中小消費者金融で延滞者で借りれた?

消費者金融の申し込みのときに確認してほしいことがあります。それは、延滞と遅滞に関してです。

自転車操業状態

現在、各種支払いをするために、他社借入をしている。A社の返済金をB社で借りているという状態です。

A社がキャッシング以外のクレカの支払い、引き落としのための資金でも良いのですが、とにかくこの状態が毎月継続している場合は危険です。そこで、あまり請求がしつこくないところの延滞をしている。そんな状態では、キャッシングの審査は通らないでしょう。

大手消費者金融は絶対にNG

大手消費者金融ではキャッシングだけではなく、クレカ情報、カード会社、各種ローンの支払い状況もくまなく審査をします。

確認するのはキャッシングだけではないの?大手消費者金融では、国内にある3つの個人信用情報機関のすべての情報を網羅しています。ですから、延滞者は徹底的にコンピュータースコアリングシステムで審査落ちになります。

もっと言えば、致命的なブラックリストです。同じく銀行カードローンの審査も通らないことになります。

延滞している状態で中小消費者金融に行く

甘い審査とされる中小消費者金融ですが、個人信用情報機関にキャッシングの部門だけ加盟していることがあります。正規の金融会社ですが、キャッシングに関しての借入返済状況だけの確認です。クレカのショッピング枠の延滞をしているだけということですが、果たして審査はどうなのでしょう?

実は、この場合の絶対的審査落ちの報告がありません。この言い方では借りれる可能性を秘めていますが、まれに信用情報で加盟していない部分をスルーする中小消費者金融があります。

そこがどこ?というのは不明ですが、特に甘いとされる中小消費者金融では、とりあえず総量規制範囲内で、キャッシングの金融ブラックがないことを理由に借入ができることがあります。

中小消費者金融の意図

要するに他社の返済ができないとしても、うちの返済の完済ができれば良いという考え方の審査です。

信用情報的には、金融会社によってどう解釈するかは自由です。延滞者でも借りれるとしたら、こうした対応が期待できる中小消費者金融の場合でしょう。ただし、キャッシング延滞者では可能性がなく、クレジットカードのショッピング、各種ローンの支払いの延滞者の場合です。

気がついていてもスルー?

その可能性が高いですが、貸しても良いけれど、完済ができるよね?そんな審査です。安定収入や過去の信用情報も関係しますが、中小消費者金融では、延滞者でもお金借りたい可能性がゼロではありませんが、100%はありえません。

延滞者の魂胆は見破られている

延滞している方の多くが、その支払いのためにキャッシングしたいと思っています。

金融会社では、延滞者の申し込みではその意図がわかっています。だから貸さないのです。延滞している部分の返済をして、今度の新たな返済はどうするの?ということです。

金融ブラックの内容

甘い審査の中小消費者金融では、ブラックリストでも借りれる事から金融ブラックのキャッシングとも言われています。それは、3社程度の多重債務者で大手消費者金融の審査落ち、自己破産をして2年程度。任意整理中だけど、総量規制に余裕がある方などです。

この借りれるブラックリストの中に、延滞遅滞者の金融事故はありません。よって、延滞者が借りたいと来ても、簡単に貸すことができません。自転車操業状態も遅滞も延滞もしていないで申し込むのは大丈夫です。

つい多重債務になってしまうのはこうした事ですが、すべて遅滞なく返済が順調に行っていたら、それはそれで信用情報には無関係です。このまま行くと危険信号ですが、そしていよいよ延滞してしまい、まだ借りたいという希望です。

多重債務の件数、遅滞、延滞などでは、それぞれの金融会社で審査基準が違います。延滞はどこも借入ができないでしょう。

返済能力ゼロ

中小消費者金融では、大手消費者金融審査落ちでも借りれる人は返済能力があるからです。総量規制範囲内であり、毎月の収入から他社返済もこれから借りる数万円もなんとか完済ができると見込まれる事が必要です。

そのときに延滞をしているのであれば、「今まで返せていないので、あなたは信用ができない」。これが審査落ちの理由です。だから、延滞している部分だけを借りて、延滞は完済した上で、ゆっくり返すので貸してほしい。延滞者の本音ですが、そんなに審査は甘くないでしょう。

