どこの金融業者で借りられなかったですか?

キャッシングができない。審査落ちしてしまった時には、どこの金融業者に申込したかによって、その後の対応が変わります。

現在、カードローンの審査基準では銀行が一番厳しいとされています。

銀行カードローンと一口に言っても

銀行カードローンと言えば、ネット銀行が一般的ですが、最近では地銀や信用金庫もそれぞれにカードローンの金融商品を取り扱っています。ネット銀行でも大手銀行もありますが、ヤフー銀行や楽天銀行ではそれぞれ会員になっていることも審査要件になります。

信用金庫カードローンなどは地域限定であり、審査要件も低いとか取引高によっては審査が通りやすいとも言われています。ですから、銀行カードローンでは、会員になっているネット関係の銀行カードローンとか、日常的に使用している地銀や信用金庫カードローンの申込がおすすめです。金融会社ではなく、まずは日の審査基準の違いを確認してみて下さい。

銀行カードローンはダメらしい

その場合、初めて大手消費者金融がおすすめです。銀行カードローンよりは比較的借りやすいと言われています。

銀行では保証会社も関係しますが、大手消費者金融カードローンでは顧客増大の狙いがあります。金融事故がないのなら、大手消費者金融カードローンで即日融資が受けられることになります。審査通過の基本としては、収入があることで20歳以上です。

無職はすべてダメ

銀行カードローンと大手消費者金融カードローンの違いとして、専業主婦の存在があります。銀行カードローンでは、専業主婦の申込ができますが、大手消費者金融カードローンでは収入がない専業主婦の申込そのものができません。ですから、専業主婦は銀行カードローン審査落ちでは、もう借りれるところはないと言えます。

中小消費者金融の配偶者貸付は存在していますが、こちらは配偶者の同意と信用情報が関係して、純粋な専業主婦のキャッシングではありません。

大手消費者金融審査落ち後

甘い審査の中小消費者金融や街金がありますが、ここで債務整理の選択することもあります。まだ返済に余裕があるのなら、中小消費者金融の審査を受けてるのも良いのですが、多重債務者などは債務整理が良い場合が多いです。債務整理者になってからの中小消費者金融の申込ができますので、ここは慎重に選択してみて下さい。

また、借りられないのなら、親族などに借りれるのであれば、そちらもおすすめです。借金には違いないのですが、金融業者から借りれるまでの対応として、強い返済義務がない家族に借りれる方は、無理して申込はしないことです。ブラックリストでも借りれる唯一の場所でしょう。

大手消費者金融審査落ち後の2つの選択

大手消費者金融審査落ち後の選択肢は、中小消費者金融の借入と債務整理です。

中小消費者金融の借入とは?

基本的に甘い審査の消費者金融として知られています。

大手消費者金融と同じ消費者金融会社ですが、ホームページで確認をすると、カードローンではなく、金利も高めになっています。しかし、ここは初めから高い金利だけど、審査が柔軟とされています。大手消費者金融と同じ限度額の総量規制範囲内であるのなら、収入があるのなら、数万円単位でのキャッシングができます。

中小消費者金融の存在をしらない方が多いのは、宣伝をしていないからです。インターネットの情報サイトでは、大手消費者金融で借りられない方が他に借りれるところを探すための情報があります。そこで、中小消費者金融、街金の審査要件があれば確認してみて下さい。

インターネット申込もできますが、近所に中小消費者金融があるのなら、来店審査も可能です。直接担当者との話しになりますが、審査次第ではその場で現金での借入ができる場合もあります。

ただし、審査がありますから審査落ちもあります。大手消費者金融、中小消費者金融も審査落ちの方もいます。

債務整理

大手消費者金融審査落ちのあとに多重債務者であれば、もう借りられないばかりではなく返せない場合もあります。そんな時には、すぐに債務整理を検討することです。大手消費者金融に話しをすると、返済額の調整もできます。

しかし、これは債務整理と同じ金融事故になり、しばらく新規キャッシングができません。各種ローンの申込もできません。その上、債務整理と大きく違うのは、毎月の返済負担は小さいですが、返済期間が長期化することで、より多くの返済をすることになります。

