↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理後はいつまでブラック?

任意整理は、返済している債務の契約不履行を経て、新しい契約に変更をしてもらうことになります。その時に減額になることを条件にしてもらうため、債権者の中にはなかなか交渉に応じない所もあります。取引期間や返済額にもよりますが、任意整理をした時点(その前に滞納をしていたとしたらその時点)で、個人信用情報機関の事故情報として、いわゆるブラックリストにのります。個人信用情報機関は、その方の返済記録そのもので、契約不履行は契約違反をしたことになります。

個人信用情報は、金融機関や貸金業者、消費者金融では、利用者の過去の返済記録を知る上で重要な審査基準になります。現在日本で数か所の個人信用情報機関がありますが、それぞれの金融機関で、この情報を使って審査対象としています。

ブラックリストは5年とか7年、10年と言った単位で、その記録が残されるといいますが、正確には記録が消えることなく永遠と残ります。ただ、貸金などをする際にこの情報を審査基準にするので、この方は任意整理から5年経って、今は収入も安定しているから良いと言うように、それぞれの金融機関で基準を決めていると言われています。

そして、原則的に任意整理をした貸金業者などで、新しい借り入れはできないことが多いとも言われています。最近の消費者金融などは、銀行系列になっているところがほとんどですから、同じ個人信用情報機関で審査をしている場合は、新しい借り入れは限定的になることも多いようです。

口コミなどを見ると、5年で大丈夫とか、10年たってもまだダメと言うようなことも言われています。ですから、少し無責任なようですが、任意整理から5年以上経った場合は、あちこちに申し込みをしてみることをオススメします。そして、できるかもしれないし、できないかもしれないというのが回答です。

現在の収入や職業も関係していて、無職の場合は多分ダメでしょう。そして、気をつけたいのが“ブラックOK”の貸金業者です。もし闇金ならブラックでもOKなのです。そして、このようなところは、債務整理は絶対にできませんし、利息制限法の上限18%の利息も無視です。絶対にこのような所の申し込みはしないことです。

↓↓法律相談カフェ↓↓