専業主婦の債務整理

専業主婦もキャッシングができる時代になりました。ただ、借入可能額は数十万円の所も多いですが、配偶者の所得証明などの書類があれば増額も可能です。

専業主婦にとっての収入はゼロですが、配偶者の総量規制から年収の3分の一までの借入ができます。しかし、ここで注意したいのは、配偶者もキャッシングをしていたりする場合は、借入総額は当然減額されます。

どうしても数十万円では足りないというときには、このような配慮のある消費者金融をご利用ください。この場合、貸金業者としては専業主婦本人ではなく、配偶者に貸し付ける形になります。ですから、配偶者の借入情報にも関係します。

そこで起こる問題として、専業主婦が借りすぎて配偶者もキャッシングができない事態に陥ることです。事前に配偶者に言ってる場合は良いのですが、もし内緒していた場合は、大変なことになってしまいます。

専業主婦の債務整理が急増していると言います。そのほとんどが配偶者に内緒で借入をしたけれど、返済が苦しくなってきたというものです。生活費の足し、ファッション、遊興費など、使用目的は様々ですが、手軽なカードローンなどで借入をした結果です。

配偶者の所得証明で借入をしている場合は、夫にバレる可能性も高いのですが、その前に債務整理をしてしまおうというものです。自己破産や個人再生などは、裁判所を介して行うのですが、任意整理の場合は直接債権者との交渉です。話しがまとまれば、減額ができます。

この場合、返済をゼロにすることは不可能ですが、可能な返済にすることができます。もちろん配偶者にバレることはありません。自分に収入がない、なんとか家計からの返済で乗り越えようとする方も多いですが、借りすぎてしまったり多重債務に陥りそうな場合は、早めの債務整理がオススメです。

一人で不安な方は、弁護士にご相談ください。もちろん内緒で対処してくれることですから、安心してください。審査で借りられないという事態になる前に、債務整理をしたほうが良いと思われます。