債務整理は返済の減額が目的ですから、どうせ金融事故になってしまうのなら、債務整理の方がお得になります。完済をしたいからと言っても、しばらくはブラックリスト。債務整理と同じで、支払額が多いのなら債務整理がおすすめです。

どちらが良いかは本人次第

中小消費者金融に行って借りたいのであれば、返済が続くことになります。それが出来る余力があるのなら、多重債務者として中小消費者金融に行くことです。審査次第で借りられるのですが、毎月の負担は大きいです。

債務整理に関しては、するかしないかも含めて弁護士などの無料相談をうけることをおすすめします。いまの自分に適した債務整理の選択をすることで、金融事故にはなるのですが、返済額が大きく変わります。

相談したからと債務整理をしなくてはならないことはありませんので、気軽に話しを聞いてみて下さい。

金融事故者も借りれる中小消費者金融について

キャッシングにしても各種ローンにしてもそれぞれの金融会社、銀行では審査基準が違います。住宅ローン審査も金融機関によって審査の差があります。ですから、カードローンなどでもよく確認をしてみると良いでしょう。

金融事故がある方は、最初から銀行、大手消費者金融には行かない。これが常識です。

金融事故者でも借りれる中小消費者金融

このような情報サイトを見かけます。中小消費者金融と言っても、金融機関の仲介業者ではありません。大手消費者金融と同じ消費者金融で、審査基準が甘いだけです。

審査内容としては、大手消費者金融と同じことをします。収入があり20歳以上が基本ですが、信用情報の上でその審査基準に合うのであれば、大手消費者金融審査落ちでも借りれます。借入件数上限も違うこと、債務整理者でも審査対象になります。

中小消費者金融でも借りられない

大手消費者金融でいう借入限度額は年収3分の一の総量規制です。中小消費者金融では、この総量規制と同じです。ですから、借入件数ではOKでも総量規制以上の借入がある方は審査に通らないでしょう。そして、延滞や遅滞だったりしても同じです。

この返していない状態は、キャッシングだけではなく住宅ローンなどの借入すべての情報です。遅滞しているのに中小消費者金融に行っては借りられないことがあります。多くの金融事故者で、この部分での審査落ちの情報が多いです。甘い審査だけど、返済できない人には貸さないということです。

中小消費者金融に行く前に

国内に中小消費者金融や街金と言われる金融業者はとても多いです。ほぼ全国に存在していますが、インターネット申込が出来る、ホームページがあるところでは、必ず情報が存在しています。

ホームページ上の情報以外にも口コミがありますので、必ず確認をしてみて下さい。というのも、中小消費者金融のふりをした闇金業者もとても多いからです。バナーで良い内容だとしても、そこが闇金の可能性がとても高いです。

何しろネームバリューがない中小消費者金融ですから、もし大手消費者金融審査落ちで行くとしたら、リサーチからがおすすめです。

情報サイトはとても多いのですが、借りれる中小消費者金融の名前はあちこちで紹介されています。利用者が多い中小消費者金融では、絶対に闇金行為などをしていない安心感がありますので、是非参考にしてみて下さい。

中小消費者金融で借りれるのは、収入が確実にある方です。専業主婦では配偶者の信用情報でブラックリストではないことが条件で借りれることがあります。しかし、このときには、配偶者の同意が絶対に必要であり、内緒キャッシングはできません。

中小消費者金融で借りられなかった方へ

消費者金融審査落ちでは、大手も中小消費者金融も借りられなかったという方もいます。そのような方は、絶対にまだ借りれるところがあると信じないことです。中小消費者金融でダメなら、今は借りられない状態です。

極甘審査の中小消費者金融

中小消費者金融の甘い審査では、その中での審査基準に大差があります。

例えば、中小消費者金融の中でも大手消費者金融審査落ちでも甘い審査だけど厳しい。または、どこダメな方でも借りれる可能性がある極甘審査の中小消費者金融というような具合です。この辺の情報もありますが、極甘審査では来店などの審査がおすすめだと言います。

現在、中小消費者金融審査落ちでどうにかして借りたいと思っている方は、極甘審査の中小消費者金融の検索をおすすめします。

極甘審査って?

