が契約者で審査が通った。現在、妻が任意整理中でクレジットカードを持つができない。夫契約のクレジットカードの家族カードを手にすることができるでしょうか?それが大丈夫なのです。

ブラックリストでも審査に通る

任意整理中でも、妻が夫のクレジットカードの家族カードを手にすることができます。

これは、夫名義のクレジットカードであり、クレヒスは全て夫のものになる場合です。妻の借入なども夫が責任を持つことになります。自己破産した家族だとしても、家族カードとしてクレジットカード活動ができます。

ただし、決済は全て夫が行うことが条件です。要するに、自分が持つクレジットカードですが、契約も審査も全て夫のものを使うということです。

自分はついで

コーポレートカード、家族カードでは任意整理中でもクレジットカードを使える良い機会です。

コーポレートカードの場合は、個人信用情報を確認することがないです。ただし、プライベートの使い方はできないでしょう。ところが、家族カードであれば、付帯内容も夫と同じものであり、支払いも夫です。全て同意であれば、妻の任意整理中でも正常なクレジットカード使いができます。

もし、任意整理中でもクレジットカードをほしいのなら、家族カードがオススメです。同居する18歳以上、高校生以外では誰でも持つことができます。任意整理中のクレジットカードとしては妥当でしょう。

甘い審査のACマスターカードは借りれる?

カードローンで任意整理中の借入では、甘い審査の中小消費者金融があります。ローンカードがない金融業者が多いですが、振込だったり現金での総量規制範囲内のキャッシングができます。任意整理中でも貸付している中小消費者金融もあります。

では、クレジットカード会社は甘い審査のところはあるのでしょうか?

審査基準の差

確かにクレジットカード会社でも、審査基準の差があります。ACマスターカードなどでは、甘い審査のクレジットカードとして知られています。

ACはアコムの略であり、大手消費者金融アコムが作ったクレジットカードです。特徴としては、信販会社よりも甘い審査になっています。しかし、任意整理中の審査通過は困難なようです。

アコムの審査

ACマスターカードが信販会社より審査そのものは甘いでしょう。

では、アコムは任意整理中の借入ができるのか?こちらはカードローンですが、大手消費者金融アコムでは任意整理中の審査は通らないでしょう。ということでは、ACマスターカードの審査通過は、任意整理中はできないでしょう。

ということで言うと、任意整理中では審査に通る甘い審査のクレジットカードはないのではないか?ということです。審査基準が甘いのは、任意整理中では通用しないことになります。

任意整理完済後では違う

債務整理をしました。任意整理で3年間の完済したとします。それなら、審査に通ることになります。

任意整理でも完済したときには、甘い審査でもクレジットカードの審査が期待できます。大手消費者金融アコムでも任意整理して完済後は5年間程度で、普通に大手消費者金融カードローンの申し込みができます。

ACマスターカードの申し込みでも、この審査基準でしょう。任意整理の債務整理をしたとしても、完済後がポイントになります。

任意整理はまだ軽い?

任意整理は債務整理の中でも、自己破産や個人再生よりも債務整理内容としては軽いです。裁判所の関係なく、時間もかからないのが特徴です。債権者の同意が必要であり、それだけで減額ができます。ですから、任意整理中でも中小消費者金融では借入ができる方がいます。

これは、クレジットカードの申込は困難です。このときの中小消費者金融の借入では少額融資対象であり、クレジットカードの申込は無理なことです。ACマスターカードでも、任意整理中ではショッピングだけだとしても審査は通らないようです。不用意な審査を受けることは、申し込みブラックになってしまうので、絶対に気をつけることです。

任意整理中の正しいカードはデビットカード

信用情報で、任意整理中は異動情報が記録されます。これはいわゆる金融事故です。信販会社ではクレジットカード申込しても審査は通らないでしょう。クレジットカードの審査内容では、金融事故があると作れないです。

過去の任意整理

過去10年前に任意整理して完済している場合は、クレジットカードを作ることができます。これは、個人信用情報で辿ることができない過去のことです。または、完済で任意整理が解決した上で、10年は借金をしていないことが信用になります。

信用が戻ると言う言い方ですが、個人信用情報では、異動情報がないことでは必要なことです。カードローンと同様で異動情報が審査に引っかかることで任意整理中ではどのような場合でしょう?

