消費者金融で借りられない時、誰かに借りる?

消費者金融でお金を借りられない時、人に借りようとする方や絶対に人には頼らない方がいます。

誰かに借りよう

一番楽なのが、親交が深い肉親です。親なり兄弟なり、お金を貸してと簡単に言える関係です。利害関係もない場合、借金先としては良いです。

サラ金なんかに手を出しちゃダメとの忠告も存在します。既に親にも借りてしまって、消費者金融でも審査落ちということになれば、事態は大変です。

友達?

友達にお金を借りると言うのは、審査がないのですが、信頼関係に大きく影響を与えます。約束が守れる借金なら良いです。

◯◯までに返すと事前に約束ができ、実行可能なら友達や知り合いに頼むのもありです。ですが、あまりしないほうが良いです。

僕に借りるくらいなら、キャッシングしたら?と言われる場合があります。冷たいようですが関係維持のためには、この方が良いです。肉親とは違い、他人からお金を借りる行為は良いことではないです。

給与の前借り

これができる会社ならオススメです。前借り行為は自分の働いた分ですから、正確には借金ではないです。

前借りお願いしますと、会社側で了承してくれる場合、肉親より他人より、消費者金融や銀行カードローンより良いです。後でしっかり自分のものになるお金ですから、キャッシングでもないです。

結局、どうする?

他人と消費者金融の場合、キャッシングは信用が存在しています。他人に借りた場合、返済をしないと関係性が壊れるだけです。貸すときには、あなただから貸すという信用を、大きく裏切ることになります。

消費者金融の裏切りは、高い延滞利息の場合です。信用を失墜してしまった始末として、債務整理があります。返済できなくなったので、ここに証明しますという債務整理です。

他人にお金を借りて平謝りで許してもらうイメージですが、最終的には、自分の非をみとめることで勘弁を願うことです。

ということで

消費者金融からお金を借りられない多重債務者は債務整理。他人には借りないことです。借りたとしても、平謝りで関係が壊れるなら、最初から無駄な行為はしないことです。

金融機関も金融業者も信用情報と申込情報の判断で審査に通らないのであれば、他人に対しても返済ができないことでしょう。借りられるところがない、債務整理をする。それでもお金がないときには、役所等で福祉金の相談です。

そして、絶対にしてはならないのが闇金へ行くことです。ここでは、返済不能な人にも貸すことがあり、返済ができないと実家等に取立に行くケースもあります。また、別の問題を起こすことになってしまいます。