公的資金はあてにならない場合も多い

キャッシングは審査によって借入ができるかどうか決まってしまいます。その金融会社の審査基準に合わない場合は審査落ちとになり、お金を借りることができません。

社会福祉協議会等の公的融資は考えたことがある


キャッシングというと、少し足りない数万円とかもギャンブルですった分と考えがちですが、もし生活費のためのお金なら借りられないでは済まされないことです。

それぞれの自治体では生活福祉資金貸付制度などがあり、生活困窮者に対しての支援制度があります。借金生活が続いてお金がない、このままでは生きていくことができない場合、相談にいくことをおすすめします。奨学金の支払いで生活が立ち行かない若者なども対象になります。

厳しい審査

ただ、生活保護なども簡単ではありません。消費者金融会社の借入が多い多重債務者の場合、最初に弁護士と話し合い債務整理から始まることになります。公的資金で借金返済はできない事になっていますし、働けるのなら、外し就職斡旋をすることになります。

ギャンブルで使い果たして何もお金がないから、貸付をお願いというのなら、すぐに対応することはないと言っても良いでしょう。本当に働けない、お金がない人のための救済策です。

審査落ちの原因を突き止めると

金融機関から借りすぎて、仕事はしているけれど返済が追いつかない。だからブラックの場合は、債務整理しかありません。

公的貸付制度は、母子家庭や疾病によって働けない、高齢者、障害者などで低所得者世帯など弱者のためのものです。いい加減な借金を重ねて総量規制限度額になった、消費者金融キャッシングのしすぎでお金がない方については、公的金融機関では対応していないので注意してください。

事情は聞いて繰りますが、生活福祉資金貸付制度にしても、返済ができる方にしか貸付はしていないのが現状です。あくまでも福祉資金の一つに過ぎないのです。

公的金融機関がダメだと

自己破産などの債務整理をすることを第一に考えましょう。銀行融資、消費者金融、信販会社すべての審査に通らないブラックリストがすることは、それがベストで、それ以外は邪道です。

闇金業者は、貸してくれる場合もありますが、返済はできない状態、返済と言うより、身ぐるみ剥がされ、家族にも多大な迷惑をかけることになります。そんなこと言っても、お金がほしいと思う方も多いのですが、返済ができないのであれば、借りる行為は愚かなことです。

仕事をしていないのであれば、ハローワーク求人にいくとか求職者支援制度を求めるなどの行動を起こしつつ、債務整理が必要です。

収入がない方は話にならない

一定収入がなければ、お金は借りる事ができません。審査では、そこは重要なポイントです。

消費者金融の審査

消費者金融では、原則無収入や専業主婦の借入は審査で落とされます。これは、貸金業法の中にある事項で、大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融でも収入証明書がなければ、申込の時点で審査落ちです。

会社員とか正社員の限定はなく、パートやアルバイトでもOK。要するに、高い収入でなければならないことではなく、毎月一定の給料があればよいのです。

その時に、入社したて、1年以内の勤続年数はNG、借金をするのには、1年以上の勤続年数が必要です。転職に関しても判断が難しいのですが、審査基準はそれぞれの金融業者で違います。

キャッシング審査のポイントは返済能力

返済ができるかどうかの審査は、個人情報と個人信用情報機関で調べられます。まずは収入の有無ですが、それまでの返済で金融事故がある方も借りられない場合があります。

債務整理については、大手消費者金融では5年以上、中小消費者金融でも2年程度の間隔を必要とします。この間の借入ができないのは辛いのですが、これは仕方のないことです。法律を恨んでみても、法律の元がお金を借りたいときには従うしかありません。

どうしてもお金が必要、相談先は?

例えば、家族や友人がいれば頼み込むのが一番です。ここは法律は無関係ですから、自分にどれだけの信頼があるかだけです。そのような方がいないときには、公的金融機関ですが、社会福祉協議会などは福祉資金の貸付をしています。

しかし、ここの法律の配下です。低所得者世帯や審査もここはお金が必要、でも完済できる方にしか貸付はしていません。

中小消費者金融の審査の甘さ

無収入はNGです。働いていない方には、審査の甘さも通用しないのが現状です。これでは甘い審査ではなく、多重債務のブラックリストを救う事はできないのではないかと思う方も多いです。

中小消費者金融の言い分としては、自分達だってボランティアなどではない。それでも多重債務者の救済はするけれど、完済ができなきゃ話にならないです。商売ですから、当然のことです。

