審査って何?審査落ちはどうして起こる

キャッシングをするには、審査に通ることが条件です。

カードローンの審査内容は、金融業者によって違います。その時のポイントが個人信用情報機関ですが、自分の借金に関する情報が正確に記されています。

消費者金融の審査って何をする?

金融業者に申し込みをする時に記入するのは、今の自分の状況です。何歳で、年収はいくら、他社借入件数は何件という情報のみです。これは、銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融などでもだいたい同じです。

その時に、未成年者やそれぞれの金融会社の上限の年齢であれば審査落ちです。信用情報機関に行く前に結果はでてしまいます。

その後がいよいよ個人信用情報機関に入ります。

消費者金融が確認したいのは金融事故

金融事故はブラックリストとも言いますが、今の状態はわかったけれど、借金生活において健全な返済をしているかの確認です。

また、借入件数が申告とあっているか、虚偽の情報の有無も確かめます。金融事故は、多重債務、延滞、債務整理経験などです。それの有無、あったとしたらどの程度ものなのかを審査します。

金融事故は個人信用情報機関上では異動情報と呼ばれていて、大手消費者金融と銀行カードローンでは一つでもあると審査落ち、中小消費者金融では審査の甘さによって信用度が変わります。

消費者金融で審査落ちをするということは

このように、申し込みと個人信用情報機関の内容で審査が通るかどうかが決まります。

特に銀行系カードローンの審査は厳しいとされています。これは、消費者金融のカードローンよりも低金利で利用限度額が大きいこともありますが、後発の銀行系カードローンは、より信用の高いカードローンとされているからです。銀行はそう簡単に審査通過しないとされています。

大手消費者金融では、ブラックリストは基本的に審査に通りません。自分では自覚がないとしても、消費者金融は総量規制と言って、利用限度額が年収3分の一と決まっています。

少なくともこの範囲を越えることは不可能ですが、大手消費者金融では、多重債務者も審査落ちになります。きちんと表記はないのですが、3社以上の多重債務はなかなか審査が通らないなど、厳しい内容です。

中小消費者金融は審査が甘い金融業者ですが、金融事故があってもキャッシングができます。ブラック対応とか、自己破産後の契約ができるなど口コミも多いですが、取引情報などでも他社お断りされた方も相談して下さいとあります。

審査の違いでというと、銀行カードローンと雲泥の差ですが、消費者金融ですから総量規制範囲内であれば審査に通ることは大原則です。

消費者金融はそれぞれの審査基準が違う

どの審査に落ちるかで、次の行動が決まりますが、個人信用情報機関に関しては簡単に変えることができません。ただし、申し込み情報に関しては、年収が上がれば総量規制も上がりますし、信用も大きくなります。

B銀行カードローン審査などでは、正社員や公務員など安定した職業が審査落ちしにくいとの情報もあります。申し込む前の口コミ情報はしっかりチェックしてみて下さい。

多分、審査は厳しいと思われる方は、中小消費者金融に申し込みすると良いでしょう。

銀行カードローン審査は甘いって本当?

例えば三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローンは、ワイドな限度額が人気です。

審査スピードも早く、即日融資は当然。パートやアルバイト、専業主婦も持つことができるカードローンです。その他大手の銀行、ネット銀行などのカードローンも人気です。

銀行系カードローンは審査落ちしやすい?

社会的ステイタスが高いとされる銀行の融資は、審査は厳しいです。ただ、消費者金融とは違って総量規制がないことから、年収に対する返済比率が高くなりがちです。完済している客に対して事故記録が些細なものなら、キャッシングの機会を与えます。

それって審査違反?と思われるかもしれませんが、一度審査に通れば案外とザル状態というのが、銀行カードローンの正体です。

銀行カードローンと同じ様に中小消費者金融も追加融資可能?

これは、上客扱いをされることですが、追加融資が簡単にすることができるのも銀行カードローンです。

追加融資と言えば、中小消費者金融なども同じですが、銀行の場合は、利用限度額が決まっていない事から、エンドレスキャッシングも可能にしました。見込まれたら嬉しいのですが、調子に乗って契約を続ける、カードローンの利用が増えることで、ある日審査落ちになります。

総量規制で突然やってくるイエローカード

限度額が迫り、増資する。それでも、限度額が近づくと借りるのが難しくなり、いきなりの借り入れ禁止になります。事故記録がつくのです。

定期的に個人信用情報機関の内容を確認している、取引情報も見ていることで、ある時オーバーローンであることがわかります。年収に対する借り入れ金額が多いことで、レッドカードになります。気がつくのが遅い、審査が厳しい割にはのんびりしているというのが本音です。

消費者金融の審査は本当に厳しいの?

