もし銀行カードローンのキャッシング審査が通らないのなら

銀行カードローン、消費者金融のキャッシング審査は、各金融業者で基準が違います。個人信用情報機関の内容確認で、審査ハードルが少しずつ“ずれて”いることがあります。

銀行はお金を借りれる金融機関としては、借り入れの基準が少し高いです。銀行カードローンのキャッシング審査に通らないときには、消費者金融に申し込むと借りれるケースが多いです。

信用情報に金融事故がない場合

たいてい、銀行カードローン審査落ち後で、大手消費者金融のキャッシング審査が通ることが多いです。銀行と大手消費者金融の審査基準に関しては僅差のものであったり、勤先の会社の規模、年収なども関係します。収入が高いほど銀行カードローンは有利です。また、多重債務の場合も同様です。

信用情報ですでに借り入れがある利用者は、他社の金融機関が消費者金融であると審査は通らないといいます。一方、大手消費者金融の場合は、他社が1社で借入額があまり高くないときには多重債務ができる可能性が高いようです。

ここでのポイントは、他社借り入れが少ない、総量規制に余裕があることです。2社の借入の場合は信用が薄くなっているかもしれません。

銀行カードローン審査落ちだからブラックとは言わない

金融事故がなくても、銀行カードローンの審査はなかなか通らないものです。審査に落ちたらブラックと呼ぶことは多いですが、申込先が銀行の場合は必ずしもブラックとは限らないです。

大手消費者金融に申込をしてみることをおすすめします。キャッシング業界としては、大手消費者金融の方が借りやすい金融業者とされています。

信用情報に事故情報がある場合

一方、金融事故者に関しては、銀行カードローンはもちろんですが、大手消費者金融でも審査落ちです。個人信用情報機関の記録で異動情報がある場合です。

すでに3社以上の借入件数がある、数年前に債務整理をした、延滞をしている状態でのキャッシング審査に関しては、銀行も大手消費者金融も最初から審査落ち決定です。そんなときには、ブラック対応の中小消費者金融にご相談ください。

延滞以外の金融事故については、十分な審査の上で総量規制範囲内のキャッシングができることがあります。保証としては、返済能力があることと、収入の在籍確認が取れることです。

もし、自身で金融事故の自覚がないとしても、銀行カードローンからの大手消費者金融の審査落ちになった場合、すぐに中小消費者金融に申し込むことが必要です。ここで、数社の大手消費者金融申し込みをしてしまうと、申し込みブラックとまた一つ金融事故を増やすことになります。

大手消費者金融での借入ができないことは、金融事故になっている。または、個人信用情報機関に事故情報があると思った方が良いでしょう。

キャッシングできないのなら借りないと言う選択

信用情報は、多くの金融機関や金融業者が共有する記録です。他社の借入状況、過去と現在の返済記録などがあり、ごまかしようもない内容が詰まっています。収入証明書を出さないし、借入件数も適当に申告しようと思っても、それはすべてバレバレです。

個人信用情報の内容を審査をすることで、金融機関も金融業者も借り方の信頼度を測るのです。

金融事故とは?

キャッシング審査に通らないのは、たいてい金融事故があるからです。金融の事故は銀行ローンなどで返済が遅れたりできない状態。消費者金融会社の返済日に入金がされていない、すでに他社借入件数が多い、債務整理を◯◯日に行ったなどの返済トラブルが多いです。

また、何度も延滞をしていたり貸金業者をあちこち借り過ぎたり、短期間に何十万円もの借金をしているなど、すべての情報が詰まっています。その中で、うまく返済ができない事実こそ、金融事故そのものです。

銀行カードローンと大手消費者金融では、この事実があると審査は通らないです。

金融事故の時効

こうした個人信用情報機関の金融事故にも時効があります。よく債務整理をした場合、5~10年程度は借入ができないといいます。それはブラックリストだからといいますが、この年数が経てば、普通に借入ができるようになります。

ブラックリストも俗語ですが、借りれるようになった方のことを「喪明け」ということがあります。5~10年間に借入をしない、キャッシング申し込みもしない期間が続くことで、ブラックリストは消滅でホワイトリストになります。ちなみに、一度もキャッシングもクレジットカードも使っていない方を、スーパーホワイトリストと言います。

ホワイトリストになるために

審査落ち、キャッシング審査が通らないとわかったら、この期間何もしないでいると銀行カードローンも借りれる様になります。と言っても、今現金が手元にほしいのなら、何年間も待つ事はできないでしょう。無理な相談かもしれませんが、ブラックリストにも時効があることは覚えておくと良いかもしれません。

