銀行カードローン審査落ちでも諦めないで

銀行カードローン審査は難しい。そんな口コミが多いですが、これは本当の話しです。

銀行カードローンvs大手消費者金融

お金を借りるハードルとして、銀行カードローンと比較されるのが大手消費者金融です。ともに、個人信用情報機関でブラックの方の審査は通らないことで知られています。

その中で、多重債務の申込で銀行カードローン審査は特に厳しいのですが、大手消費者金融では利用限度額である総量規制範囲内なら2件程度は審査通過ですが、銀行カードローン審査通過は難しいとされています。

他にも属性でいうと、安定した収入が必要とされているのが銀行、パートやアルバイトでも借りやすいのが大手消費者金融となっています。全体的にみれば、銀行カードローン審査が厳しい、大手消費者金融よりは銀行より甘い方という定義になります。

銀行カードローンは大手消費者金融より後発

実はキャッシングに関しては、銀行カードローンの方があとにできました。消費者金融の前身はサラ金です。貸金を生業といる専門の会社ですが、銀行は銀行業務の一つとしてカードローン部門があります。銀行融資とカードローンは違います。

会社単位でお金を借りたいときには、金融機関側で言うと銀行です。でも最近では、消費者金融でもビジネスローンのかたちで融資を始めています。個人向けのカードローンは銀行では低金利ですが、審査を厳し目にして返済できる不良債権化しないキャッシングを主としています。

最初カードローンは銀行カードローンがお勧め

初めてのキャッシングでは、審査落ち可能性があっても銀行カードローンが良いでしょう。審査が厳しいところから攻めることで、徐々に審査野ハードルを下げることをお勧めします。ともにブラック借入は無理ですが、銀行カードローン全滅だとしても、大手消費者金融や場合によっては審査の甘い中小消費者金融があります。

反対に、大手消費者金融審査落ちで、銀行カードローン審査通過は一般にはない話しです。キャッシング審査の違いから、年収や属性を重視する銀行カードローン。自営業者などは、消費者金融借り入れが良い場合が多いです。

債務整理経験者

債務整理をするとブラックになります。事情があり返済ができなくなった場合の債務整理ですが、ブラックになるからしない選択は厳禁です。

もし、返済ができなくなったとしても、きっちり整理をしましょう。そして、最低5年間何も借金がないとブラックは返上して、銀行カードローン審査に楽々通る身分になります。

銀行カードローン審査と保証会社の関係

最近の大手消費者金融は、ほとんど大手銀行の傘下です。ということは、業務も同じか?と思うのですが、銀行カードローンとカード会社は別経営です。

しかし、大手銀行のカードローンの審査で保証会社は、たいてい傘下の大手消費者金融が行っています。混乱しそうなことですが、銀行カードローンと大手消費者金融カードローンは全くの別物です。

銀行カードローンと保証会社

銀行カードローン審査は、実は保証会社が行っています。これは、住宅ローンやカーローン等も同じです。元々お金を貸す窓口ではない銀行では、審査は保証会社がします。

ですから、例えば三菱東京UFJ銀行のカードローンの保証会社はアコムです。三菱東京UFJ銀行カードローンに申込をすると、アコムが銀行カードローン審査で確認をします。アコムのカードローン審査とは別物です。

保証会社は、もし返済ができない時に銀行に代位弁済をしても良いと判断をすることです。ですから、三菱東京UFJ銀行カードローンの返済ができないと、今度は保証会社であるアコムが借入先となります。その時には、アコムのカードローン内容ではなく、三菱東京UFJ銀行カードローンの代位弁済としての立場になります。

保証審査の銀行カードローン

このような銀行カードローン審査では保証会社が入ることが多いため、審査が厳しいのです。大手銀行以外でも、各信販会社などが保証会社として存在しています。債務整理などの場合も保証会社が大きく関係してきます。

銀行カードローンと保証会社の関係は、保証料の形で銀行が保証会社に支払います。それが、金利の約半分程度とされていて、よほど信用情報で与信がないと、銀行が赤字経営になってしまうリスクがあります。