とにかく延滞は回避

延滞者は、中小消費者金融の甘い審査でも邪魔者です。

返せないのに借りたいとはどういう事?そんな事を言われることがあります。お宅、この借入で延滞の返済をしたいだけでしょう。その後どうやって返すつもりなの?延滞者のキャッシング希望の審査ではこんな感じで進みます。

ちょっと都合良いと思わない?そんなことを言われる事がありますが、冷静に考えると、延滞している方が返すからと言い張ったとしても信用されない事は仕方のないことでしょう。手の内がバレている以上、延滞者でも甘い審査で借りれると思わないことで、高い確率の審査落ちが考えられます。

延滞滞納は最悪

ブラックリストでも借りれる中小消費者金融では、延滞遅滞であれば、すぐに却下されることが多いです。それは返せない事が露呈している事であり、借りられないのは常識範囲内です。

延滞中のまとめローンができる人

他社延滞中でキャッシング申し込みしたときに、脈ありの中小消費者金融があると言います。

普通はその場で審査落ち

他社延滞ということは、信用情報では金融事故者になっています。多重債務+延滞です。返済をしていない状態で借り入れしたいというのは、お金がないから返せない。お金がないけれど、まだ借りたいです。

何か解決法はありませんか?と知りたいのも本音ですが、甘い審査の中小消費者金融や街金から意外な言葉があれば借入ができるかもしれません。それが、今回だけ延滞をしているのですか?

この質問は肝心

たいてい少額の延滞の配慮ですが、債務が少なければうちでまとめローンとして返済していくことができると言います。

2万円の延滞金があるとして、今回は1万円だけ借りたいとします。他に返済しなければならない3万円があります。要するに5万円のまとめローンとして、債務をすべて完済して、うちで返済して下さいという内容です。

この程度の延滞中ならない話しであり、中小消費者金融のまとめローンで延滞も借りたいお金も解決が付きます。

良い話しだけど注意が必要

それが、絶対に完済しなければならないということです。

金融会社としては、延滞中の段階で要注意人物です。まとめローンとして提案ができるのは、安定収入、正社員などの属性。今までは金融事故はなく、今回の延滞理由が納得することです。ボーナス直前だったり、延滞してしまったのが、よほどの理由で普通なら返せる余裕があることをきちんと説明することができる人の場合です。

よほど理解のある中小消費者金融でなければならないのですが、可能性としては、一からの説明をしてみて下さい。

延滞理由について

事故によるもので、入院をしていた。返済できるお金はあるけれど、たまたま支払いが遅れた。保険金が○○日に出るのでそれまでお借りしたい。

医療関係では審査が柔軟になることがありますが、完済見込みがある上の話しです。前に利用していた中小消費者金融などで信用がある場合は話しやすいでしょう。

保証はない

なんと言っても延滞中というのは、不確かな信用情報です。どうして返済ができなかったかなどの理由が必要です。まとめローンの提案は、勤続年数が長い正社員の場合のみで、信用できる企業が勤務先の場合です。

ここで遅滞延滞は厳禁

当然ですが、貸金業法のタブーを押して貸してくれました。本来なら極悪金融事故者で相手にされない人です。そこで、絶対に返済ができる金額である。遅滞した途端に激しい取り立てが待っていますので、ここは覚悟して下さい。

返済滞納者の選択は間違ってはならない

ここで延滞中でも借りれたという口コミや情報があります。本当に借りれた場合もありますが、大方嘘情報です。

そこは消費者金融ではなかった

ズバリ闇金です。審査がない闇金であれば、延滞中の事実もばれません。何も言わなくても金に困っているので貸してほしいと言えば良いだけです。

上記で借りれたというサイトに行くと、個人情報を聞かれた上に、いくらほしいの?5万円?では、利息が週30%です。1週間に65,000円の返済になります。必ず返済前に電話を下さいね。返せないときには、30%の延滞金が付きます。返済が遅れたときには、勤務先と実家にも電話しますから。というような感じです。

闇金でなくソフト闇金の場合もありますが、消費者金融以外から借りれたというのは、この手の金融業者です。

審査がないのは本当?