銀行カードローン審査は一度通れば良いのです。

正社員で年収がしっかりしていて、申込情報で多重債務でないことが最低条件です。ブラックではない信用情報であれば、よほどのことがない限り審査に通ります。

カードローン会社として厳しいと言うのは正社員、勤続年数の部分で、その他は案外とスルーです。

最近銀行系カードローンの債務整理者が多い

こうしたことが言われているのは、実際に返済ができなくなってしまい、自己破産者が銀行系カードローン利用者に圧倒的に多いからです。一度の審査通過で簡単に借りれる、正社員で申し込みすぐに退職した、そうしたら返済できなくなったという方もいます。

低金利とは消費者金融と比較した時の場合で、10%以上の金利は、借り入れ額がかさむと相当なものです。

営業成績を上げるためにはしかたがなかった

これは銀行カードローン審査担当者の話です。保証会社の保証をなんとか受け、1枚でも多くのカードローンをさばいていたといいます。

金融事故そのものがない場合、審査に通りやすいです。カードローンの契約数が、ゼロ金利の今の時代は、銀行にとっては頼みの綱。こんな裏事情があったとは、審査は甘くなっていて、債務整理者が多いということです。

ただし、正社員限定、ブラックは最初から審査落ちです。

大手消費者金融での審査落ちの理由はいろいろ

キャッシングでスタンダードなのが、大手消費者金融各社です。テレビでおなじみの金融業者が全国に支店をおいていますが、最近はスマホで簡単カードローン申込です。もちろん、店頭、無人契約機などでの申し込みも簡単です。

利用限度額は総量規制で決まっている

消費者金融の限度額は年収3分の一と決まっています。原則多重債務も対応していますが、必ず限度額範囲内での借り入れしかできません。

カードローン会社の審査基準はほとんど同じ程度で、極端な違いは見られません。ですから、1つの大手消費者金融の審査落ちがあると、他社の申し込みをしても借り入れができないことが多いです。

ありがちな審査落ち 申し込みブラック

申し込みブラックとは、数社か同じ大手消費者金融に何度も申し込みをしてしまうことです。

申し込みそのものが審査落ちの原因になるのですが、これが申し込みにいようの間違いで起こることが多いです。他社借入件数の間違い、総量規制範囲を越えているのに、それを忘れた申し込みなどで、「今は借りれない」のに申し込みを続けてしまう場合があります。

1回でも返済をしたのなら、審査に通る場合の申し込みブラックは、するだけ損です。個人信用情報機関に事故記録として半年間もブラックになってしまいます。

2社は良いけれど、3社はタブー

これは多重債務の数ですが、大手消費者金融では2社で留めておくことが理想です。3社目での審査落ちになるケースが多いです。

この時、総量規制範囲は余っているけれど、多重債務の数だけが問題になります。このケースも、少し待つか審査の甘い中小消費者金融に行くことで解決することです。取引情報の確認と総量規制範囲内を確認して、現在既に2社の多重債務者は大手消費者金融の申し込みはしないことです。

クレジットカードのキャッシング枠の問題

カードローンの総量規制は、クレジットカードのキャッシング枠も範囲に入ります。ですから、ついそのことを忘れて、総量規制範囲を越えてしまう方もいます。

クレジットカードと消費者金融のキャッシングは別と考えている方は危険です。キャッシング枠だけは同じ総量規制で、ショッピング枠だけが別計算になります。

このクレジットカードのキャッシング枠は、審査落ちの盲点とされていますから注意が必要です。

専業主婦は大手消費者金融は審査対象ではない

これは、収入がないと審査を受けられないことが審査落ちの理由です。

大手消費者金融は無職や専業主婦、年金生活者等は申し込みができません。ローンカードをどうしても持ちたい専業主婦は、銀行カードローンか中小消費者金融の配偶者貸付制度を利用するしか方法はないです。無利息期間などがあると、つい申し込みをしたくなります。

ただし、パートやアルバイト等の収入がある主婦はキャッシング対象になります。勤務先の在籍確認が取れることで、主婦のキャッシングも大手消費者金融で可能になります。

中小消費者金融で審査落ちするのは深刻な事態

一般に審査が甘いとされる中小消費者金融でも審査落ちはあります。個人情報で金融事故記録があるブラックリストも借りれる中小消費者金融ですが、申込記録等の審査基準も注意が必要です。

大手消費者金融審査落ちの利用者は多い

大手消費者金融審査落ちの方で、審査基準が甘い中小消費者金融での借入をしている方は多いです。多重債務も多く借入件数ができますし、最近ではローンカードがある中小消費者金融もあります。総量規制範囲内であれば振込キャッシングができるとあって、プロミス審査落ち中小消費者金融等の方の口コミも多いです。