キャッシング、銀行がダメでもまだ大丈夫

このように銀行カードローン審査は厳しいのは当然のことです。

三菱東京UFJ銀行カードローン審査落ち後、アコムに申込をしても、ダメか?というと、そんな事はないです。保証会社であるアコムではなく、大手消費者金融としてのアコムに申込をすることで、普通に借り入れができることが多いです。カード会社は銀行と消費者金融がありますが、保証会社の有無の関係で審査が複雑になるのです。

消費者金融会社としては、保証会社の顔と本来の貸金業者の顔が存在していますが、どちらの対応をするかの使い分けがあります。元々貸金業者の消費者金融としては、信用情報の内容が良い、総量規制、収入があれば、審査通過できることが多いのです。

専業主婦には有利な条件?その他のメリット

銀行でお金を借りると言えば、銀行融資があります。以前は担保、保証人などが必要で、気軽に借りることはできませんでした。

現在は個人向けフリーローンとして、銀行カードローン審査があります。使い方は大手消費者金融と全く同じですが、キャッシング審査は、大手消費者金融より厳しいですが、金利は低いです。

銀行カードローンの魅力

担保融資と違い、カードローンは保証人も担保も不要です。本質的に銀行で言う融資とカードローンは別と考えて良いです。

消費者金融と比較をして銀行カードローン審査は厳しいですが、低金利でキャッシング契約ができる、総量規制がないから利用限度額が高い等のメリットがあります。返済負担率があまり高くない場合、自営業者の審査通過もOK、一応パートやアルバイトでも借り入れができます。

また、専業主婦は特別です。無収入での借り入れができるのは銀行カードローンの特権です。

専業主婦は断然有利

消費者金融は、限度額が収入に応じて計算されます。総量規制と言って、年収3分の一です。ということは、収入がない専業主婦は、消費者金融の借り入れができないです。

中小消費者金融等甘い審査のところでは、安定した配偶者の収入を総量規制として50万円程度の専業主婦でも借り入れができる配偶者貸付制度が存在しています。

しかし、銀行カードローン審査では、専業主婦の無収入はOKです。消費者金融より厳しい審査と言われていますが、専業主婦だけは無収入でも借り入れることができます。保証機関でも婚姻関係のある主婦の立場は優遇です。限度額は最高でも50万円ですが、この点に関しては銀行法の法律で唯一素晴らしい対応といえるでしょう。

銀行カードローン審査落ちは当たり前?

専業主婦は特別ですが、その他の場合の審査は案外厳しいです。

クレジットカードのキャッシング枠は消費者金融と同じ扱いですが、大手消費者金融並の審査です。しかし、銀行カードローン審査は、返済ができる申込者であることを重視します。多重債務者等は論外ですが、高い収入や安定した属性などで、審査通過ができます。

ちなみに銀行カードローンの審査通過率は30%です。ですから、銀行カードローン審査はなかなか通らない方が多いです。特に審査情報で、延滞していたとか、ブラックに近い内容があるだけで、審査落ちです。

反対に、高い収入でブラック要因がなく、過去に完済実績が多い方は、多めの限度額の設定があるなど、専業主婦枠のような優遇措置があります。それが、現在問題になっているオーバーローンなどですが、審査過程で良い属性にはメリットが多いなどの口コミも多く見られます。

限度額の決め方 審査が厳しい理由

キャッシング審査は、申込者が銀行カードローンや消費者金融の申込に氏名等の個人情報を入力すること開始されます。

金融機関や金融業者のホームページで、簡易審査やおためし審査がありますが、それに入力をした場合はまだ審査は始まりません。氏名、年齢、他社借入件数等の入力では、一般的な審査の様子を見るだけで、最終判断ではありません。

消費者金融会社の簡易審査

お試し審査とか、たった3秒でわかるとサイトの最初にあります。ここで審査通過があったとしても、実際の申込でうまくいかない場合も多いです。それが本格的な審査のためです。

簡易審査では個人情報がないため、信用情報や在籍確認等の本格的な審査はできません。年収は高いけれど延滞していたとか、多重債務者で他社借入金額が少ないけれど、借入件数が多い等の理由があると審査落ちの可能性は高いです。