まとめローン専門の中小消費者金融もあります。多重債務をまとめることができますが、ここも収入がある方のみの対応です。

弁護士に相談、そして債務整理

最終的に、多重債務なら債務整理です。生活福祉資金貸付制度などを利用したい方も借金がある方は対象外です。まずは借金をキレイにして、カードローンなどはすべて解約をしてからの話です。

もし自己破産が成立して、借金返済がなくなったとしたら、いろいろな問題が解決して、借りる必要がなくなるのであれば、それがベストの状態です。

奨学金の返済とブラックリスト

奨学金の貸付制度は良いことですが、支払いが大変で、消費者金融キャッシングなどをする方が増加しています。借りられる時は良いのですが、どうしても返済できなくなって自己破産する方もいます。

やむを得ず多重債務者

キャッシングやカードローンの申込の時には、目的を申告する必要はありません。

デートだったり、パチンコ資金、お買い物、生活費など何にでも使用して良いフリーローンですが、中には奨学金の返済の方もいます。学生の時の奨学金返済が思うようにいかず、どうしてもキャッシングをしてしまい、多重債務になる事態もあります。

社会問題になっていることですが、奨学金本体は返済期間を伸ばすなどの処置しかなく、債務整理対象にはならないのです。

奨学金のためのキャッシングは絶対にしない

債務整理ができない奨学金の借金は、そのための消費者金融キャッシングをしたとしても何の解決もしないのです。必ず支払いができないときには、届け出をして返済期間を長くして返済額の減額をすることです。

今だけ消費者金融会社から借りてなんとかしようとしても、多重債務になり債務整理は、消費者金融の分だけ。何もならないことになります。おまけに、ブラックになってしまったのであれば、個人信用情報機関にも金融事故になってしまいます。

奨学金の金融事故

金融業者では、審査の際に必ず個人信用情報機関を確認します。その中に、奨学金と消費者金融の金融事故は別と考えてくれるところもあります。要するに、決して遊び金ではなく、奨学金の返済のためと言う考慮で、審査をしてくれることもあります。

しかし、返済額が多ければ審査落ちです。最初から奨学金のための借金は絶対にしないことが原則です。その他のお金であれば、完済できる範囲内でのキャッシングの申込が正解です。

奨学金も大きな借金

人によっては住宅ローン並の何百万円もの借金になってしまっている方も多いです。取立はあまり厳しくなく、ためていると遅延損害金で利息だけでたいへんな額になってしまいますが、それも借金です。

公的融資ですから、逃げられないのも確かであり、消費者金融やカードローンなどの金融業者の審査にも響きます。

借りられない現実が奨学金のせいであったとしても、これは仕方のない現実。奨学金返済のためのローンは作らないこと、ブラックにはならないことです。いざ必要になった時に、どこも借りられない事態を作ってしまうのも自分次第です。

奨学金の返済に関しては、正しい情報で、確実に返済できる金額に設定し、キャッシングとは別に考えることが大切です。奨学金でブラック、そして、どこも借りられないなんていうことになりませんように。

公的・民間キャッシングは自由だけど

公的金融機関はいろいろとあります。その良さは金利の低さです。

公的金融機関の良し悪し

例えば、日本政策金融公庫の教育ローンですが、契約の時の審査では収入があれば審査は大して厳しくありません。

このお金は、キャッシングとは違い目的が決まっています。他のものに使うことができないものです。奨学金も同じです。実際、返済になるとかなり負担はありますが、進学のための投資と考えると、無理をしてでも借入る方も大勢います。

公的資金については、生活福祉資金貸付制度、生活保護など、社会福祉協議会などが窓口になって、低所得者世帯などに優遇措置はあります。しかし、生活保護以外は、返済義務がありますし、生活保護でも生活内の制限が存在しています。

消費者金融や銀行カードローンとは異質ですし、低金利の貸付制度ですが、利用の際にはよく考えることが必要です。いずれも返済するためには有職であることは必要なことですし、生活保護は借金がある方は原則利用ができません。

民間キャッシングがとにかく手軽

今の時代は、消費者金融などでもインターネットで簡単に申込ができます。

審査が危なければ、中小消費者金融の甘い審査で総量規制範囲内でのキャッシングができます。担保、保証人不要で、キャッシング会社では、個人信用情報機関をもとにそれぞれの審査基準に通れば借りることができます。

公的金融機関の融資は審査時間もかかりますが、民間は早いですし金利は高いですが、しかし手軽です。その手軽さが、借り過ぎ、多重債務者を生みやすいのですが、審査に通らなければ、借りることができません。そうした状態で、公的金融機関に行ったとしても借りられないのが現状です。

いよいよになったらどうする?

