カードローンや消費者金融の審査とは


カードローンや消費者金融に申し込みをすると、審査を行います。最初は、個人的な情報である、年収や勤務年数などですが、そこでOKがでると、会社側としては、信用情報で利用者の今までの返済状況などを確認します。

消費者金融のホームページの最初で簡易審査では、上記までのことを自己申告してもらうことになります。そこで、年収がゼロか極端に低い、勤務年数も少ない、借金がある場合何社と入力して時点で、第一次審査となり、場合によってはそこで借入ができない場合もあります。

消費者金融の場合、キャッシング枠は年収の3分の一に当たる総量規制範囲内でしか貸付ができません。希望額に見合うだけの年収かどうかなど簡易的な審査は、表面的なことです。

そこでOKだとしても、個人信用情報機関にある過去の返済記録を見ると、既に滞納をしていたり、遅滞がある、債務整理直後の場合、大抵の消費者金融やカードローンの審査は通らないことになります。このような消費者金融側としてのリスク的な要因を金融事故といいますが、その場合は審査は無理です。

よく審査がゆるいという言葉がありますが、それは個人信用情報機関などの確認で、利用者の返済状況が多少(程度はそれぞれ)悪いとしても、審査を通してくれる消費者金融のことを指します。特にネームバリューのない、あまり知られていないところで、ブラックなのに借りることができたという業者などがこれに当たります。

どんな人が審査に通らない?


カードローンなどの審査では、このような人は通らないと言う基準があります。ただ、公表はしていません。

口コミなどで判断してみると、

  • 遅滞
  • 滞納
  • 総量規制範囲外
  • 年収
  • 勤務年数
  • 持っている借入額と件数

などで判断されているようです。

ですから、もし初めてのカードの申し込みだとしても、勤務年数や年収が足らないのであれば、それだけで審査には通らないこともあります。

ちなみに、大手消費者金融の場合、収入ゼロの専業主婦は審査に通らないこともありますが、パート程度の収入の場合は、大丈夫なことが多いです。同じ消費者金融でも、専業主婦で配偶者の年収が確認できることで、最低限度額での貸付を行っているところもあります。

そして、問題なのは過去と現在の借入状況です。ここでそれぞれの会社の審査基準が違います。A消費者金融では審査は通らないけれど、BカードローンではOKだったと言うように、基準は違います。

個人信用情報機関はいくつかあり、どの機関を使って、どのくらいの金融事故に対してNGを出すか?それを正確に知ることは出来ません。微妙な判定ということもありますが、消費者金融の場合は、多重債務者であっても総量規制範囲内では一応OKです。

信用情報機関では、その方の情報をスコアリングの方法で数字化している場合があります。何点以下は審査が通らないと言う感じです。

一部の信用情報については、本人が確認することもできます。それを見ると、数年前の遅滞や滞納、現在の借入と返済状況を確認できます。

どこで線引をするか、その状況に関しては社外秘であり、一般の人が知ることができないシステムになっています。

嘘情報は厳禁


消費者金融やカードの申し込みが通らない、意外な盲点があります。

消費者金融などでは、最初に簡易審査として、生年月日や年収などの情報を記入します。その後、現在の借入金や借入件数などの情報に入ります。

そこで、人間の心理としては、年収も少し高い方が借入件数や借入金も少ないほうが借りやすいんじゃないかと考えています。年収は高く、借入金は少なく入力してしまうこともありますが、これが盲点、致命傷になってしまうのです。

会社としては、申込者の情報は、信用情報や所得証明書などで改めて確認をしますが、その時に最初の入力した数字と違うことがわかれば、その時点で審査は通らないのです。

たとえ、過去に滞納していない、遅滞もしていない金融事故がない場合だとしても、嘘情報の申告で、信用を失ってしまう。これは絶対に回避できることですので、全て正直に回答しましょう。

総量規制の範囲内でしか借入ができない、それで足りない事情もありますが、ここは厳しい決まりですから申込情報は必ず正確に行ってください。

希望的なことを言えば、ここで正確に申告をして、その後返済をきちんと行っていけば、信用が高まっていき、借入金の増資ができることもあります。もちろん債務整理などもなく、真面目に返済している方限定のことですが、最初は少ないけれど、こうして借入限度額を上げることもできます。

もう少し多く借りたいから、申告内容を改ざんということは、一応犯罪の類に入ることです、お金が関係していることですから、真っ正直になること、これも大切なポイントです。そして、嘘の情報ではなく、入力ミス、これも消費者金融側としては、嘘情報として捉えられてしまうので、注意しましょう。

カードの申込は、1日何件もしない方が良い理由


消費者金融等からお金を借りたい時、1社目が断られ、2社目もダメと言うことになると、その日は申込をしない方が良いです。これは、会社側で申込があった方については、審査として個人信用情報機関に照会をするためです。

申込者の照会がその日に何度もある場合、それも金融事故保持者であったり、金融会社としてブラックに近いと判断されている場合は、よほど困っている、返済能力の低さが露呈してしまうのです。ですから、極端な例ですが、もし1社目であれば限度額を小さくして借入ができたかもしれない条件だけど、3社目だったから審査に通らないということもあります。

現に口コミとして、4社目で審査に通らない◯消費者金融で、数ヶ月後o申し込んだらすんなり借入ができたと言います。これは、たまたま最初は4社目だったから、通らなかったともいえます。

本当の理由は定かではありませんが、このような事は、実は金融機関同士で取り決めがあるという“噂”です。いずれにしても、同日に何件も消費者金融などの申し込みをしない方が良いと言うのは、審査に通らなかった方の忠告として言われています。

結局、カードでお金を借りる事ができるという手軽な行為は、返済ができる方にだけ与えることができるものです。審査の真意は、返済ができる人かどうかの確認です。ですから、あちこちに一度に申込をする方は、信用ができないと言う烙印を押されてしまうということなのです。

審査が通らない後にすること


金融機関の審査に通らない。これは致命的なことですが、1つの金融機関でダメでも、違うところならOKという場合もあります。

消費者金融やカードローンの場合は、個人信用情報機関の信用情報に基いて、審査が通り、カードが発行されることになります。数ある金融会社によっては、債務整理後でも完済していればOKというブラックでも大丈夫なところもあります。

しかし、そこはヤミ金である場合も少なくないですから、絶対に注意しなければならないところです。

ヤミ金と消費者金融は全く別ものです。審査に通らないのであれば、もう借りることができないと言うとき、ブラックOKの貸金業者は魅力ですが、それは危険です。

個人信用情報に関して、事故情報によってスコアリングされています。債務整理や滞納、遅滞などの情報が事細かくあり、そこで返済ができないと判断されて審査に通らない結果になります。

ただし、これも10年前だったりすると、その情報もなくなって(スルーする)ことで信用が高まります。数年経って、再び申込をするか、今の時点で融資がなければ生活ができないということであれば、債務整理も考えましょう。

一応、決めていた消費者金融での審査が通らないとき、審査がゆるめの消費者金融など調べてから、数週間後に申込をしてみてください。その審査がゆるいところでダメだったとしたら、その時点での正規貸金業者での借入はできない思ったほうが良いでしょう。

その後、ブラックOKのヤミ金には絶対に申し込まないでください。そのまま、債務整理の相談にいくことをお勧めします。