サラ金でお金を借りる、現代版の消費者金融のことです

現在はサラ金とは言わないのですが、消費者金融のこと、お金を借りられる業者のことを、サラ金ということができます。

サラリーマン金融が語源ですが、会社員でもお金を借りることができる、信用情報だけで担保なし、保証人も不要の気軽な金貸しです。現在は消費者金融でキャッシング、それもカードローンで簡単といったところです。

昔のサラ金と今のサラ金

サラ金に申込して借りれない。昔では無い話です。専業主婦もバンバン借りることができ、気がつけば300万円もの借入があるなんていう話はザラでした。おまけに金利は30%近くかかっていて、返済に必死という状態です。

現在は、まず専業主婦は借入ができません。それは審査体制の確立です。

審査が命

審査落ちという言葉は、その金融機や金融業者では借入ができなかったということです。同等の審査基準では、すべて借りられないのです。

サラ金でお金を借りる時に必要なのは、その方の収入と過去の信用情報です。収入がない専業主婦や高齢者は審査対象にもならないです。信用情報に関しては、過去の返済記録や借入状況から、今は貸せませんという金融事故があれば、断られるのです。

消費者金融になって厳しくなった上に、貸金業法の改正で総量規制ができてしまい、限度額まではっきりと決められています。昔のサラ金は良かったなぁという方も、貸金業法の改正で最大金利20%は歓迎でしょう。そこだけですが。

サラ金解体、そして今

サラ金から消費者金融、貸金業法改正と貸金業界は大きな変遷をしてきました。どれも申込者を守る内容ですが、総量規制で限度額が決まることで審査落ちは急増しています。

審査の甘い街金も、サラ金時代のように暴利な貸し方をすることができず、総量規制は絶対的な存在です。せいぜい銀行系カードローンや大手消費者金融の審査落ちに対して、総量規制範囲内の数万円の貸付を行う程度。それでも助かる方は多いのですが、最近はサラ金落ちた、街金もNGと言う方も少なくないです。

審査落ちのその後

街金の審査落ちは、どこも金融業者からの借入が不可能なことを示しています。

貸金業法の最後の砦の街金の審査に通らなかったのなら、債務整理しか方法はないです。そのまま逃亡も10年間できれば時効になりますが、現実的な話ではないです。

大手消費者金融審査落ちのあとの街金の利用はオススメできます。しかし、街金審査落ち後の行動は、街金との交渉で返済額を低くしてもらうか、債務整理の選択しかないです。

審査落ち、サラ金に行くときには注意をして

事故情報がある個人信用情報では、審査落ちの可能性は大きいです。サラ金では、利用者の個人信用情報を必ず確認します。消費者金融会社では、国内の個人信用情報機関に加盟していて、情報の共有をしています。

申し込みがあれば、必ずどんな内容で借金をしてきたかを確認、これが審査です。そこで、金融事故の扱いは、審査基準の違うサラ金で判断が変わります。

街金の甘い審査

街金と言われる中小消費者金融などでは、ある程度の金融事故でも貸してくれます。で

すから、甘い審査と言われるのですが、数年前に債務整理をしたとか、現在も多重債務者でも審査次第では借りれます。そのブラックでも借りれる点で、サラ金だから暴利になるのでは?という危惧もあります。

大手消費者金融よりは金利は上がりますが、現在のサラ金事情では、金利は20%を上限としています。ですから、街金でね高い金利でも20%を超えることは全くないのです。

サラ金、使用するときには注意が必要

商品をクレジットカードで決済をしても、手数料がかかることがあります。

しかし、キャッシングの場合は大手消費者金融でも17%程度の金利はかかります。昔のサラ金時代のグレイゾーンと比較をすると低金利ですが、返済の時点になると負担は大きく、多重債務者ではその負担の大きさに驚くことがあります。

街金では、総量規制範囲内のキャッシングにすることで、この返済が延滞なく終わることができる方にしか貸出をしていないのは確かです。延滞になり、他社多重債務と共倒れになることは回避したいことです。