もうどこも借りられない、もう闇金しかないと言うのはNGです。

借金ができない事になったら、自治体でも弁護士でも相談です。然るべき行動は債務整理になりますが、どんな方法が良いのかなどは相談して決めるのが良いでしょう。

多重債務ばかりではなく、返済ができない、延滞はしていないけれどどうしようと言う時点での債務整理がお勧めです。各貸付制度などは利用できない、キャッシング会社はお手上げの時には、もう先がないことは再確認してください。

大手消費者金融、中小消費者金融とありますが、人によっては中小消費者金融も審査落ちしてしまうブラックリストもいますし、借りたと同時に返済不能になってしまう方も少なくないです。

借りられないことでパニックにならないこと

連続する審査落ち、単に申込ブラックだけの場合もありますが、現実にお金を借りられないことでパニックになってしまう方も少なくないです。どうしよう、検索をすると、闇金業者の甘い罠に引っかかることも多いですが、審査落ち=債務整理と割り切ることが大切です。

返済できない消費者金融などでどうしましょうという相談も良いのですが、それよりは債務整理を考えた方が先の負担は断然小さくなります。

世の中の金融事情 借りれないときには債務整理

銀行カードローンの審査が変わりそう。金融情報最新版によると、大手銀行のカードローンの内容が変わるようです。

債務整理は銀行カードローンが急増

返済ができなくなることでの債務整理は、法律に則った正しい方法です。

もともと審査は厳しいのですが、一度審査に通ると、総量規制がある消費者金融と違い、限度額が大きいことで、多額のキャッシングをしがちです。そこで、つい借りすぎて債務整理になってしまう方が多いです。信用のある銀行カードローンですが、いよいよになると債務整理しかなくなってしまうのです。

そんな時に、消費者金融に申込をしたとしても審査落ちです。

消費者金融の総量規制

消費者金融では、総量規制で年収の3分の一しか借入ができません。それ以上は、審査の甘い中小消費者金融でも絶対に借入ができないのです。しかし、銀行カードローンは返済能力がある方に対しては、総量規制対象外のカードローンとして融資が続きます。

よく金融会社は銀行が良いと言われています。多額のキャッシングも魅力ですが、借り過ぎにストップがかからなければ、最初から制限のある消費者金融の方が良いということになります。

どこにも借りられない時の闇金業者

審査がない闇金業者では、ブラックリストもOKです。貸付は一応収入がある方となっていますが、なんでもありです。審査という制度がないですから、金利も自由。消費者金融会社ではなく、10万円貸してあげるから100万円返してね、でもいいんです。

そこで、頑張って完済ができれば良い、とにかく借りたいという方。その後が怖いのです。一度完済したブラックリストに対しては、こいつは金があると見られてしまいます。そこで、まだブラックリストである場合には、甘い勧誘がきます。

闇金業者の営業

キャッシングやローンができないブラックリストに対して、闇金業者殻の誘惑は魅力的です。返済はゆっくりで良いからと言われることもあります。過去に完済をしていたりしていたら、絶対にすべて吸い取られることになります。

そんなことを言われて、消費者金融キャッシングではなく、闇金業者キャッシングをしてしまうと、今度は高い金利、返済できないと激しい取立が待っています。

闇金業者の貸付は、全くの無意味なこと。1万円を貸してもらったら、10倍返しなんというのはゴロゴロ転がっている話です。こんな話に乗らないと思っていても、どこにも借りられない時になると、つい頼りたくなってしまうものです。

借金で困ったことになったときには、法律事務所などの無料相談がベストです。このときに必ず無料相談であることを確認してください。債務整理などに詳しいところにいくことです。メールだけでも、電話でも、匿名でも良いです。

闇金業者に捕まってしまった方は、闇金業者対応の弁護士に相談です。早ければ、即日解決もあります。生活に困っているのであれば、社会福祉協議会などに相談。生活福祉資金貸付制度や生活保護などの対応の視野に正直に話をしてください。