借りすぎ状態ではどこからも借りれない

現在、大手消費者金融、銀行カードローンの借入がある方で、次のキャッシングを考えている方もいます。多重債務者だったり、総量規制に近い借入があるときには、各金融会社の審査は厳しいでしょう。

消費者金融の限度額

消費者金融では、総量規制が限度額になっています。これは1社だけではなく、多重債務は合算した数字です。総量規制は年収3分の一となっていますが、それぞれの収入に合わせた限度額になります。

高い収入なら総量規制も高いですが、パートやアルバイトでは100万円程度でも総量規制30万円程度でキャッシングができます。カードローン審査では、限度額の部分は総量規制重視です。

甘い審査と言われる中小消費者金融では?

大手消費者金融や銀行カードローンで借入ができないときには、中小消費者金融の甘い審査でなんとか借りたい方も多いです。

このときに考えるのが、銀行カードローンは総量規制対象外なので、大手消費者金融の多重債務で総量規制範囲で余裕がある。その数万円の借入したい部分です。大手消費者金融では多重債務もありますが、銀行カードローンの借入も総量規制以外ですが、審査では加味されることになります。

こうした個人信用情報的に多重債務、総量規制範囲内ですが多い借入があるときには、中小消費者金融にすがりたいところです。

審査落ちになってしまう事も

中小消費者金融では甘い審査ですが、さすがに借入が多いことで審査に落ちることになります。

総量規制範囲内は借りれると言いますが、銀行カードローンの借入が多い、住宅ローンやクレジットカードの返済がある。返済リスクを審査しますので、中小消費者金融の甘い審査でも必ず借りれる、総量規制範囲内だから大丈夫ということはありません。

大手消費者金融とは違う審査基準の中小消費者金融の甘い審査です。ブラックリストでも借りれるとの口コミ情報もありますが、実際には借入金、借入件数も関係しますが、その他の借入などがあるときには審査も通らないでしょう。甘い審査だから、なんでも借りれるというものではありません。

中小消費者金融で審査落ちになるのなら、その後の借入はできない中小消費者金融の1つでも審査落ちしてしまった。その時の選択として、自身の借入が多いのなら、他の中小消費者金融も街金も借入が大変でしょう。

この状態のキャッシングは難しいです。ブラックリストでも借りれるというのは、審査に通過した場合であり、どんな人もキャッシングできる情報ではありません。中小消費者金融も街金も審査落ちの報告もあります。

中小消費者金融の甘い審査をうまく利用して?

いつも借入している消費者金融カードローンでは、突然キャッシングができなくなってしまう事があります。それは、金融会社でキャッシングができない信用情報であることがわかっていることです。カードローンが借りれる方は、金融事故がない、返済がきちんとできる申込者である事が必要です。

カードローンの借入ができる条件

大手消費者金融では、総量規制範囲内で3件の多重債務であることが必要なようです。信用情報は金融事故が1つでもあると借入ができません。

金融事故とは、返済していないとか、他の借入をやっている(多重債務はできることもある)、債務整理からそんなに時間が経っていない。そして、急にたくさんの借入をしているだけでも、大手消費者金融カードローンでは審査落ちになります。ATMで利用停止になってしまう事があります。

この対応は、こんなに借りたら返済ができないのではないか?という懸念です。そして、データに基づく審査になりますので、カードローンの審査落ちは本当に簡単です。申込も多重債務も審査落ちもすぐに起きてしまうので、カードローンに関しては、あまり安易な利用はしないことです。

大手消費者金融から借りられない

そうなると、中小消費者金融や街金の借入ができる場合があります。その時に大手消費者金融の審査落ちからだけではなく、3社の多重債務の借入先を中小消費者金融の選択することで、普通に多重債務として借入が可能になります。借りれない、返済できない事実が起こる前の行動として提案します。

多重債務もできる大手消費者金融ですが、多重債務になる時点で、中小消費者金融や街金の申し込みが確実に借りれると言います。ブラックリストにならないと中小消費者金融に行くことがないのですが、実は大手消費者金融と中小消費者金融の多重債務が、審査的にも安定してキャッシングができます。