中小消費者金融も信用情報を確認、ブラックリストでも審査はしますが、個人情報で無収入や返済能力に欠けると判断されると審査に落ちます。

中小消費者金融で審査に落ちる要件

収入が少ないと、総量規制範囲内での多重債務者は審査は難しいです。元金だけの総量規制範囲ですが、当然毎回金利も計算されます。

その収入なら中小消費者金融での借入の返済はできないのではないか。B銀行、C銀行カードローンもっている。クレジット情報も異動情報があるという、何重ものブラック要件があると、いくら審査に甘いといっても限界があります。

ブラックでも借りられるのは本当ですが、正確に言うと、借りられるブラックリストの方もいると行った表現です。ブラックリストのための金融業者ではなく、たまたまブラックリストの借入も有効ということです。

延滞と自転車操業

もう十分な多重債務者は、ここで数万円の借入をして大手消費者金融の返済をしようと考えている方もいます。

しかし、自転車操業的なキャッシングは、あとが続かないです。最初の数回で限度がやって来ますが、いつしか延滞の危機が訪れます。この延滞している状態での中小消費者金融の申し込みは即審査落ちです。

または、来月延滞しそうな自転車操業的な借入は、個人信用情報機関の内容で確認されています。債務整理等をおこしてほしくない中小消費者金融では、危険人物として、審査落ちにする場合があります。

大手消費者金融とは違い、今のままでは審査に通りませんと理由を教えてくれるところもあります。詳細な内容ではなく、このままではどこも貸してれないという審査担当者がいたとしたら、従うのが妥当です。

中小消費者金融審査落ちは致命的

ブラックリスト対応の中小消費者金融ですが、ここで審査に通らないことになると、すぐに債務整理をしなくてはならない場合です。総量規制が余っているじゃないかと反論したい場合もありますが、今の状態で収入が劇的に増えないと、返済能力が高くなければあとが詰まるということです。

債務整理で借金をキレイにして、一度リセットすることをおすすめします。闇金や個人間融資等に行かず、弁護士に相談をする良い機会です。

返済能力に難があるから審査に落ちる

絶対に消費者金融の審査に落ちるのは、返済ができない状態と金融業者が認めた方です。大手消費者金融、中小消費者金融のそれぞれの審査基準で、ここでキャッシングの審査通過後は延滞の恐れがあると判断したのなら、審査落ちです。

審査スピードが早まった理由

最近は、即日融資の消費者金融が増えました。個人信用情報機関のデータをコンピューターで解析したのなら、審査基準に照らしてすぐに合否が出ます。

この時、信用情報に異動情報である事故記録がすぐに判明します。人の目ではなく、コンピューターが見つけますから、審査落ちの結果も早いのです。銀行系カードローンも同様で、コンピュータースコアリングシステムは、すぐ個人信用情報の内容を解析します。

中小消費者金融は異動情報も含めた解析になりますが、それでもそのスコアリングが出ることで、ここまでのブラックリストにはキャッシングができないと判断するようです。このコンピュータースコアリングシステムにより、審査落ちのスピード審査も早まりました。

総量規制は絶対的な存在

最近消費者金融の債務整理者が減少しているといいます。それは限度額を総量規制範囲内にすることで、オーバーローンがなくなったからだと言われています。

年収3分の一を越えることがない総量規制は、銀行カードローンの限度額のずっと下です。それを審査の甘い中小消費者金融でも厳守することで、徹底的に限度額管理ができています。どんなに甘い審査もこのラインを守ります。

大手消費者金融では、これに多重債務の数も関係することから、100%以下の総量規制範囲であっても審査落ちにすることが多いです。

中小消費者金融の融資は、最初から小口融資に徹底することで、総量規制範囲内を堅持するなど、そのこだわりは大きいです。総量規制が決められてオーバーローンができないことから、審査落ちの確率も以前より高くなったといえます。

延滞が消費者金融のキャッシングの審査落ちした理由

信用問題で一番大きいとされる延滞は、全ての金融業者での審査落ちの原因です。事故記録としては、申し込み時点で他社の延滞、自社の延滞があれば、申し込みそのものができません。

年収が高くても、総量規制がたくさん余っていたとしても、延滞してしまう方の信用はゼロに急降下です。個人信用情報の異動情報はもちろんですが、中小消費者金融でも最も嫌う金融事故時です。その返済のためのキャッシングなのですが、と債務者にとっては最後の頼みですが、だからこそ審査落ちです。

今返済ができないのに、どうして新しい借金を増やすのか?当然のことですが、何が何でも延滞状態は解消してからの申し込みが、キャッシングの絶対条件です。