大手消費者金融カードローンの審査落ちの原因は?

消費者金融カードローン、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングでは、最近はインターネットで簡単に申し込みができます。

大手消費者金融カードローンでは、数時間で即日融資ができる便利さですが、その数時間でもしっかりと審査をします。早い審査ができるのはコンピューターで行うからであり、いい加減な内容ではありません。

審査とは?

申し込みのときの情報と信用情報機関の内容です。申し込みの内容で重視するのは、年齢と年収です。ほとんどの金融業者では、勤務先に在籍確認を行います。また、年収が極端に少ない場合の借入もできません。

消費者金融とクレジットカードのキャッシングでは、年収3分の一が限度額です。この審査のときに、借入があると限度額が減ります。

大手消費者金融やクレジットカード、銀行カードローンの借入はローンカードで限度額の設定になります。その他、延滞や多重債務、債務整理等の個人信用情報の内容で借入の判断をします。

審査基準はそれぞれであり、借入ができない金融事故の有無を確認するのが審査です。申し込み内容と同時に行うのですが、上述したように大手消費者金融などでは、それがコンピューターで行うことでスピード審査が実現します。

借りられない金融事故と借りれる金融事故

原則的に大手消費者金融では借りれる金融事故はありません。延滞と遅滞、返済していないとの情報があるだけで審査落ちです。すでに借入があるときには、今回の申し込みは多重債務になります。

これに関しては、借入額が小さければ審査に通ります。銀行カードローンの借入があるとしても、その額が大きくなければ借りれます。

微妙な審査内容と収入との関係は公開されていません。ですから、同じ収入だとしても借りれる人と借りれない人の区別はあります。

現在だけではなく、数年前の金融事故もチェックされます。債務整理者などは、大手消費者金融では審査落ちになってしまうことがあります。債務整理後は5年以上は信用情報で記録が残っています。

絶対に審査落ちは延滞者

延滞というと数ヶ月の返済をしていない状態ですが、1ヶ月程度でも他社の返済をしていないと審査落ちになります。最も重い金融事故になりますので、多重債務になるときには要注意です。

銀行カードローンの限度額とは別ですが、延滞しているようでは今回は審査落ちになります。携帯電話の機種代金のクレジットなドにも要注意が必要になります。

とにかく、何かの支払いをしていない状態での大手消費者金融の借入ができないということになります。すべての支払いをしている状態であることを確認してから、キャッシングを検討されることをオススメします。

延滞が及ぼす悪影響とは?

消費者金融でも銀行カードローンでも延滞をしてしまうと何かと影響が出ます。

正確には、延滞となるのは61日以上の返済をしていないことですが、30日の遅滞にしても悪影響があります。返済日の数日あとの返済であれば、良心的な金融業者であれば問題はないのですが。

延滞の意味

支払いしていない状態です。金利の他に遅延損害金も発生していて、返済額は多額になっています。一つの罰ですが、同時に個人信用情報機関には金融事故として記録されます。

このときに他の金融業者等に申し込みをしたり、ATMでカードローンをしようとすると、金融事故のせいでキャッシング禁止、申し込みも審査落ちになります。その他、住宅ローン審査、カーローン等のあらゆる信用情報を確認する審査の商品すべての審査落ちという最悪の状態になります。

この延滞の記録は、中小消費者金融でも甘い審査とされる金融業者でも借りれないと言います。

中小消費者金融ではブラック対応として、幅広い信用情報の金融事故の許容しています。大手消費者金融審査落ちでも借りれるとの口コミが多いです。しかし、延滞している記録がある方だけは、中小消費者金融とは言えども借りられない場合が多いと言います。お金を借りるときの最大の敵が延滞になります。

延滞しているけれど、お金を借りたい

消費者金融等の金融業者では絶対に借りられないと言いますが、それでも借りたいと言うときには、いくつか方法があります。ただし、この方法はオススメできる場合とオススメしない場合があります。

オススメは、定期預金や生命保険を持っている方は、そこからの貸付です。これは原資が自分の財産ですから、信用情報は無関係です。貸付ですから金利もあって返済をしなくてはならないのですが、返済しないのであれば解約金が減るだけです。

オススメしないのが、信用情報を問わないキャッシングです。闇金融になりますが、こちらは信用情報の審査がありませんから、全て自己申告でのキャッシングになります。ただ、借入の保証として金利も完済見込みも無く、地獄行きが約束されています。

インターネット上での闇金や個人間融資等では、審査なしが大きなウリ文句であり、延滞している方でも借りれるとされています。借りられそうと思うのは勝手ですが、悲惨なキャッシングであり最終的には人生も狂うことになります。

延滞という記録はお金を借りる上で大変な支障になります。延滞をしているからこそ借りたい気持ちはとてもわかります。ブラックリストであれば、このような状態が多いですが、借りれる事はできないので、債務整理をすることが必要と考えて下さい。中小消費者金融の甘い審査でも、延滞している方には冷たいでしょう。

金融事故が借りられないのは本当?