ブラックリストになっても、中小消費者金融では借入ができます。ここがポイントで、このブラック対応のキャッシングをしないことがホワイトリストへの道になります。

キャッシング審査が通らないときの選択

銀行カードローンでも大手消費者金融でも、多重債務者などで審査に通らないのなら、そのまま債務整理を検討してみてください。現金がほしいのはわかりますが、ここで自らブラックリストになり返済額を小さくすることで、ほしい現金ではなく出費をなくすのです。

それにより、キャッシングの必要がないのなら、最低5年間のキャッシング禁止期間を作ります。そうすることで、無事にキャッシング解禁となったときに、銀行カードローンや大手消費者金融でも大手を振って借入ができる可能性はあります。

新規がダメならまとめローンという選択

銀行カードローンなどの、キャッシング審査に通らない理由が多重債務なら、まとめローンを提案します。

まとめローンは、新規の借り入れではなく、今持っている借金の分の借り入れをすることです。借入件数が多いほど金額も大きいですが、その金額で完済をして多重債務を解消します。そして、その分を1つのまとめローンとして返済をするのです。

まとめローンの審査

都合の用多重債務解消方法ですが、審査は厳しいです。銀行カードローンではまとめローン同様のワイドな利用限度額で、まとめローンという商品はないのですが、消費者金融には借り換えと言うかたちでのまとめローンが存在しています。

大手消費者金融では審査内容で現在多重債務者だけど、まとめローンに借り換えをした時に確かな返済能力が確認できることで、審査は通ります。消費者金融で言う限度額の総量規制対象外の商品として、かなりの金額が借りれます。収入証明書も必要で、収入が高い事の証明も必要です。

ブラックは難しい

今まで、大手消費者金融の審査基準をクリアしていることが必要です。今ブラックではなく、今後ブラックになりそうだからとまとめローンの契約をしたい方は多いですが、貸金業者としては事故情報がないことを見ます。

これは、過去に返済できない事実があると、今後は総量規制以上の借り入れになることで返済リスクに警戒をするからです。ただし、勤務先の会社が大手だったり公務員などの属性が高い場合は、ブラック寸前のまとめローンの申し込みにも対応することがあります。

金融事故とまとめローン、大手消費者金融の反応は非常に厳しいものがありますが、延滞などをしていないのであれば申し込みをしてみてください。少なくとも、多重債務より多額のまとめローンの順調な返済の方が信用度は大きいです。

中小消費者金融のまとめローン

ブラックリスト対応の中小消費者金融でも、まとめローンはあります。こちらも金融事故には警戒ですが、返済期間が長くなることで、返済額が大きくなる可能性は否定できません。

ただし、ブラックでもとにかく債務整理は回避したい方、返済額が大きくなることを承知で多重債務解消したい方におすすめです。少なくとも、大手消費者金融のまとめローンよりは審査は甘いはずですし、うまく行けばブラックも回避できます。

このまとめローン契約の最大のメリットは、普通キャッシングより金利が低いことと、一度に多重債務の完済が可能なことです。これは個人信用情報機関の記録としては、大きなメリットになることでしょう。

新規のキャッシングはできませんが、まとめローンに借り換えをして、新しいローンになり余裕の返済になることは期待ができます。大手消費者金融中小消費者金融などの審査では、キャッシングより厳しいのですが、多重債務者なら申し込む価値はある金利商品です。

属性が低いと審査落ちになる

キャッシング審査落ちの基本的な要件の属性について見てみましょう。

属性

属性とは、信用情報ではなく申込みに必要な情報です。年齢、収入、勤務先、勤続年数などです。

そのときに大手消費者金融などでは、スコアリングにして審査をします。例えば、高い収入、上場企業が勤務先、勤続年数が長い場合は高い属性、低い収入、勤務先が小規模な会社、勤続年数が短期間ですと低い属性です。属性は高いほど良いです。

ちなみに、現在銀行カードローンでも大手消費者金融でも、年収は最低100万円程度なければ審査落ちです。勤続年数も大切ですが、安定した収入かパートやアルバイトよりも正社員が高い属性になります。派遣社員、個人事業主などは高い収入だとしても、不安定な収入として属性は低くなります。

