無職だからお金が借りられないと言っている人は、少し常識はずれの人に思えてしまいます。働いてない収入0の人にお金を貸す人がいたとして、一体返済能力を何処で判断すれば良いのでしょうか? つまり、お金を稼いでもないのにお金を貸しても、次の返済はどうやって返すのかという事になるでしょう。

これでは大手のカードローンはもちろんですが、銀行も消費者金融もお金を貸してくれる対象にはなりません。更には、審査の甘い街金でさえ、無収入の人にお金を貸してくれることはないでしょう。

無職の人がお金が何処からも借りられないと思うのであれば、それは当然の結果だと受け止めるようにして下さい。無職の人に無条件でお金を貸してくれる業者なんていませんし、友達や家族であっても世間的に見て心証に欠けるものがあるのではないでしょうか?

ブラックだったり借金も無かったりする人のような信用情報に傷がついていない人だったとしても、返済能力が無ければお金は借りれないという事になるのでしょう。キャッシングをしたいのであれば自力で働く他ないですね、無職で楽にお金を借りる方法なんて闇金でも厳しいかもしれませんよ。

審査基準は、大手も中小の貸金業者も『安定した収入』がある人が絶対となりますので、専業主婦でも旦那の収入が無ければお金が借りられない事となります。

とにかく、無職で無収入の人がキャッシングを出来る方法なんてあるわけがありません。無職でお金が借りられないと言っている人は、自らをどうか恥じてください。借金の返済もろくに出来ないような身分で楽にお金を借りようなど、自分の親を悲しませるような真似は決して検討してほしくないものです。

例え、そこまでしてお金を借りても結局無意味なキャッシングとなってしまう事でしょう。また、タチの悪い闇金などを最悪利用すれば後の自分の人生を台無しにもしてしまいますよ。