延滞者は借りられないと思って下さい

金融ブラックになると大手消費者金融、銀行カードローンの借入ができません。ブラックリストになってしまうと、信用情報で異動情報が付きます。

そのとき、審査上での1つでも異動情報があると、カードローン関係の審査はNGになります。金融会社では、この時は厳しいでしょう。

ブラックリストでも借りれる貸金業者

それが、現在は中小消費者金融と街金になっています。個人信用情報機関で金融事故がある方のキャッシングができると口コミも多いです。

そのときに延滞の場合は、ブラックリストでも審査は難しいとされています。あっさりと審査落ちになってしまう場合がありますが、この方が多いです。

延滞者は、中小消費者金融も街金も借りられないようです。金融ブラックですが、その他の金融事故が対応しているようです。

延滞遅滞は信用がない?

キャッシングしている方の中で、自転車操業状態の借入の場合があります。否定はしないのですが、この方法では遅滞になってしまうと悲惨です。そこで、ブラックリストでも借りれる中小消費者金融に頼る事になります。

さらに、延滞者の借入ができないと断られる事が多いので、注意が必要です。個人信用情報の異動情報が遅滞では、自転車操業状態がバレバレです。それでも黙って貸すことは少ないでしょう。

延滞者では聞かれる質問がある

どうして延滞になってしまったか?ということです。返せないのには理由がありますよね?それに回答ができる事が必要ですが、延滞者の多くは借りられないと言っておきましょう。口コミでも○○では延滞者が借りれるということが流布されることは、金融業者としても回避したいことです。

それは、極甘審査の評価は良いのですが、会社経営が太刀打ち行かなくなってしまうでしょう。延滞しているということは返済意識が低いと判断されることで、申し込みしたとしても、審査落ちになります。

たまにある延滞者がキャッシングできたという口コミ

これに関しては、詳細が語られる事がありません。1人でも延滞者のキャッシング成功があるとしても、その中小消費者金融が延滞者OKのキャッシングができるとは言いません。それは、2社程度の多重債務者でも中小消費者金融で借りれる、2年前に自己破産したけれど借りれるというのと金融事故の大きさが違いすぎるからです。

延滞の異動情報の重大さは、とても重たいものであり、キャッシング不可能と言えるでしょう。ですから、延滞者でも借りれる口コミがあるとしても、その人だから借りれただけの話しであり、審査基準としては、審査落ち要因になります。気をつけなければならない事です。

遅滞者ならまだしも延滞者のキャッシングは難しい

個人信用情報機関の内容で1番の金融事故は延滞です。延滞とは61日以上の遅滞をしている状態であり、2ヶ月ですから2回の返済をしていないと、金融業者が、信用情報に記録を上げた時です。

返済数日遅れは遅滞にならない

例えば、たまたま返済日に入金ができなくて、2日遅れたとします。そのときに、信用情報で遅滞になってしまうと気になります。しかし、たいてい金融業者では、1週間で返済の目処が付くと遅滞記録がつかないと言います。繰り返しではまずい事ですが、1回では遅滞はつかないです。

こうして遅滞では逃げられる事がありますが、61日以上の返済をしていない時には、信用情報で確認したときには、どうした?ということになります。その信用情報での申し込みでは、あなたは返済する気がありますか?という内容になるでしょう。

遅滞と延滞しているので審査落ち

中小消費者金融で延滞していて申し込みしたときには、担当者からはっきりと延滞していると貸せない。延滞している返済ができたら、申し込みしてと言われたと言います。

信用が第一ですが、延滞者の返済能力が疑われるのは仕方がないことです。金融ブラックでは、延滞していても借入ができる事は、まずありません。

返済ができないわけではない

もし審査を受けたときに、延滞者であることはばれないのではないか?と思っている方もいます。信用情報を見ない正規の中小消費者金融のも街金もありません。ですから、中小消費者金融では延滞をしていますか?遅滞していますか?という質問もありますが、正直に回答して下さい。

ここで、延滞していることを言わないと、審査も通るとの情報もありますが、そんなことはありません。金融業者を騙す事は絶対にしないことです。当然ですが、債務整理の有無もすべて正直に言いましょう。

中小消費者金融も街金も債務整理者については、返済能力があれば、好意的な審査になります。したがって、お金を借りれる可能性が高くなるというわけです。

なぜ返せないかと聞かれたら?