特に銀行カードローンは保証審査ですから、保証会社の保証がなければ、キャッシングができません。簡易審査OK、本格審査NGは良くある内容です。ですから、簡易審査での一喜一憂はしないことです。審査落ちになってしまったのでは諦めるしかないのですが、もしOKでも本審査での審査落ちもあります。

消費者金融会社の審査の違い

銀行ローン審査は厳しいので、消費者金融での借入を考える方が多いです。カード会社としては、銀行より審査が甘めですが、簡易審査は銀行と同様で、本審査での審査落ちもあります。

消費者金融では総量規制があり、年収3分の一しか借りることができません。それは銀行カードローンより少なく、金利も高いです。金融機関側としては、リスクが低くなる分審査も甘くなるとされています。消費者金融でのキャッシングが一般的で、銀行カードローン審査通過は属性が良い方と判断できます。

しかし、まれですが、消費者金融審査落ちで、銀行カードローン審査通過の方もいます。その時の信用情報によるものですが、返済負担率などは消費者金融の方が多少高くても大丈夫との口コミが多く、要するに審査が甘めであるということになります。

銀行カードローンは完済できる方を優先

総量規制がない銀行カードローンは、銀行の保証審査で限度額が決まります。これが一番審査をきつくしているものです。

要するに、銀行でキャッシングができる相手と判断できる信用情報であることが最低限必要です。消費者金融は、年収3分の一と決められていますが、金融機関側での自由設定が可能な銀行は、その判断ができるだけの確かな情報がほしいのです。

銀行だけではなく保証会社の保証が必要であり、大手銀行の保証会社は各大手消費者金融になっていることが多いです。

銀行がだめなら、中小消費者金融の申込も検討して

何かにつけて、キャッシングなら銀行カードローンが良いと言われています。低金利と総量規制対象外の限度額、専業主婦も借入ができるなどメリットは多いです。しかし、消費者金融と比較して審査は厳しいです。

収入がポイントと言うけれど

収入がないとキャッシングができないのですが、銀行カードローン審査では専業主婦のキャッシングができます。確実に無収入なのですが、これは消費者金融の貸金業法と銀行カードローンの銀行法の違いです。

唯一甘い部分というか特別枠の範囲内ですが、保証審査でありブラック専業主婦のキャッシングは当然NGです。多重債務では返済負担率が高いと審査落ちですが、これは他社借入件数が関係しています。

銀行カードローンと大手消費者金融の個人信用情報機関そのものはちがうですが、消費者金融の債務状況はすべて確認されることになります。たいてい、大手消費者金融利用後の銀行カードローン審査は通らないことが多いです。すでに債務があるだけでも審査落ちの方はいます。それは低い収入の方です。限度額はありませんが、多重債務には消極的です。

銀行カードローンは総量規制対象外

総量規制の消費者金融に対しての対象外の銀行カードローンです。住宅ローンやカードローン等と同じですが、これらの返済負担率が高い場合は、審査落ちがあります。

ちなみに、カードローン使用中の銀行カードローン審査は落ちることが多いです。債務整理などをしていない場合でも多額の借入しなければならない住宅ローンの審査落ち条件にキャッシングがあります。

銀行カードローン審査落ち後は消費者金融会社へ

たいてい銀行カードローン審査に落ちたら、消費者金融に行くことでキャッシングができる方が多いです。ブラックではない方は大手消費者金融ですが、もしブラックであれば中小消費者金融の審査がお勧めです。

総量規制範囲内であれば、借入ができることも多いです。大手消費者金融では借入ができない方の多くが中小消費者金融での借入ができます。債務整理者でも1年以上のブランクがあれば審査通過の口コミも多く、銀行カードローン審査とは比較ならないほど甘い内容です。とは言っても、100%の保証はないですから、申込してみないとわからないというのが本音です。

全国対応の中小消費者金融では、インターネットでの申込も可能です。自分の信用情報で自信がない方は、銀行カードローン後すぐの中小消費者金融の申込がお勧めです。