闇金に審査がないのは本当です。消費者金融などは個人信用情報機関の内容を確認しますが、登録業者以外では確認ができません。ですから、適当に延滞もバレる事がないのも本当です。

ですが、上記の利息でわかるように、法律範囲内の金利設定ではありませんので、キャッシングとしては話しにならないです。自ら申し込みをしたのですから、仕方ないことですが、闇金やソフト闇金からの借入はしない事です。

信用情報の確認をする消費者金融では、延滞中の申し込みはすべて却下です。この口コミも闇金の誘いということになります。

騙されやすいから気をつけて

単なるブラックリストであれば、中小消費者金融でも借入ができるのは本当です。借入件数が多い、債務整理から1年程度であれば、総量規制範囲内の少額融資が可能性があります。

延滞と遅滞は厳しい審査になるのは、1度あることは2度あるということ。延滞も中小消費者金融にしてみれば良い取り立て要因になりますが、返済しないことには経営も響きます。

多くの中小消費者金融では、取り立ては闇金化した輩がでてきますが、できればそんな取引はしたくないようです。特に、最近審査が厳しくなってきた中小消費者金融では、延滞中のキャッシングはまとめローンもしないようです。

ですから、この金融業者で借りれたという口コミ情報は100%闇金の可能性があり、その後の行動は信じられないほど、人生をかき乱すことになります。

延滞中のキャッシング成功の記事は信用しないことです。普通は借入ができないので、相談だけなら良いですが、ほぼNGになることは覚悟の上です。返済できますからなんて言ったとしても、今返していないでしょうと言われたとしたら、図星です。何も言い返せないと思うのですが。何か効果的な言い訳でもありますか?

延滞中のキャッシングは無理、債務整理して

延滞中の方が行うのは債務整理だけです。これは断言ができます。

延滞中と言っても

返済の目処があるのなら、即解決して下さい。遅延損害金を添えて返済したら良いだけです。延滞の金融事故があるときには、新規キャッシングは返済リスクが高いとして審査落ちにします。

ホームページでもはっきりと記載がありますが、金融ブラックとしては、延滞中の受け付けはしないものでしょう。信用情報が他社のトラブルが抱えていると分かると、大手消費者金融ではもちろんですが、中小消費者金融も危険なキャッシングはさせない対応です。

債務整理ができない?

それはしたくない、職業上できない。家族に内緒の借金ではできないらしいと思っている方も多いです。

すべて、延滞中の方のセリフではありません。どんなブラックリストにしても、大手消費者金融の審査落ちの金融事故そのものは解決しなければならないことです。その中で、延滞中が1番罪が重いと知りましょう。その上で貸してくれるとしたら、闇金しかありません。

返済滞納者の解決で、その分の返済が不可能なら、この方法です。信用情報の回復としては、債務整理ですべての返済トラブルを解決しましたというものです。自発的な債務整理も良いのですが、できれば弁護士費用などに相談した方が良いでしょう。

相談した方が良い理由

債務の状況から、延滞だけが悪い借金ではないこともわかります。多重債務も件数が多いとか、金融会社の審査に通らない状態では、延滞解決では済まない事もあります。

弁護士では、このあたりの債務状況を確認して最適な債務整理の提案します。延滞中の解決だけではなく、債務全体の改善をしていくことが必要です。

延滞中で分かるブラックリストの状態

それまでのブラックリストでは中小消費者金融も借入ができてなんとなく意識がありません。しかし、延滞中の最悪の信用情報では、改めて、この審査の難しさを感じられることでしょう。やっと債務整理ができる。そう思ってくれたら良いのですが。

ただし、中小消費者金融の債務整理はなかなか困難であり、弁護士に全面的に依頼した方が良いでしょう。しかも、経験豊富な弁護士などが良いでしょう。

大手消費者金融で延滞してしまったら

ここでの債務整理が妥当です。無理して中小消費者金融の借入してしまってからの債務整理はとても大変なことになります。借入額が少ないとしても、延滞してしまったらさっさと債務整理をしましょう。

知ってました?中小消費者金融は債務整理者でも借りれます。延滞中のブラックリストよりもずっと高待遇なのでオススメです。