正直に話をして下さい。個人信用情報機関で延滞者では、何も言わずに審査落ちとなる可能性が高いです。

しかし、どうしてと聞かれたときには、こちらも正直に話した上で、それでも借りたい旨を話して下さい。借りれるかどうかはわかりませんが、担当者の判断をする内容です。

予想としては審査落ちです。延滞者でも借りれるところはありません。多重債務者になっている事が多いので、債務整理をしてから出直すことです。上述したように、債務整理者に対しては審査が通る可能性が高いです。

延滞者でも借りれる中小消費者金融ってある?

あるサイトで延滞者でも借りれるところとして口コミ評判の全国の中小消費者金融が紹介されていました。中小消費者金融って、延滞者でも借りれるのは本当?

内容をみると

普通情報サイトでは口コミだったり、ホームページ内容、過去の情報などで分析をしていきます。延滞者でも借りれる中小消費者金融については、ホームページで延滞者は借りられないとあるところも。

そして、他の口コミ情報でも延滞で審査落ちとの報告があります。ここで、このサイトを見て延滞者でも借りれる金融会社ではないことはわかります。

延滞者はどうして借りられない?

延滞者とは、61日以上返済をしていない事を言います。1日が返済日では8日前後に電話が来ます。このときに、返済できる日時を決めます。10日に返済ができるのなら、遅滞にもならない場合も多いです。

ところが、今月は30日も返済ができないとなると、遅滞になります。あと居留守で請求の電話を逃げ続けると、延滞者として扱われることになります。この遅滞も延滞も信用情報で記録されます。

そこで、延滞者でも借りれるとされる中小消費者金融に申し込みすることで借りれる?と期待してしまうことでしょう。

延滞金の問題ではない

延滞をしている間は、遅滞延滞金もたまっていて返済が多くなっています。すべて返済ができないことは審査落ちになりますが、中小消費者金融も街金もこうした信用情報は嫌います。

返済がではないことを露呈している事で、延滞者でも借りれる可能性はありません。情報サイトの借りれるというのは、確かではありません。

情報に左右されない

延滞者が中小消費者金融で借りれるというのは様々な情報があります。借りれるという内容、借りられないという内容もありますが、多くの場合は延滞者では審査落ちを見ることになります。延滞者になったときには借りない選択もあります。債務整理も同時に検討して下さい。

借りれる中小消費者金融とありますが、ここではオススメしない申し込みです。カードの返済ができない。しかも、数枚のカードローンで遅滞も延滞もしている状態では、中小消費者金融も極甘審査でも話しが違うという対応があっても仕方がありません。うちで借りたキャッシングは本当に返せるの?というのが本音です。

個人信用情報機関の滞納している状態では、ヤミ金のように誰でも貸すということはなく、審査をします。審査があるので、延滞者の借入ができないと言えます。絶対に借入ができないという場合も多いです。個人信用情報機関の延滞者は最悪の金融ブラックです。

中小消費者金融のまとめローンは延滞者はOK

中小消費者金融、街金ではカードローンや銀行カードローンの延滞者では審査落ちと言います。甘い審査、柔軟審査とは言え、延滞者の新規キャッシングの機会はありません。

まとめローンを勧められた

ある延滞者が中小消費者金融で実際に体験された話しです。数枚のカードローンで61日以上の延滞となっています。それでもキャッシングをしたいと、口コミで極甘審査として評判の中小消費者金融に行きました。ここは、個人信用情報機関では、1つだけに加盟しています。

キャッシングの相談では、借入のときの担当者の話ではキャッシングは無理だけど、うちでまとめローンをしないか?という提案です。それは妥当なのかが不安ということです。

延滞者でも中小消費者金融で借りれる

返済能力があり、延滞してしまってどこからも借りれない。例えば、100万円の債務があり、延滞しています。そこで数万円のキャッシングをしたいという状態です。

中小消費者金融では、100万円のまとめローンとして契約をしないか?ということです。その上で、毎月の返済額を小さくして、新規キャッシングの必要がないという状態にしてくれることです。