申込者としては、どうしてお金がほしいので無謀な申し込みをする方もいます。それではおかしいと審査落ちになってしまう場合は、総量規制以上の借入か多重債務も借入件数が多い場合です。また、無収入での申し込みも即審査落ちです。

サラ金で返済できないときには

現在は、返済不能になった方は債務整理ができます。法律に則った方法で、返済額を小さくする権利の任意整理、自己破産で借金ゼロもできますが、これも事情を汲んだ上のことです。

それでも、サラ金との話し合いが、返済額の負担を小さくして、返済期間の延長も可能です。これも一つの債務整理になるのですが、サラ金側も納得した内容であり、返済が完了したのなら、完済になります。

怖いサラ金だから、むやみに借りない方が良い。そんなことを言われたこともありますが、これは本当かもしれません。つい借りすぎてしまう、金利を忘れてしまうといったことで、いつまのか危ない状態になっていることもあります。

街金でのキャッシング 審査次第では審査落ちもある

お金を借りられるサラ金は、銀行系カードローンとは違います。

現在、以前サラ金と呼ばれている消費者金融の多くは、メガバンクの傘下です。ただし、自行のカードローンとは別枠の内容であり、審査基準等も違います。銀行カードローンよりサラ金の方が歴史は古く、審査の幅も広いです。

サラ金によって審査内容は違う

正確には審査の基準で差があることですが、銀行は厳しいです。銀行とノンバンク系で、フリーローンだけではなく、事業者ローン、不動産担保ローンなどにしても、審査が厳しいのですが、金利は低めです。

消費者金融でも同じですが、借りたい金額が少なければ、大差はないです。少額の借入ですと、銀行カードローンでも14%程度。10%以上の金利は低いとは言えないでしょう。

街金は、最も審査が甘いサラ金ですが、最高の金利は20%です。高いですが、どうしてもお金が必要な方にとっては、この金利でもなんとかしたい方は多いようです。

プロミスやアイフルなどの大手消費者金融で借りられない方でも、街金で借りることができる報告は多いです。最初から審査基準を大幅に下げることで、大手消費者金融審査落ちを対象に商売をしています。

サラ金の申し込み

最近では、電話よりもインターネットが早いです。ホームページがあり、応募フォームから必要事項を入力するだけの簡単な申し込みです。

金融事故については、こんなことをしましたと入力は必要ないです。他社借入件数や債務整理の経験ありの時点で、街金では個人信用情報機関を確認します。そこで内容まで把握されることになります。

インターネットで申し込みをすると、審査に入る前に確認の電話がかかってきて、街金ではプライベートな質問が多いです。もちろん過去の金融事故にも触れることが多いので、正確に回答しましょう。この電話の応対が悪いことで街金審査落ちもあるらしいです。

必ず借りれる保証はない

甘い審査の街金ですが、100%の借りれることはないです。それぞれの事情もありますが、街金としては、完済ができる申込者であることが審査通過の条件です。金融機関ほど厳しいものはないのですが、いい加減な申し込み、返済能力がない方の申し込みでは、最初から相手にされないことが多いです。

金融事故の内容によっても、やっぱりこの金融事故はNGとなることも多いのです。サラ金、借りれないという審査落ちが最近は多いですが、サラ金で借りられない方は債務整理をしたり、しばらくはキャッシングそのものは禁止という状態になるはずです。

はずですと言うのは、街金審査落ち後、闇金で完済のないキャッシングの契約をするかたが増えています。闇金のシステムは、完済させないでいつまでも返済をさせるということです、気をつけてください。

返済できない契約は厳禁

高い金利のサラ金では、サラ金地獄という言葉が出るほど過酷なものでした。最近では消費者金融と名前を変えましたが、利息制限法20%上限と総量規制の存在で限度額の徹底で、消費者金融の自己破産率は減少しています。

一方、審査が厳しいはずの銀行カードローンですが、一度契約ができると銀行側から追加融資の話がきて、気がつけば年収以上の借入になっている。世の中おかしいもので、厳しい銀行系カードローンの自己破産者は右肩上がりです。

