おまとめローンの審査は厳しいはず 長期延滞中では審査に通らない

おまとめローンは多重債務を1つにすることを言います。多重債務解消になり、大手消費者金融、中小消費者金融でも商品があります。申し込み対象は、多重債務者です。

おまとめローンの審査

大手消費者金融では新規申し込みよりも厳しいです。信用情報でブラックではないことが条件であり、債務者が持つ他社の借り入れも譲り受けることになります。

100万円以下だとしても収入証明書が必要です。総量規制対象外ですが、大手消費者金融では余裕がある方を対象にしている商品です。審査ではなかなか通過しない内容です。

銀行カードローンでも

大手消費者金融の多重債務を、銀行の総量規制対象外で低金利でおまとめローンとする場合があります。

銀行カードローンのおまとめローンの商品もありますが、審査は厳しいものです。大手消費者金融のものよりもお得感が大きいので仕方のないことです。金融事故者は借り入れが絶対にできない内容です。

おまとめローンはハイリスク

おまとめローンが余裕のある方向きというのは、返済額が大きいからです。完済ができない場合は、金融機関、金融会社ではハイリスクになります。ですから、審査がより厳しいですが、収益的に美味しい商品です。

債務者も低金利になり、債権者は和の多くの利息収益。そのため完済が絶対条件です。

中小消費者金融のおまとめローン

1つは大手消費者金融同様に厳しい審査で対応しています。

本来ブラックでも借り入れができる中小消費者金融ですが、おまとめローンではそんな甘いことは言わない。ハイリスクでは中小消費者金融でも同じです。

しかし、反対にブラックの方を対象に、返済期間を長期化で、ダラダラと利息収益を狙う金融業者もあります。ブラックでも借りれることを良いことに、10年間程度のおまとめローンを組まれる場合も。返済負担は小さくなるのですが、10年間のおまとめローンの返済はなかなか大変なことです。

中には長期延滞中でも、おまとめローンの契約ができることもあります。一見良い対応ですが、実はとんでもない金融業者の可能性があります。甘い審査のおまとめローン、長期延滞中でも対応というのは闇金の可能性も高いです。

中小消費者金融では延滞中の審査通過はないため、良い話しには裏があると思った方が良いです。おまとめローンは、大手消費者金融も中小消費者金融も厳しい審査で、延滞中は借り入れができないでしょう。

長期延滞中の場合は、即債務整理をしなければならない事態です。悠長ににおまとめローンができる?と思わないことです。

長期延滞中前のおまとめローンか債務整理の二択を

どんな消費者金融でも絶対に審査落ちになるのが、延滞中の申し込みです。60日以上の延滞は長期延滞中というのですが、中小消費者金融でも借り入れができないです。

延滞と遅滞はNG

金融会社では、延滞している=返済ができないブラックと見ます。ですから、何日でも遅滞している場合は、信用情報の金融事故でもっとも思い扱いをしています。

しかし、債務者にしてみれば返せないものは仕方がない。本気で言う言い放つ場合があります。多重債務者も1つの金融会社でも、返済日に入金しないことは重罪です。

延滞の実態

ところが、大手消費者金融では1ヶ月程度はたまに請求に電話や手紙がくる程度です。延滞していたとしてもしつこい内容はなく、かけてくる電話も土曜日の夕方、日曜日の午後、平日でも遅い時間は絶対にないです。そんなことで、居留守も使ってしまって、債務者は逃げます。

このときに、事情を話すことで大手消費者金融の対応は親切です。返済ができないのなら、利息返済などで対応します。延滞は結構簡単にしてしまうことで、対応しないことで60日以上の長期延滞に突入します。

長期延滞中になったら

そのうち裁判所からの呼び出しなどがあり、差し押さえになります。

差し押さえは、モノではなく給与の天引きという事態になってしまうことが多く、その時の利息は遅延損害金も含め多額になります。なんとかしなければならないのは、当然であり、長期延滞中は絶対に回避してほしいです。

