審査落ちと時間の話し 債務整理は早いほうが良い

カードローンの審査では、個人信用情報機関の内容が問題になります。多重債務や債務整理等の金融事故があると審査落ちになります。

しかし、数ヶ月経つと、キャッシングができるようになります。

待てば借りられる?

時間が解決することがあります。

キャッシングをしたい時に多重債務である場合は、審査落ちをきっかけに債務整理をすることをオススメします。あるいは、大手消費者金融で借りられないから中小消費者金融で借りたい。この選択も良いでしょう。

審査通過後、全ての多重債務を完済できるのなら、無理して債務整理はすることないでしょう。これ以上の債務が増えると、実は大変という時の新規キャッシングはしないほうが良いです。債務整理をすると、返済義務がなくなるだけではありません。5年程度で再びキャッシングができます。

または、借りないで債務整理もしないで返済を続けることです。審査落ちの時の解決法としては、この2つです。

審査に落ちた事を受け止める

大手消費者金融では、金融事故であることだけが原因です。問題は、ブラック対応の中小消費者金融の審査落ちです。ここで審査に通らないということは、個人信用情報機関の内容だけではないのです。多重債務なら、完済が困難な額になっていることが考えられます。

どうして審査に通らないかをきちんと考えてみましょう。中小消費者金融では、返済能力があるブラックなら借りれるという審査基準です。返済がどうしてもできない場合のみ審査落ちです。よって、今の自分には返済ができないと判断されたことになります。

中小消費者金融には無理して行かない

特に多重債務者に対しては、ブラックでも借りられるからと、暗に中小消費者金融に申込はしないことです。すぐに返済ができなくなってしまうことが予想されるのであれば、無駄な行為となります。

審査に通る可能性が高いとしても、多重債務者で大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない場合は、それ以上の新規キャッシングはしないことが得策です。それでも資金調達が必要なら、債務整理をして来月からの返済額を小さくすることです。

債権者に返済額の調節を言うのも良いですが、債務整理と違って、返済総額は大きくなります。個人信用情報機関で金融事故扱いになるのですから、債務整理の方がメリットは大きいです。完済が大変、そう感じたときの債務整理は早ければ早いほうが良いです。

簡単なことではないのですが、スタートと同時に返済がなくなるだけでも、新規キャッシングの必要はなくなるはずです。そして、5年以上の歳月を減ると、大手消費者金融などで普通の契約ができます。