銀行の対応

2017年冒頭から、銀行カードローンの内容が変わりました。限度額の引き下げです。それでも、消費者金融の総量規制より多いのです。

キャッシングの機会が増える。銀行カードローンでも金利は10%以上であり、その利息分はそのまま銀行の利益になります。優良利用者への働きかけは増大するのがこの部分の理由があるのです。

サラ金で借りる、銀行カードローンでキャッシング

本質的には全く同じことです。銀行カードローンの方が多少の金利が低い事はありますが、それでも数%の差です。

金融機関としては、サラ金解体で消費者金融になったしばらくしてカードローンを出しました。それまで無担保ローンなどはなかったです。カーローンや住宅ローンのように目的のある借金の対応でしたが、カードローン展開をすることで、新たな収入源になるのです。

ネット銀行の台頭も関係します。サラ金では、店頭でキャッシングではなく、今はインターネットの時代です。カード発行のための無人契約機があれば、店頭以外でもキャッシングができます。申し込みも簡単です。一度も顔を見ずにキャッシングができるようになりました。

何も怖いことはなく行えるWEB完結は、サラ金のような怖い感じはないのです。

完済ができない契約はしない

誰もが完済ができると計画的に申し込みをしますが、少し多めに借りようとか、無理な借り方はしないことです。インターネットの入力だけで、お金を借りる意識が薄い方もいますが、つい簡単借り過ぎで、あっという間に多重債務者や返済不能になってしまう事もあります。

やはり、サラ金は怖いかも?消費者金融になったとしても、そんな危機感が明後日利用することです。自己責任のサラ金利用ですが、極限まで借りないでなんとか対応できないか?そんな模索をして最終的にキャッシングと言うことが良いかもしれません。

簡単に借りれるのですが、返せないことには話にならないのです。絶対に気をつけましょう。

サラ金のキャッシング 今は消費者金融の事

サラ金はない言葉ですが、消費者金融のことです。厳密には銀行カードローンも同類ですが、消費者金融会社とは別物です。

サラ金は、貸金業法で定める消費者金融会社です。現在は大手消費者金融と中小消費者金融・街金などと区別することができます。その違いは審査の内容と金利差です。

金利の甘さと金利の高さ

簡単に借りられる中小消費者金融では、金利は高いです。

大手消費者金融では厳しい審査内容ですが、中小消費者金融よりは金利は低いです。銀行系カードローンはもっと低いですが。

申込者は収入がある成人であり、最近では正社員だけではなく、パートおアルバイトなども消費者金融の利用ができます。これは、貸金業法で総量規制が制定されたことで、その方の年収の3分の一が限度額となっています。

ですから、高い収入と低い収入では限度額が違うのです。これは多重債務でも対応されることになります。あまり収入がない方は、あまり借りれないという結果です。

何かと不便な街金

大手消費者金融は、中小消費者金融や街金と違い、WEB完結のカードローンです。

街金の多くは、一部ではWEB完結もできますが、提出書類が多い。限度額が設定のカードローンではなく、希望額の銀行講口座振込の方法です。そして、サラ金では、店頭での現金手渡しです。

カードローンになるとATMで使えるのですが、振込ですと必要に応じての審査になります。ただ、この不自由さが必要なのです。

中小消費者金融の利用者は、大手消費者金融の審査落ちです。いわばブラックであり、すでに総量規制範囲内も少ししかない方が多いです。もし限度額設定のカードローンであれば、ますます便利に使ってしまう、あと言う間に総量規制を越えた使い方をしてしまう危険性があります。

一部ではカードローンもありますが、ブラックのための不自由さもキャッシングでは一つの抑止力となっています。

昔ながらのサラ金を見た

街金の一部では、金融機関の振込もなく、現金手渡しの所も健在です。必ず会社にきて、対面融資をする。その形は、昔のサラ金そのものです。

中には怖いお兄さんがいたりしますが、暴力的なことは一切ないです。形だけ、店にきてということで、内容としては、フレンドリーな場合が多いですが、緊張はします。

ブラックでも借りられる街金にサラ金のスタイルが残っているといえるでしょう。収入がある方だけ借入の可能性があるのですが、信用情報いかんでは審査落ちもあります。そうなったら、債務整理を本気で考えてください。