ここに来ておまとめローンはできない

例えば、長期延滞中も多重債務者であれば、早めのおまとめローンができたかもしれません。しかし、延滞中の申し込みはどんな借り入れもできないです。

多重債務者で、おまとめローンのタイミングは返済を順調に行っている時期であり、返済日前の相談です。大手消費者金融では審査が厳しいので、中小消費者金融が妥当です。

返済能力があればできることですから、返済ができない。延滞しそうというときには、甘い審査の中小消費者金融に行くことです。多重債務者の救いの場になりますが、長期延滞中の中小消費者金融のおまとめローンは全滅でしょう。

債務整理のススメ

延滞するのなら、すぐに債務整理です。長期延滞中でも良いので、弁護士に相談をしてください。もう遅いということなく、もっと早くきたら良かったのにと言われます。

返済ができないのなら債務整理であり、自己破産が妥当です。その債務整理開始と同時に返済義務がなくなりますので、長期延滞中からも解放されます。

長期延滞中は絶対NG まとめローン申し込みのタイミング

金融事故の種類はいくつかあります。

最悪なのが長期延滞中です。延滞が60日以上で長期延滞になります。この間に消費者金融と話しが付けば、完済をしたのなら良いのですが、延滞事実は金融事故として残ります。その期間は5年間、信用情報に記録されます。いわゆるブラックリストです。

長期延滞中はどうしてできる?

延滞したまま逃げ回れば長期延滞中は簡単です。電話に出ない、手紙を捨てるだけです。

長期延滞中では、信用情報では完全ブラックであり、大手消費者金融、銀行カードローンはもちろんですが、クレジットカード、各種ローンも組めないです。携帯電話の新機種の申し込み、分割購入もできないです。ここで完済をししても、5年間のブラックリストは決定です。

人によっては、5年以上はブラックになることもあります。それだけ、長期延滞中は重罪であり、金融会社の敵です。

長期延滞中の前にできること

まずは延滞する前に、返済ができないのであればその時点で行動を起こすことです。それは、金融業者に返済ができないことを伝えることと債務整理をすることです。

金融業者では、今の現状打開のためにできることを検討します。その多くが、返済ができるまで、利息だけを分割返済です。

ウソも方便

今の返済ができないのは多重債務のためで、おまとめローンの提案をするのもありです。

実は他社に借り入れがあり、それをまとめて、低金利おまとめローンに借り換えをしたいと。今まで延滞も遅滞もなく信用情報で金融事故もありません。今回も返済ができないのではなく、おまとめローンに借り換えをしたいと言ってしまうのです。

もちろん完済ができることは必要ですが、ギリギリの選択であり、来月から今の多重債務より返済額を少しだけダウンさせたい。余裕はあるのですが、とウソを付きます。そこで、本当に返済額が少なくなれば、延滞を阻止することができるかもしれません。

これが、大手消費者金融ではよほどうまく言わなければならないですが、延滞前に中小消費者金融のおまとめローンに相談もありです。このまま行くと延滞してしまう、それも長期延滞中の可能性がある場合の、ウソの申し込みです。

しかし、余裕はないかもしれませんが、金利が低くなって毎月の返済額が少なくなれば、延滞しないで済みます。大手消費者金融ではなく、中小消費者金融に行くことが良いでしょう。

返済日前の対応であり、信用情報で金融事故がないのなら、中小消費者金融のおまとめローンうまく行くかも?上手に余裕があるふりのウソときちんと返済ができることが条件です。

ちなみに中小消費者金融で延滞をしてしまうと、大手消費者金融以上の取り立ては厳しいです。中小消費者金融には正直に話して、返済額を抑えて完済することが必要です。中小消費者金融の債務整理はなかなか大変です。

ブラックの中で最悪の長期延滞中 どう打開したら良い?おまとめローンはできる?

個人信用情報機関とは、金融機関、金融業者の借りた記録、返した記録が掲載されています。そこで、異動情報があると、金融事故者になります。

異動情報は、延滞や遅滞、多重債務、債務整理などをしたときです。いずれもやってはならない行為です。

異動情報から判断

キャッシングのとき、カードローン申し込みのときにはそれぞれの審査基準で借りれる、審査落ちの判断になります。

中小消費者金融はそれが甘いので、債務整理者は借りれることは多いです。異動情報のある金融事故者でもキャッシングができるのはこのためです。

ただし、延滞と遅滞では、中小消費者金融の甘い審査も審査落ち対象です。特に長期延滞中では話しにならない審査落ち決定です。

融資申込のときの情報

これは、申し込みのときに延滞しているとOUTということです。審査に通らない。それは延滞は返せないと判断されているからであり、長期延滞中では絶対に借りる事ができないです。

正規の金融業者では必ず個人信用情報機関を確認しますので、長期延滞中の借り入れはできないです。返せない人には貸さないです。

おまとめローンはできる?

