借金返済の遅滞も理由の一つになることがある


クレジットカードを作るには、働いていることと返済能力があることが絶対に必要です。まずは、ここが肝心です。

現在、カード生活をしている方はとても多いですが、過去に滞納をしたり、遅滞などのアクシデントを招いた経験がある方もいます。消費者金融などに電話をしたら、快い対応だったのでなんとかセーフて思いたいところですが、これが数回続くと、個人信用情報機関などに報告されます。

1回程度の遅滞は大丈夫とされていますが、多額の融資の申込のときには、このたった一回が金融事故になってしまうこともあります。お金がないのではなく、返済し忘れというのは言い訳であり、正当な理由ではなく、この方は借金返済に遅れる信用のない人ということになります。その時に、自分の信用情報は人ではなくスコアリングとして、マイナスがついてしまいます。

この個人信用情報機関は、金融機関が共有している情報として、キャッシングやローンの申込の時の審査の一つの材料になります。どう判断をするかは各金融機関で判断するのですが、遅滞などは、一つの汚点となります。

それが、新しくカードの申込で審査が通らない理由になることもあります。一回で絶対にNGということはあまりないのですが、滞納などは致命的です。あなたに金融事故があったので、今回の融資はできません、という理由を述べることはありませんが、そのようなことが、断られる理由の一つとして挙げられます。

たまたま忘れただけなのに、という簡単なミスが、後の借金生活に大きな影響を与えます。というと、キャッシングそのものにも緊張感が走りますが、そのくらいの気持ちが大切なのです。

いつも限度額いっぱい、おまけに多重債務の方


ある日、いつものようにキャッシングをしようとATMに行ったら、お金が借りれなかった。こんな経験はありませんか?

実は、キャッシング枠がなくなっていたことで、借りれないことが多いです。消費者金融の場合は、自身の年収の3分の一までが限度額、カードローンなどの場合は、予めキャッシング枠が設定されていて、それ以上のお金を引き出すことはできません。ただ、返済をすると、その分のキャッシングができることもあります。

このキャッシング枠や限度額いっぱいに借入を繰り返していると、返済額がどんどんと増えていくことになります。中には、1枚だけではなく、数枚のカードを使い分けているかもしれませんが、総量規制は全カード合算です。

ですから、もしあるカードで20万円というキャッシング枠ですと、それぞれ20万円ではなく、合わせて20万円ということになります。

消費者金融などの金融機関では優良利用者、毎月返済を欠かさない人、適度な使い方をしている方には、増資を許可しています。申込をして、審査が通れば、ある程度の増資も可能です。

ところが、限度額いっぱいに借りている方や数枚カートの使い分け、と言えば言葉は優しいですが、これは多重債務です。この多重債務をしている方については、増資もできないですし、個人信用情報としてもあまり信用ができない人と判断される事が多いです。返済さえきちんとしていれば、違反ではなくブラックでもないです。

ただ、増資の審査は通らない理由になるのは確かです。多重債務の時点で、なんとなく怪しい判断になるのですが、とりあえず限度額の範囲内のキャッシングはできます。

債務整理後の審査は難しい


債務整理後はクレジットカードやローンが組めません。そんなことをきいたことがあるでしょうか?これは本当の話です。

債務整理は、返済ができなくなった方の救済策として、法律に則って債権者と借金返済の話合を行い、現在返済できる金額に減額したり、自己破産は借金をゼロにします。そして、数年間は借金ができなくなるペナルティを受けます。

ですから、債務整理後はカードの申込は審査で通らないことになります。これが嫌で、滞納をして逃げ回っている方がいますが、実は滞納している時点で、もう審査が通らない理由を作っています。

審査の段階で、金融機関では個人信用情報機関で、申込者の過去の利用データを確認します。スコアリングされていて、この時点でいわゆるブラック扱いになっている方には、借入をさせないことになっているようです。その規準は金融機関によって違いますが、滞納はOUTです。

個人情報の照会は、金融機関にとっては大切な情報です。過去と現在の債務状態を的確に捉えるためには、必ず行っていることです。ここでの債務整理や滞納、遅滞は金融事故、ブラックリストと呼ばれることがありますが、この状態になっているときには、新規のキャッシングやローンの審査は通らないと言われています。

ただし、永遠の状態ではなく、早くて5年、最高でも10年くらい経ったときには、キャッシングなどができるようになりますが、一部のローン、審査が厳しい金融機関などでは、一度でも金融事故を起こした方には一切審査を通さないとしているところもあります。

申込で審査に通らないなんて言うこともあるんです


クレジットカードを作る時に絶対にやってはいけないのが、虚偽申請です。この中には、間違った記載をしてしまう場合も入ります。

故意ではないとしても、金融機関での情報との食い違いは、信用問題になります。虚偽の方は信用できないということです。消費者金融の申込情報などで、年収をごまかしたり、会社名が違うことでも在籍確認が取れず、審査が通せない理由になります。

また、申込の時の注意したいのが、申込ブラックです。これは一度審査に通らないことで、数社に立て続けに申込をすることを言います。その都度、金融機関では個人信用情報機関に照会をしますが、それも記録されます。

よほどお金に困っていると思われるだけではなく、その時に多重債務であれば、やっぱりと変な納得してしまうことになります。これも金融事故扱いになり、その後しばらく審査が通らない状態が続きます。

この申込ブラックの存在を知らない方はとても多く、金融事故も起こしていないのにどうして審査に通らないと憤慨される場合が多いですが、すでに時は遅しで、金融事故扱いになってしまっているのです。

こうして、せっかくの申込の時のつまづきが、審査が通らない理由になってしまうも多いことから、キャッシング申込のときには行動にも気を付けることが最低限必要になります。申込でブラックになってしまうなんて、もったいないことです。

消費者金融の審査は千差万別


消費者金融や銀行は、返済できないであろうという方の審査は通しません。それは個人信用情報機関のスコアリング、年収の低さ、多重債務の状態などで判断をするのですが、信用情報機関の金融事故情報に関しては、慎重に調べていくことになります。

その規準は、消費者金融の方がゆるいとされていますが、消費者金融の中で審査の厳しさには差があります。大手消費者金融よりも中堅消費者金融の方が審査はゆるく、中には債務整理後のキャッシングに対応している正規消費者金融も存在しています。

これは、キャッシング業界の審査の幅の広さを感じることですが、銀行では絶対に即答で審査が通らない方に対しても審査をする中堅消費者金融は存在しているのです。返済できない方はお金を貸さないという中で、債務整理後の方も数多くいます。

中には、収入がそれなりにあるのに、借りられない方も多いです。そんな方は、中堅消費者金融にいくとすんなり審査に通ります。

審査がゆるい中堅消費者金融は、返済ができる範囲内のキャッシングを行います。自己破産後であったとしても、その後収入があれば対応してくれると言うのですから、金融機関にとって、申込者が金融事故者であっても平気という場合もあり得ます。

ただし、注意したいのは、ゆるい審査は良いのですが、きちんと返済ができる事を確認してからの申込をしなくてはならないのです。ここで審査に通らないのであれば、この先の借金はどんどんと難しくなってきます。