ブラックリストというのは、個人信用情報機関に金融事故がある方の俗称です。

個人信用情報機関とは?

国内に3つの個人信用情報機関がありますが、キャッシングやクレジットの申し込みのときに、借金と返済の状況が記録されている信用情報です。正規の金融業者、銀行、信販会社等それぞれが加盟している情報が搭載されています。

甘い審査の中小消費者金融でも、正規の金融業者であれば全ての記録があります。携帯電話を分割して買っている方も信用情報に記録があります。過去数年間の記録が網羅されています。

金融業者によっては、3つの個人信用情報機関に加盟している場合もありますし、1つか2つしか加盟していないこともあります。一応情報は共有関係にあります。

金融事故とは?

種類はいろいろですが、借金では多重債務、多く借りすぎている、直近の申し込み情報、審査落ち情報などです。返済では、遅滞をしている、延滞をしている、または一括返済をしているなどです。

携帯電話の通話料金を遅れて支払っている方は、ここでクレジット情報として遅滞となっています。通話で問題がない1ヶ月遅れの支払いですが、信用情報ではしっかりと金融事故になっていて、ブラックリストに入ることもあります。

この金融事故に関しては、ブラックリストとは俗称であり、審査基準としてはそれぞれの金融業者で違いがあります。この程度の金融業者は大丈夫、そんな許容範囲が広いのが中小消費者金融ということになります。

個人信用情報機関の金融事故でアウトなのが

一番甘い審査とされる中小消費者金融で審査落ちというのが最終的なブラックリストです。金融事故で言うと、延滞です。延滞している記録では既に督促状が来たり、支払督促の電話が入っている状態では店側として返済不能と見ています。

大手消費者金融などでは、最初の電話では◯◯日に返して下さいというような優しい対応です。この時点での返済ができれば、金融事故はありますが延滞ではなく遅滞です。

しかし、督促状が来るときには、すでに延滞になっています。このときの新規キャッシングだったり、まとめローンの申し込みでは、どの消費者金融の借入ができないと考えて良いでしょう。

大手消費者金融ではその他の金融事故もアウト

中小消費者金融のブラック対応の審査で、多重債務者だけど返済能力がある。債務整理したけれど、収入が安定している等の信用情報でやっ借りれるといった状態です。金融事故があっても借りれる中小消費者金融もありますが、口コミで言われている以上に審査は厳しいといわれています。

中には極甘審査で、どんなブラックリストでも借りれるという金融業者もありますが、その殆どが闇金です。そこは金融業者ではありませんので、甘い審査の中小消費者金融に申し込みをしたい方は、必ず情報サイトなどを確認して正規の中小消費者金融に行くようにして下さい。

延滞しているけれど、中小消費者金融なら借りれる?

奨学金の延滞をしているとキャッシングができない?携帯電話の機種代を遅滞しているけれど、借入ができない?お金を借りようと金融業者を検索していると、こんな疑問や質問があります。

難しいかもしれません

借りれるかどうかはわからないでしょう。

奨学金や携帯電話の機種代金の借金では、個人信用情報機関に記録されています。ただし、ともに延滞をしている方でもカードローン申し込みができている報告もあります。

口コミではあまり良い傾向ではないとの注意喚起がありますが、ともに金額が少なく、延滞期間も長くないことで借りれる可能性が高いと見て良いでしょう。

ただし、審査が厳しい大手消費者金融と銀行カードローンは、審査落ちの可能性が高いです。クレジットカードの契約もできないとされています。

借りれるというのは?

甘い審査の中小消費者金融だけです。

中小消費者金融のことは、甘い審査の金融業者とかブラック対応の金融業者等の情報サイトで掲載されているところです。そんな存在を知らない方は、リサーチをした上で申し込みをして下さい。この甘い審査では、キャッシングの延滞ではない場合は審査通過があるかもしれないという程度のことです。

金融会社として、奨学金等の返済は多少目をつぶるとして、カードローンの返済はきちんとしている。今回の申し込みの金額が数万円等の少ない借入である場合、キャッシングができる可能性があるというだけです。絶対に借りれるとの評価はありません。

奨学金の返済は大変だよね?