賃貸と持ち家、独身と既婚者

住まいの状況も調べます。賃貸は、家賃が発生します。持ち家でも住宅ローンがあるものの、その場に落ち着いていることを意味します。独身は出費が少ないですが、遊興費などが多くなりがちです。

既婚者の場合は、出費はあるものの生活態度が独身のように派手にならない安心感があります。そのあたりの審査判断は金融業者で違いますが、審査ではこうしたことも確認します。

在籍確認について

勤務先を書くときに、必ず電話番号を記載します。これは、勤務先に金融業者が直接電話をするためです。

その時に、◯◯消費者金融会社ですがということはなく、担当者の個人名で申込者がいるかだけを確認します。この時に固定電話がない会社などは怪しまれます。また、在籍確認で会社の方のミスでいませんということになると、勤務先が虚偽申請としてキャッシング審査が通らないことがあります。

有利な属性

属性では公務員が最適だと言われています。これは、倒産の心配がない、簡単に退職をしない、確実に給料が上がるからです。

反対に、水商売、芸能人、個人事業主などはいつ収入がなくなってしまうか不安です。アルバイトにしても、すでに勤続年数が長い場合(パート主婦など)は比較的属性も安定した位置ですが、勤続年数が浅いアルバイトに関しては属性が低くなります。その上100万円と言う年収基準もギリギリのラインです。

信用情報以外にもリスクが多い

収入がある社会人なら、誰でも借りれるわけではないということです。この個人情報の上に、やっと信用情報の記録が審査されるのです。

総量規制範囲内の多重債務者、借入件数、借入額、過去の金融事故などが加味されることになりますが、最初の申込みのときにお金を貸しても大丈夫か?を見られるのです。年収100万円、勤続年数が1年以上、そうではない方は大手消費者金融のキャッシング審査は難しいです。

ただし、銀行カードローンに関しては無収入の専業主婦のキャッシングが可能です。金融機関として唯一専業主婦がカードローンができるのですが、個人情報も堂々と無収入とかけます。ブラックリストの専業主婦に関しては、銀行では審査落ちになります。

審査落ち後の行動について

金融機関でも金融業者でも、審査内容は教えてくれません。どうしてもしつこく聞いたとしても、銀行カードローンで保証会社が決めたことと言います。または、消費者金融では当社規定だからと口を開かないのです。

キャッシング審査に通らないときには、引き下がることが賢明です。何が悪かったから教えてくれ、治すからというわけには行かないのです。

審査基準が違う

銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融の順番は、審査が厳しい順位です。ですから、中小消費者金融でキャッシングができない方が、銀行カードローンに申込みをしても絶対に審査は通らないのです。

銀行カードローンと大手消費者金融に関しては、大手消費者金融の方が借りやすいのですが、口コミでは逆転で借りられた方もいます。混沌とした状態ですが、世間的には銀行カードローンの方が審査は厳しいようです。銀行ローンに関しては、保証会社がついていることから、自社での責任がないといのも大きな理由です。

ちなみに、メガバンクの銀行カードローンのほとんどが、大手消費者金融が保証会社となっています。同じ系列であれば総崩れになることは必至です。

消費者金融会社の星 中小消費者金融

そこで、中小消費者金融の審査ですが、口コミで言われていることはブラックリストでも借りられる柔軟さです。しかし、ここでは総量規制の壁があります。

また、審査なしではないため誰でも借りれるわけではなく、中小消費者金融でも審査落ちをする方はいます。これは、中小消費者金融が具体的な数字からではなく、あくまでも口コミでの予想です。

中小消費者金融のホームページにもあるように、債務整理者も相談してくださいとあります。これはブラックリスト対応の証明ですが、あくまでも相談であり貸しますとは書いていないです。いかにも借りれそうという予想はありますが、審査次第では審査落ちももちろん存在しています。

ただし、中小消費者金融としても、金融事故がある方でも一応審査をしてくれるのですから、大手消費者金融でキャッシング審査に落ちた、銀行カードローンで契約ができなかった方にとっては、希望の星といえるでしょう。

審査落ちはブラックリストになろう

これは、債務整理のおすすめです。借入額が大きく審査落ち、多重債務で審査落ち、債務整理で審査落ちという方で、返済額があってキャッシングができない場合には、今の借金をキレイにすることを考えましょう。

中小消費者金融に行くのも良いのですが、総量規制があまりなくて少額キャッシングよりも、債務整理で少しスッキリしてからの中小消費者金融の利用が賢明です。債務整理をしても、中小消費者金融は利用可能です。それを利用しない手はないでしょう。