返済できないは最悪の事態

大手消費者金融、銀行カードローン、中小消費者金融の借入としても返済ができないことは回避しなければならないことです。

どんな金融事故にしても、延滞遅滞そのものは中小消費者金融の甘い審査でもキャッシングができません。それでキャッシング、信用情報上では返済できない事態はつくらないことですが、1度でも返済ができない場合、返済日前に事情を話して下さい。

返済ができない場合、事前連絡した場合は、信用情報の金融事故の情報が多少軽減されることになります。その後のブラックリストとしての申し込み内容が変わります。返済できないままの甘い審査の中小消費者金融も借入ができないので、注意が必要です。

返済できないときには絶対に借りない

中小消費者金融に申し込みするときに、大手消費者金融や銀行カードローンの返済をしていないときがあります。

正直なことを言うと、大手消費者金融の返済分の借入したいからの場合です。返済日前であれば、やばいキャッシング連鎖で自転車操業状態になります。終わりが見えているのなら良いのですが、間違いなく延滞遅滞してしまうパターンです。

少なくとも返済前に借りる

自転車操業状態のキャッシングは完済ができる見込みがあれば、信用情報的にはセーフでしょう。消費者金融であれば、総量規制範囲内は借入ができます。甘い審査の中小消費者金融の選択では4件までの多重債務もできます。

ただ、終わりがあるというのは、大手消費者金融、銀行カードローン、中小消費者金融のどこも返済ができないことです。

個人信用情報では、遅滞の記録がありますが、遅滞が60日以上続くと延滞の記録があります。延滞遅滞があると、中小消費者金融でもキャッシングが不可能になります。返済前に借りたとしても、その後は負債が増えることになります。

大手消費者金融の返済をしたとしても、それが借金の返済ですから、何も返済したことにはならないでしょう。実際に多重債務になる方は、こうした自転車操業状態になる事が予想されます。返済もできない、自転車操業状態の終焉は、超ブラックリストになってしまうことです。

大手消費者金融の返済が怪しいとき

大手消費者金融返済ができないときに、甘い審査の中小消費者金融の借入ができるきっかけにはなります。

しかし、それをしてしまうと後で苦しくなってしまう。それなら、大手消費者金融審査落ちになった時点で借りないで債務整理をしてしまう事を提案します。債務整理の時期が早まるだけの話しです。

債務整理をするのなら

債務整理では、返済ができないことの理由があれば、債務が減額されることになります。それが、債務整理の意義であり、上記の場合は大手消費者金融の返済が少なくなります。そうすることで、中小消費者金融の申し込みをしなくても良いわけです。

大手消費者金融返済できないときのは、無理して大手消費者金融に行くことで、申し込みブラックになります。中小消費者金融では借入ができるのではないか?と言われています。

総量規制範囲内であれば可能ですが、自転車操業状態であれば、最終的に返済ができなくなってしまいます。ですから、大手消費者金融返済が難しいときに、債務整理をしてしまう事。この返済ができない事態を解決することをオススメします。なかなかできないこと(債務整理は面倒)ですが、この方法が最善です。

ブラックリストにはなりますが、返済金額が少ない方が後のキャッシング審査には有利になります。返済できないと逃げている方が最悪なことです。

審査基準が甘くても延滞遅滞はNG

金融会社では必ず審査をします。審査基準が色々ですが、大手消費者金融や銀行カードローンは厳しいのですが、中小消費者金融は甘いとされています。

カードローン審査ではブラックリストではキャッシングができないと言います。金融業者では、独自の審査基準を持っています。申込者の内容と信用情報が審査の情報です。

申込内容で借りられない

無職です。無収入でのキャッシングの申し込みでは絶対に審査通過ができないです。それは、返済ができないと判断をします。

収入がないけれど返済しますといったとしても信用がありません。収入は返済のときに必要とされるものですから、来月も再来月も存在していることが必要です。せめて、申し込みの時点での収入がこれだけある証明が必要です。

大手消費者金融などでは、50万円以下では収入証明書は必要ありません。ただ、中小消費者金融では1万円のキャッシングでも必ず必要です。この収入がない方はお金がどこからも借りれないことになります。

信用情報で借りれない

信用情報とは、普段の生活で借入と返済の記録がすべて記載されたものです。現在3つの個人信用情報機関がありますが、クレジットカード、各種ローン、キャッシングの記録があります。そこで、借りすぎ、返済をしていることを証明されている事を確認します。それで借りれるかどうかが決まります。

