簡易審査の正しい使い方 審査に落ちた時の対処


消費者金融や銀行カードローンでは、申し込みをした方については入念な審査を行います。これはキャッシングだけではなく、住宅ローンなどのローン関係、お買い物などでもその都度確認をします。

カードで買い物をした時に、いきなりこのカードは使えませんと言われたことはないでしょうか?瞬時で確認ができる審査ですが、キャッシングの申し込みのときには、少し時間をかけて審査をします。それでも、スピード審査で30分という消費者金融も少なくないです。

大手消費者金融のホームページなどでは、最初に簡易審査を行うページが多いです。年齢と年収と借入件数などの簡単入力ですが、これだけで一応審査をしてくれます。それだけでわかるのです。

消費者金融では、一応借入条件の年齢や収入などの設定があります。年収は少なくても良いのですが、ゼロではない限り要相談になります。そして、借入件数ですが、2件と入れた時点で審査に落ちてしまう場合があります。

この簡易審査ですが、スムーズにいけば本審査になりますが、この情報だけでは判断しかねますからお電話をくださいと言われる場合があります。

これは審査通過の可能性がありますが、否決の場合はその先の本審査への道は絶たれます。すなわち、審査に落ちるのです。それでも、どうしてもお金を借りたいからと食い下がったとしても絶対に無駄です。否決された時点で引き下がりましょう。

じゃあ、他の大手消費者金融で同じことをしてみようとか、別の数字を入れようという方もいます。全てマイナスの行動です。大手消費者金融のホームページの簡易審査では、その情報が報告されます。ここのパソコンやスマホからの情報、審査落ちですという内容が個人信用情報機関に伝わり、向こう3ヶ月は保管され、そのまま3ヶ月は審査落ちが続くのです。

本当に借りたいと言うときには、1度の審査落ちで簡易審査は絶対にしないことです。そして、次の手を考えてみましょう。ここで、大手消費者金融ではNGになりますから、中小消費者金融や審査の甘い消費者金融に申し込みをしてみてください。

審査内容によっては通らないこともありますが、大手消費者金融よりは通る可能性は高いです。パソコンからの情報ではなく、電話で直接でも良いです。近所の街金や店舗がある場合には訪問などの方法もありますが、この時に大手から中小に切り替えるのが大きなポイントです。

審査が緩いと言うけれど、勤続年数が浅いけれど大丈夫?


お金が必要な時に消費者金融の利用は簡単です。しかし、審査に通らないとなると、困ったことになります。私はブラックではないと宣言できる方もいますが、なんと初キャッシングでの審査が通らない方もいます。信用情報に何があるの?と不思議に思う方も多いですが、案外身近に金融ブラックになってしまうことはあるのです。

それは、携帯電話の通話料や公共料金の延滞です。1回だけは金融事故ではないのですが、毎月遅れていたり何回も繰り返すことで、なんとブラックリストに載ってしまいます。

携帯電話は通話料ではなく、機種代が入っている場合です。機種代はローンですよね?それを返済できない=ブラックということになります。そんなことが原因で、消費者金融の申し込みができないなんて、案外と盲点になっています。

収入があれば良いのですが、勤務年数が少ないのも審査が通らない原因になります。例えば、ヘッドハンティングなどで、年収がとてもアップした会社に勤めたとします。年収が2倍とか高くなったとしても、入ったばかりでは勤務年数が審査基準に達していないことになります。

こんなに高い年収があるのに?それなら低い年収で、勤続年数が高い方が良いというなんとなく腑に落ちないことなのです。この勤続年数に関しては、各消費者金融で様々な対応があります。上記の場合、以前からの年収の上がり方を証明できれば審査が通ることもあったり、独立して個人事業主になった場合は、過去の実績がないから審査落ちなどいろいろです。

大手消費者金融では、だいたい同一の審査基準になっています。ですから、一社の審査落ちになった場合は、他の審査も通らないと思ってください。そこで、中小消費者金融の緩い審査のところの申し込みと勧めたいところですが、勤務年数に関してはなんとも言えないのです。

これが多重債務者などの場合は可能性がありますが、審査が緩いと言っても勤続年数に関しては、中小消費者金融もなかなか厳しいのです。それでも話しは具体的に聞いてくれますし、机上の情報だけではなく返済に納得行く回答が得られれば、中小消費者金融でのキャッシングができるかもしれません。

緩い審査の中には、現在と未来の返済の約束ができる方に対しては寛大な判断をすることが多いからです。ただし、絶対に保証はないのですが、どうしてもお金が必要なときには検討してみてください。

最初から中小消費者金融狙い!


はっきり言って、多重債務者は最初から中小消費者金融の利用がおすすめです。なぜかと言えば、大手消費者金融では多重債務者を嫌がるからです。よって、借入件数が複数ある時点で、審査落ちしてしまいます。

中小消費者金融は多重債務者も対応していますが、返済できる収入があることが最低条件です。それと、総量規制をはみ出さないことです。大手消費者金融では審査に落ちることが目に見えている場合は、わざわざ落ちる体験をしなくても良いのです。

中小消費者金融に関しては、数社が存在しています。国内にはたくさんの消費者金融がありますが、地域性の強いところではホームページもなく街金的な存在です。ただし、全国対応の中小消費者金融は、10社ほど紹介されていて口コミも多いです。

インターネットでWEB完結の申し込みもできますが、必ず電話連絡などがあることが条件です。これは、中小消費者金融がインターネットの情報だけではなく、対話を重視しているからです。また、来店の義務がある消費者金融もあります。こうなると全国対応は難しいことです。