多重債務者が検討するおまとめローンは、多重債務を1つのローンに借り換えをします。返済能力があれば良いのですが、長期延滞中の多重債務者をおまとめローンにできた例はないです。延滞の時点で審査落ちであり、多重債務者で返せないと言っているようなものです。

おまとめローンは、余裕のある方が行うローンであり、業者としても人を選びます。新規の申し込みよりも審査が厳しいのは、低金利だからですが、そんな簡単ではないです。

長期延滞中なら

自己破産の債務整理をしてください。長期延滞中を続けたい、永遠に逃げることは無理でしょう。給与があれば差し押さえになっています。無職なら差し押さえもないですが、債権者は追い続けます。借金からは絶対に逃げることができないです。

闇金に走る

審査のない闇金に行く方もいます。そこで借りたお金で、完済しようというのは甘い、甘すぎます。地獄を見るのは当然であり、とてもじゃないけれど、おすすめできないです。

個人情報流出だけではなく、生きていけない事態もあります。なんていうことない、仕方なく逃げ回って長期延滞中になったのなら、単に債務整理を開始したら良いのです。消費者金融からの請求がピタリと止まります。もう逃げなくてもよく、返済義務もしばらくなくなります。

長期延滞中のすることは、自己破産などの債務整理だけです。おまとめローンは考えない、闇金は無関係のことです。

長期延滞中と住宅ローン 債務整理かおまとめローン?

消費者金融で長期延滞中。おまとめローンも検討したけれど、見事審査落ちになってしまった。理由はわからないけれど、どうにかしたい。

おまとめローンの審査落ちの原因は、長期延滞中だけではなく延滞そのものです。

住宅ローンが残っている

消費者金融だけの借金ではなく、カーローンや住宅ローンも抱えている方がいます。債務整理をしたいけれど、自己破産をしたら家がなくなってしまう。それがあるから、債務整理をしない方もいます。

ただ、安心してください。住宅ローンは払い続け、家にも住み続けて、長期延滞中も解消することができます。

個人再生という選択

債務整理の1つで、個人再生は住宅ローンを残すことができます。これは個人で行うには手続きが大変ですから、すぐに弁護士などに相談をしてください。

個人再生は住宅ローン以外の債務を減額をします。自己破産のように債務ゼロにはならないです。長期延滞中の解消で住宅ローンがあるのなら、この選択しかないです。

債務整理はしたくない

長期延滞中のこの発言はとんでもないことですが、延滞前ならおまとめローンなどの選択があります。

最近では、甘い審査の中小消費者金融でもおまとめローンがあります。大手消費者金融の多重債務者なら選択してみてください。完済ができる金額であることを確認した上で、延滞前に融資申込をすることです。

中小消費者金融では、甘い審査ですが、債務整理はできないと思ったほうが良いです。弁護士が仲介して行うとしても、とても難しいと言います。

それなら、おまとめローンの選択では、借金総額が大きくなったとしても、完済ができるようにしましょう。余裕ができて、途中返済や繰り上げ返済ができる業者が良いです。中小消費者金融でも良心的なところはありますが、債務整理は厳禁です。

長期延滞中は借金総額が莫大

普通の金利に遅延損害金が加わっています。この金額が1日ずつついていますから、総額は増えています。

そんな無駄な返済をしなくてはならないし、信用は落とすし、太刀打ち行かないし。返済が難しい多重債務者になったときには、債務整理が妥当です。

おまとめローンにしても返済期間が長いとそれも大変です。住宅ローンは守ることができますから、少しずつ返済ができる債務整理です。

長期延滞中は、これからのことも考えて、絶対に起こさないことです。60日以上の延滞で長期延滞中になってしまいます。30日なら良い?ではなく延滞そのものが最悪です。