大手消費者金融では、1つでもトラブルがあると審査落ちになります。甘い審査の中小消費者金融では、現在返済ができる段階であれば、審査に通る方がいます。これがブラックリストでも借りれるとされる中小消費者金融ですが、実は返済をしていない場合は、審査落ち。甘い審査だとしても返済ができない申込者では、すぐに審査に通らないようです。

審査に通らない

その時、中小消費者金融の特徴として、甘い審査がそれぞれの段階があります。少し甘い審査、極甘審査等の違いがありますので、1つの中小消費者金融審査落ちだとしても、違う中小消費者金融の借入ができる場合があります。

債務者が返済ができると審査されることで、あちこちの中小消費者金融の申込で探す事ができます。金融業者は、全国に点在していてインターネットでもたくさんの情報があります。

住宅ローン、カード会社は関係ない

キャッシングの信用情報では、各種ローンは無関係です。信用情報だけではなく、借入に関しては、キャッシングは別物です。しかし、返済をしていない。住宅ローンも返済をしていないけれど、中小消費者金融の借入したいときには、審査に通らないことになります。

信用情報では、このようなことを確認するため、中小消費者金融の甘い審査でもキャッシングができない場合も多いです。延滞遅滞があるときには、どこもキャッシングができないことになります。

借りれない?返済できない?債務整理しかないでしょう

大手消費者金融カードローンの資金調達方法は一番てっとり早いです。即日融資ができるだけではなく、カードローン審査では、パートやアルバイトでも20歳以上で収入があれば簡単に契約ができます。専業主婦だけは審査対象にもならないです。収入がないからです。

総量規制の事

大手消費者金融カードローンでは、総量規制範囲内の借入ができます。年収3分の一以内が範囲ですが、多重債務では合算になります。

消費者金融だけではなく、クレジットカードのキャッシング枠も含まれますが、銀行カードローンの借入では関係ありません。それでも審査上で、銀行カードローンの借入が多いと影響は出ます。

総量規制対象外の銀行カードローンの借入が極端に多いことで、審査落ちになる場合も多いです。収入があると返済能力があることも審査で判断をします。

多重債務との関係

大手消費者金融では、多重債務も2社程度は総量規制範囲内でできます。ところが、はっきり言ってあまり良い信用情報とは判断されないので、多重債務先としては中小消費者金融等の甘いしなさの金融会社が良いでしょう。

中小消費者金融では4社まで借りれるところが多いです。口コミでもありますが、実際には中小消費者金融は大手消費者金融との審査基準の差をつける事で顧客を集めています。

4社多重債務者

総量規制も借入件数も確認する中小消費者金融の審査ですが、収入証明書の提出が必要です。収入で借入ができるより、他の債務の返済額を合わせて完済できる事が必要です。完済ができる事の判断が、中小消費者金融では必要です。

大手消費者金融カードローン審査にない担当者との直接会話をすることになります。ヒアリングとか申込確認となりますが、立派な審査です。この審査をした上で貸付ができる事ができます。

ブラックリストでもキャッシングができる。返済能力がある方は金融会社の借入が可能です。こうした情報があるため、ブラックリストも申し込みをしてみるのですが、審査落ちもあります。甘い審査であり、信用情報も申込内容も確認します。中小消費者金融でキャッシングができないときには、債務整理が妥当です。

まだ借りたい

中小消費者金融審査落ちで焦って後借入ができる金融会社があると言います。このときに間違ってならないのが、中小消費者金融と言う名のヤミ金が含まれていることです。

情報は垂れ流しですから、自己責任で確認すること。1つでも中小消費者金融の借入ができないと、他の審査も通らないことがあります。

しかし、この中小消費者金融はバンバン貸してくれる。実はそこがヤミ金だったという事実があります。それが、ヤミ金の手法です。中小消費者金融の審査落ちでは、すぐに債務整理をしてしまう事をオススメします。

大手消費者金融カードローン審査で即日融資、それができないときには中小消費者金融の時間のかかる審査です。そして、中小消費者金融の審査落ちでは即債務整理が正しい方法でしょう。