ただ、この中小消費者金融も審査があります。緩いと言っても、落ちてしまう方も少なくありません。収入が少なすぎ、多重債務者であっても、返済できる収入がない。滞納や延滞をしていたり、個人信用情報機関の内容が、とてもお金を貸せる状態ではないと判断されることで、簡単に否決されてしまうことが多いです。そして、中小消費者金融では審査に時間をかけます。

収入がある場合には、必ず在籍確認と言って職場に電話連絡が入るのですが、それがいつなのかがわかりません。きちんと職場での対応ができなければ、この契約はなし。そんなリスクだらけの審査が待っていて、全てOKでなければならないのです。審査が緩いなんて嘘という口コミもありましたが、中小消費者金融にも審査基準の設定が存在していますから、その基準に達していないことでは話しにならないのです。

金融事故に関しては、大手消費者金融では最初からNGです。中小消費者金融では、この金融事故は良いとか、なんとかセーフと言うことがわかれば良いのですが、それは不明です。しかし、口コミなどではブラックなぼくでもお金を貸してくれたという消費者金融もありますので、一応申し込みだけでもと言うのは悪くないと思います。

審査の順番について


消費者金融や銀行カードローンに申し込みをした時、審査をする前にその属性を設定します。属性とは、その方の職業で区分けすることが多いですが、公務員や上場会社などは有利です。そして、この属性で審査に落ちる場合もあります。

はっきりとした境界線として、収入の有無です。消費者金融の場合、無収入は審査落ちですから、専業主婦の申し込みは審査にすら通りません。しかし、銀行カードローンの場合は、専業主婦もOK、無収入ですが、生活していけるだけの配偶者に収入があることが証明になります。

ただし、限度額は少なく20万円から50万円ほどです。専業主婦は消費者金融では審査に落ちる、どうしても借りたい方は銀行カードローンに申し込みをしましょう。

属性がOKだとしても、収入の高さと借入件数などで限度額が決まります。その方の年収の3分の一が総量規制ですが、借入件数があるときには借入金額を差し引いた金額が、借りられるお金になります。300万円の年収の方の総量規制は100万円、すでに30万円の借入がある場合には、今回のこの消費者金融での限度額が70万円になります。

ただし、属性と年収だけではなく、個人信用情報機関の紹介で、過去と現在の借金と返済について調べます。ここで何らかのブラックである場合は、審査に落ちてしまいます。申込者の過去の金融事故は、現在の借入に大きな影響を与えます。そして、現在の金融事故は未来の自分に迷惑をかける事になります。

自身の金融事故においては、身の覚えのないこともあります。確かに、過去に借金はしていたけれど、遅滞も滞納もなかった方もいますが、携帯電話の料金はいつも遅れていたりショッピングで引き落としに失敗したなど、これらのブラックの原因になります。

ただし、これらのことだけがブラックの原因だとすると、ある程度時が過ぎれば審査に通るようになります。ですが、その期間は一定ではなく、いつになるかは不明なのです。ちなみに、債務整理後については最低5年で、長い方で10年間は審査に落ちるとされています。どうしても今必要なお金なのに、という場合でも大手消費者金融などでは一切相手にしてくれないのです。

こんな時どうしたら良い?もう闇金しかないと思っている方もいますが、それは大きな間違いです。とりあえず、お金を借りなければ、今持っている借金の返済ができないのであれば、即債務整理をすることです。そうすることでしばらく借入はできないのですが、滞納と遅滞だけは解消することです。

審査に落ちたら債務整理をしよう


簡単インターネットで即日融資。大手消費者金融ではスピード融資を第一に宣伝しています。お金を借りたい人は今すぐ欲しいのですから、このスビーディさは嬉しいです。消費者金融業者では、どんな申込者でも必ず審査をします。人によって時間のかかり方は違いますが、基準によって可否が決まります。そして、結果はすぐに知ることができます。

この審査ですが、ホームページなどでは簡易審査で知ることができます。年齢と年収と借入件数だけで判断するこの審査は、何か不備があると審査に落ちます。

不備というのは、その消費者金融の審査基準ですが、この3つの情報だけで決まってしまうのです。ここでダメであっても、電話をかけたらどう?という方もいますが、ご相談にくださいという方には具体的なクレジットが出ます。

中小消費者金融の場合は、この審査基準が下がります。金融事故があるブラックであったとしても、お金が借りられるブラックも少なくないと言います。中小のキャッシング会社にしてみれば、ブラックのリスクをある程度の許容範囲としているところもあります。ただし、保証はありませんから、ブラックの方は実際に申し込みをしてみないとわからないのが実情です。

実は、大手消費者金融の審査に落ちた時にホッとした方もいるというのです。多分、自分は多重債務でブラックだと予想していたけれど、審査に落ちて債務整理の決心が付いたというのです。

ブラックリストは債務整理をした方と考えている方もいますが、少なくとも大手消費者金融で審査落ちした時点で何かしらの金融事故を起こしているのです。ですから、その時点ですでにブラックになっていますから、今さら?という感じです。

どこからもお金が借りられないと言う方もいますが、返済ができないのに何を言っている?というのが金融業者の本音です。返済の見通しがない方にお金を貸すことはない、冷静に考えるとそうなのですが、借りられないことからショックな方もいます。

しかし、やはり債務整理の時が来たと考えられるのなら、即刻債務整理をすることをお勧めします。多重債務以外でのブラックの場合、債務整理後数年しか経っていない、滞納をしている、延滞中、遅延が続いているという場合、すぐに解決はできず、借入は無理な話しです。やはり債務整理が妥当です。