こんな時債務整理を考えましょう

消費者金融などでキャッシングの申込みをした時に、借入ができないことがあります。

その時、既にキャッシングやカードローンの利用があるときに多いことです。総量規制と言って、収入に応じた金額しか、借入ができないシステムになっているのが大きな理由です。今、借入をしようというお金がどうしても必要な場合でも諦めるしかないでしょう。

借入総額は年収の3分の一となっていますから、それ以上の借入は信用情報機関で数字を把握しています。貸金業では、この機関と登録をしているため、A社がダメならB社と渡り歩いたとしても、結果は同じです。

しかし、その借入したいお金が他の消費者金融などの返済に回そうと思っている方については、そのまま債務整理をすることをオススメします。今だけと思ったとしても、この自転車操業的なお金の借り方はやがて破綻をしてしまいます。

信用情報機関への照会はキャッシング審査に当たりますが、その審査に落ちてしまうほど限度額の借入がある証拠です。そして、滞納をした場合、そこに事故情報として報告が行きます。もちろん、その先の借入はできなくなってしまいます。それが破綻です。

債務整理は、今の借金返済の減額を目指すものです。その幅は種類によっていろいろですが、債権者への交渉によって自分が返済できる範囲内に押さえることができます。お金を借りられない事態になった時、今の借入を確認した上でこの先自転車操業でしか返済ができないと思った時、債務整理の時期だと思ってください。