中小消費者金融の審査では、担当者が直接話をする機会があります。これは審査の過程で必要なことですが、フレンドリーな担当者では雑談もできます。

他社キャッシングでは延滞がない場合、店側としては完済ができそうなキャッシングでは、審査が通る場合があります。このときに収入が安定していて、利用者が自覚を持って完済が確約できることが必要でしょう。過去にキャッシングでの延滞遅滞がないことも条件です。

とにかく、うちのキャッシングはきちんと支払いはできるよね?そんな感じの審査もあるらしいのですが、すでに延滞があることで、絶対に支払いを遅れることは回避しなければならないです。

ここまで良くしてくれるキャッシング

甘い審査では、ブラックリストでも借りれるという許容範囲が広いです。その審査に甘えていい加減な返済は絶対にしないことです。

中小消費者金融は正規の金融会社ですが、取り立ての口コミではとても厳しいとの内容が多いです。取り立ての部分だけは闇金融ではないか?とも取れることもありますが、ブラックリストなのに貸してやっているという自負もあります。

確かに、回収リスクがあるのに貸しているのに、約束通りの返済ができないときの仕返しは仕方ないと見る方もいます。法律違反ではないのですが、ラインギリギリの取り立ては厳しいです。

延滞より債務整理が良い理由

どんな事があっても、お金を借りるときには延滞することはしないようにしましょう。延滞とは、返済をしないことです。

返済ができないときはどうするの?

最初に消費者金融などに連絡をします。できれば、返済日前に返済ができないことを伝えましょう。

その時に、今回だけができないか、これからも返済ができないかの確認があります。今回だけの場合は、いつに返済ができるか。その日の約束をして完了です。そして、返済ができない場合は、契約内容の見直しなどをします。

この対策をすると、あなたは延滞者になることはありません。ただ、個人信用情報機関の内容として契約の書き換えであり、金融事故としてこれから他社の借入などができないブラックリストになってしまいます。

もう一つの方法

上記の方法では、利用者は今まで以上の金利が高くなります。書き換えでの手数料もありますが、返済負担を小さくすることで返済期間が長期化すると、総返済額が大きくなってしまいます。

そして、これからも返済が困難なときには、債務整理をしましょう。任意整理などで、1つの借金でも減額ができます。大きな借金だけの任意整理で、将来の金利返済がなくなれば、延滞する返済ができるのであれば、これからの他の借金は問題ありません。

または、自己破産などで借金ゼロの方法もあります。延滞してしまうより、債務整理者の方が金融事故としては軽い罪です。

中小消費者金融の審査

延滞者はずっと借入ができないのですが、債務整理者では中小消費者金融では甘い審査でキャッシングができます。この違いだけでも延滞より債務整理が良いことがわかります。

金融事故には違いないのですが、債務整理で返済負担が小さくなり、法律に則った内容をすることで甘い審査でキャッシングができます。延滞は逃げの姿勢ですが、債務整理者は解決に積極的と見られます。

債務整理については、弁護士や司法書士などに先ず相談されることをオススメします。その上で、いまの自分に合う債務整理を正しく選択することと、自己破産ではなく、任意整理程度の債務整理で解決する借金なら、解決までも早いです。

中小消費者金融の審査にしても、任意整理中でも借りれるところがあり、柔軟なキャッシングが期待できます。延滞と債務整理では雲泥の差があります。

債務整理は大したことではない

債務整理と聞くと、ブラックリストとしてなんとなく否定的です。

しかし返済しないで、督促状を受け取るくらいなら、さっさと自身の借金で解決する意思こそ大切です延滞は大きな罪であり、債務整理は小さな罪です。これは個人信用情報機関上の記録でも大差があることです。

返済もしないで督促状が来てもすべて無視。取り立て対応しないと裁判所からの呼び出しがありますが、これにも対応しないと、給与の差し押さえなどがあります。これは強制返済であり、元金、金利、遅延損害金が加わったお金が給与から差し引かれます。

そんなことになる前の債務整理がオススメです。大したことがないというのは、法的に借金を減額ができる債務者にとっては最高の手段です。延滞してしまうくらいなら、これを行使しない手はないと思われるのですが。