任意整理完済してもまだ借りれない

任意整理は、支払う利息カットで再契約した形です。契約ができなかった。元金だけの返済ですが、完済した直後でも異動情報になります。

中小消費者金融では、一部借入が出来ることですが、信販会社では一応金融事故がある方の審査はNGです。任意整理では、任意整理完済後5年以上の時間経過が必要です。ですから、任意整理中のクレジットカードを作ることは検討しない方が良いでしょう。

デビットカードで代用

クレジットカードではなく、デビットカードは即発行が出来ます。これは審査もなく、デビットカードは使ったときに指定銀行からの引き落としになります。

お財布代わりですが、見た目ではクレジットカードそのものですし、ポイントも付きます。指定口座にお金が入っていることが条件になりますが、任意整理中のカードとしてはオススメの内容です。

これは、任意整理だけではなく、個人再生、自己破産でも簡単につくれるカードです。クレジットカードではなく、あとでは返済の必要ないので、審査も不要です。支払いでは、クレジットカード同様の使い方であり、見た目でもクレジットカードそのものです。

無理して作らない

任意整理中ではクレジットカードの申込しようとしないことです。クレジットカードの審査落ちも個人信用情報には記録されることになります。これは、後で借金をしたり、クレジットカードの申込に影響を与えることがあります。

任意整理中では、とにかく完済を目指す。完済後では、5年以上はずっと借りない、申込ことはしないことです。中小消費者金融の少額融資ができることがありますが、大手消費者金融の借入、クレジットカードの契約したい方は、ブラックリスト間のこうした申込は回避した方が良いでしょう。それだけブラックリストの期間が長引くことになります。この点では、安易な甘い審査で借りないことでしょう。

アメックスでは契約ができる

100%の保証はありませんが、任意整理中のクレジットカードで一応オススメなのが、アメリカン・エキスプレス・カードです。いわゆるアメックスですが、審査基準が他の信販会社のクレジットカードと違うとされています。

決して甘いものではないけれど

個人信用情報機関重視ではないとの口コミがあります。ブラックリストでも審査通過ができるというのですが、個人信用情報機関の内容よりも、申込者の年収などを最重視するということです。

これは、アメックスの審査内容では、高い収入であることで少額の限度額がつくといいます。他社のクレジットカードの審査落ちなどがあるとしても、今の高い収入、年会費などをきちんと支払うことができるのなら、任意整理中でも審査に通ることがあると言うのです。

口コミでは賛否両論

カード会社としては外資系です。そこが、多少国内の条件とは違うと言います。それがブラックリストでも大丈夫という点ですが、いずれも高い年収、上場会社に勤務しているなどのステイタスが要求されます。

ここで、パートやアルバイトなどでも、中小企業などの低い年収ではアメックスが持てないことがわかります。

アメックスの審査

こだわるのが、年収です。金融事故でうるさいのは延滞遅滞部分であり、任意整理中でしかもきちんと返済をしている場合は、審査に通るかもしれないということです。任意整理完済後などでは、借りやすいと口コミがありますが、任意整理中でも作れる人が存在しているということです。

口コミでは曖昧

任意整理中のクレジットカードですが、はっきりと契約が出来ないという場合もあります。

これは審査が厳しいとされる信販会社では、作れないとされています。そうではなく、甘い審査のクレジットカードでは、作れるかも?ブラックリストでも行けるかも?との口コミが錯綜しています。そして、あのアメックスの審査内容です。年収が高いというのも、年収1000万円以上が有利だと言われています。

また、職種ですが、個人事業主などの審査も通りやすいと言います。これは外資系の特徴であり、正社員にこだわることがないアメックスの特徴です。金融事故がない個人事業主、法人のクレジットカードでも創業まもなく審査が通る点では、審査内容は甘いようです。任意整理中でも年収が高い方の申込ならオススメできるのですが。

審査通過のポイントとしては、年収と言いたいですが、審査落ちの報告もあるのは確かです。任意整理中でもあと債務が少ないなどの状況にも関係しているようです。黒いクレジットカードの異名もありますが、外資系だからどんなブラックリストも借りれるということはないようです。あのアメックスがこんな口コミがあるなんて意外です。