まとめローンで延滞記録が解消、多重債務も解消です。個人信用情報内容としては、中小消費者金融の借入だけです。この方法で延滞者でも借りれたことになります。

中小消費者金融のまとめローン

100万円程度なら15%の金利に成りますので、延滞も多重債務も解消されることが嬉しいことです。

とりあえずは毎月の返済が少なくなるのですが、返済期間が長くなってしまうと、返済総額が大きくなってしまいます。それでもまとめローンでも審査通過になることで納得するしかないでしょう。

高い返済能力がなくてはならない

この審査通過では、安定した収入でまとめローン完済ができる事が必要です。たいてい正社員でも、長い勤続年数がある方が対象です。

中小消費者金融のまとめローンと言えば、中央リテールがありますが、ここは延滞者は絶対に審査落ちです。低金利のまとめローンで評判ですが、そう簡単ではありません。

そして、延滞者を受け入れる中小消費者金融も一部であり、条件も厳しいです。どこかの口コミで借りれたとあったとしても、延滞金がとても少ないとか、これから返済の完済ができるなどの事柄がある方が出来ることです。

誰でも延滞者でまとめローンができるとは限らないので、甘く見ないことです。極甘審査でも、返済能力が高い方にしか貸さないということです。口コミ情報もきちんと見極めが必要です。

延滞者は借りてはダメ、債務整理を

現在のキャッシングの信用情報上、延滞者は債務整理をしましょう。

住宅ローンがあるから

カードローンの延滞をしてブラックになっている。住宅ローンはきちんと払っている。融資を多額に受けたので返済は遅れていないけれど、キャッシングの方がつい遅れてしまった。実は住宅ローンの返済のためのカードローン利用だった。

金融会社でカードローンの申し込みでは使用目的は問われません。支払いをしてくれると問題がありません。個人信用情報で住宅ローンの借入があるとしてもキャッシングには何ら影響はありません。そして、このパターンは良くあることです。

延滞者でどこかで借りたいというときには、延滞部分の返済目的ですが、どんな借金でも返済目的でキャッシングの自転車操業状態は最悪です。金融ブラックとしてこのときには、甘い審査の中小消費者金融も信用情報を見てお手上げ状態です。そして、住宅ローンがあろうとも債務整理はできます。

これ以上借金はしない

ここで中小消費者金融だったり、延滞者でも借りれるところの検索ではなく、弁護士などの債務整理の相談をして下さい。延滞しているけれど、債務整理をしたい。そのときにどこまでの債務整理ができるのか、今後の生活はどうなるのか?ここで大切なのは、どうしたいかという希望も言えることです。

債務整理では、延滞部分だけではなく、借金全体を大きく減退させる事ができます。もちろん住宅ローンはそのまま継続であり、それでいてすべてを解決できます。

ブラックリストになるからいや

延滞者である時点では、あなたはブラックリストになっています。携帯電話のクレジット、自動車ローンも契約ができないはずです。キャッシングの多重債務者より延滞者ではすべてのブラックリスト要因となっています。

債務整理をすることで、中小消費者金融などでは審査が通る事があり、ここでのキャッシングが開始されることがあります。延滞の解決はすべて完済するか、債務整理しかありません。金融ブラックとしてはブラックリストでも借りれるというものではなく、すべての審査落ちという最悪の状態です。

大手消費者金融カードローン審査落ちで

延滞前の債務整理が最善です。支払いができないのでどうしようと支払いができなかった、放っておいたら大変という内容は全く違います。

延滞者は債務整理です。完済ができないのなら、借りるのではなく、きちんと解決をしていく方向を検討して下さい。無料法律相談で、どうしたら良いかを確認して下さい。

弁護士費用はかかりますが、収入が低い方は、法テラスなどの利用ができます。ここでは低収入の場合は、費用が低く債務整理できる弁護士を紹介してくれます。

延滞者でも借りれるところがあるらしい

それは、嘘の可能性が高いです。正規の中小消費者金融と街金では返済リスクが高い延滞者は審査落ちにします。ヤミ金の可能性もありますので、信用しない方が良いでしょう。