総量規制以上の借入とか、高い金利で利息制限法20%を超えることはありません。たいてい、不動産担保ローンに切り替えとか、総量規制対象外のまとめローンの提案などです。

不動産があれば、担保ローンの切り替えでお金を貸す。まとめローンでは多重債務の分の借入をすることで1つのまとめローンとして、金融事故にはならないということです。

交渉なども必要ですが、中小消費者金融の極甘審査では、闇金とのギリギリのラインでの審査です。その多くが他言は禁止されていて、口コミで公開されることはありません。

実態としては?

収入が安定していることだったり、返済能力が高いと認められることです。特に不動産担保ローンでは、不動産担保がなくては話しにならないのですが、金融会社としては、この契約金利収益が出来ることを期待しています。

まとめローンなどは、返済額が大きくなってしまうのですが、金融事故を免れることができます。持ちつ持たれつの話しが出来ることで、大手消費者金融審査落ちから、中小消費者金融の契約が出来る人もいます。

なかなか口コミがない

こうした審査の口コミがありませんが、極甘審査の中小消費者金融に相談してみるのもありでしょう。闇金出ないことだけを必ず確認した上で、債務整理ができない、したくない。そして、返せる自信がある方にだけおすすめの方法です。

審査の違いを利用したものですが、この場合でも返済負担が大きくなってしまうことだけは覚悟して下さい。20%以上の金利はありませんが、返済期間が長くなると、それが大きな負担になってしまいます。返済シミュレーションを確認の上、極甘審査の契約をすることが必要でしょう。

多重債務者で借りられないのなら債務整理

消費者金融の審査に通らない方は債務整理をしましょう。これは、返済ができない事態になった時には、最初に考えてほしいことです。

審査基準が違う消費者金融は存在していますが、延滞をしてしまうくらいなら、債務整理が妥当です。

債務整理について

消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードの支払いについても、返済ができない時には金融会社に相談ができます。◯◯までに払うと言えば良いのですが、遅延損害金もありますし、信用情報で金融事故が付きます。債務整理も金融事故が付きますが、どちらにしてもブラックリストになってしまうということです。

返済の目処が今月だけと限定的であれば、遅延損害金1回の支払いで何とかしたいというのもあります。キャッシングではなく、銀行住宅ローンなどでは、支払い期日を伸ばすなどの対応が良いでしょう。

しかし、カードローンの借入などでは、債務整理をしてしまう事が良いです。ただし、この債務整理は一生に1回と決めることです。

債務整理の内容

良くわからないときには、弁護士などに借金相談ができます。これは依頼ではなく、確認だけで無料で行っている場合が多いです。

そこで、債務整理を理解した上で、あくまでも減額を前提とした法的手段であることを知って下さい。この債務整理は、返済ができない債務者の権利です。金融業者としても、いたずらに延滞されるのであれば、早期に債務整理をするのなら、大手消費者金融などでは対応が早いです。

ただし、大手消費者金融審査落ちで中小消費者金融に行ったあとは、弁護士などに正式に依頼をすると良いでしょう。ですから、できれば債務整理をするのなら、大手消費者金融審査落ち後がおすすめです。

大手消費者金融や銀行カードローン、クレジットカード会社では毎年多くの債務整理者が存在しています。細かなことはなく、弁護士が行うと対応が良いので早く解決します。

弁護士費用について

弁護士が行う債務整理では費用がかかります。その時に、本来返済すべき金額よりは下になることが多いです。債務整理の目的は順調な経済生活の回復であり、無茶な費用はありません。

ちなみに、自己破産者では50万円程度かかることが多いですが、その方が本来支払う借金が500万円以上だとしたら?弁護士もボランティアではありませんので、商売の一つです。

多重債務者でどこからも借りられない方の最善の選択が債務整理です。多重債務者ではなく、債務整理の必要がない審査落ちに関しては、別の理由があります。その多くが、債務整理者だったり、収入が低いなどです。