↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理後のクレジットカードは使用出来ないけれど


債務整理は、借金返済の減額を債務者から申し出ることを言います。債権者からの減額と言うのはありえない話しですが。だれもがクレジットカードを使うときや消費者金融を利用するときには、返済ができなくなってしまう事は想定していません。返済見込みがないのに利用する場合もあるかもしれませんが、そうした場合、返済できない現実が待っています。

いずれにしても、現在はそうして返済が困難になった方は、債権者に対して減額を申し出る債務整理を行うことが出来ます。債権者は、半ば仕方なく債務者に対応をするのですが、債務者はその後クレジットカードなどのローンはしばらく使用できなくなってしまいます。その債権者のクレジットカード会社だけではなく、全てのローンができなくなります。

これは個人信用情報機関に、債務整理をした事実が報告されるもので、金融機関が共通の審査機関として利用しているものです。そこで、債務整理は事故情報として記載され、その後その事故情報によって、ローンが出来ない烙印が押されるわけです。

ですから、債務整理後のキャッシング、ショッピングなどのクレジットはしばらく出来ないことになります。しかし、それは永遠ではなく、早い方で5年程度、せいぜい10年間くらいで、一部のクレジットカード会社などは、再びローンができるようになります。返済ができなくなった借金を抱えている場合、そうしたペナルティがあることで、債務整理をしない方も多いですが、実は滞納をして時点で、既に個人信用情報機関に報告が行っています。ですから、返済が困難になった時点での債務整理を考えることが良いのではないかと思われます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

審査の正体は?


クレジットカードなどを作る時に審査という言葉を耳にしたことはありませんか?審査に通らないとか、審査に落ちたという使い方をします。このカード審査は、クレジットカード会社がその方に借り入れができるかを確認することです。国内にはいくつか個人信用情報機関があり、クレジットやローンに関してのさまざまな個人情報を集約しています。

例えば、◯◯でいくら借り入れ、返済、延滞、遅滞などの記録があり、貸金業者はその情報をもとに借り入れの是非が判断されるのです。その基準については、会社によって違いますが、債務整理をした場合は、数年は借り入れはできないようです。

正常な返済以外はすべて事故情報という形で記録になります。延滞もその一つですが、債務整理の場合は、契約のし直しということで、完全な事故になります。言葉の響きはあまり良いものではありませんが、とりあえず借り入れは出来ないという立場になります。

そして、それが審査が通らない、落ちたという結果になるのです。ある噂では、自己破産が重くて、任意整理は軽いと言うようなことも聞かれますが、それは会社の判断です。ただし、過払い金請求に関しては、債務整理ではありません。過払い金請求と言うのは、自分が払いすぎた返済金の利息の一部を請求するものですから、債務整理ではないのです。

ですから、弁護士などに債務整理を行うと、過払い金請求の存在を最初に探します。もし、その金額が大きければ、債務整理をしなくても済みますし、自己情報としての報告もないのです。

カードローンで審査に落ちた経験のある方は結構多いのですが、過去の延滞や債務整理をしたときには、金融機関ではバッチリ審査をしますから、そう簡単にいかないと思ってください。ただし、過去の債務整理から10年以上経っている場合は、カードローンも出来ることもありますし、各種ローンも対応するようです。金融機関に相談してみてください。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理後、クレジットカードが使えない理由


クレジットカードにもそれぞれランクがあります。年収によってその差が付くのですが、その記録は自己申告だけでは通るものではありません。キャッシングの申し込みをした時にも、年収を入力することがありますが、他社借り入れなどをごまかす事は絶対にできません。

こうした個人情報は、金融機関ではきちんと調べ上げることが出来ます。こんなことで調べていますと公表することはありませんが、日本には個人信用情報機関がきちんとあり、個々の債務状況を調べることができます。これは、一部は個人で引き出すこともできる情報で、自分の債務記録を取り出すこともできます。

ところで、この個人信用情報機関は金融機関にとっては、その方の審査の材料になる大切な資料です。その記録によって、借り入れがどの程度可能かを調べることができます。ですから、債務整理などをした場合も記録がありますし、借金の支払いの延滞などの記録も残ってしまいます。

債務整理をしてしまうと、その後のキャッシングができなくなってしまうのは、こうした情報に基づくものです。そして、信用機関の内容について、自分で分かったとしても、これがどうして審査に逢わない?ということを問いただすことは無用です。金融機関の審査基準についての公表はなく、いきなりのクレジットカード利用停止何ていうこともあるのです。

少なくとも債務整理は、当初のクレジットカードを最後まで遂行できなかった事故情報として記録され、その情報機関を利用している金融会社では、たいていその後の借り入れを停止してしまいます。クレジットカードの審査が通らないのは、仕方のないことと諦めるしかない状態になってしまうのです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理後のクレジットカードのポイントは収入


債務整理後、数年経つとクレジットカードを使えるようになりますし、カーローンなども利用できます。これは、通らなかった審査が再びOKになった証拠ですが、その機関は金融機関によってまちまちです。

ただし、条件があります。それは、債務整理後の生活です。消費者金融でキャッシングをした後、返済に困って債務整理をしたとします。それが、任意整理や個人再生、特定調停ですと一定の返済が義務つけられることになりますが、自己破産の場合、その場で返済がゼロになります。そこから、借り入れができない状態の年数が決め手です。債務整理後の返済ができたとします。そして、借り入れができない数年間、収入がない暮らしをしていたとしたら、再びクレジットカードを作るのは難しいです。

クレジットカードや消費者金融の審査基準で何が一番大切かというと、収入です。それも一定収入の有無が必要です。アルバイトやパートの場合は、収入が不安定ですから、審査も難しく、借り入れができたとしても低額です。債務整理後の場合は、その基準がとても厳しくなってしまうので、ある程度の一定収入がなければ、やはりクレジットカードを持つことは困難だと思ってください。少なくとも無職である場合は、各種ローンもクレジットカードも持てない可能性が大きいです。

特に銀行系カードローンなどは、無職は絶対に作れないとされています。専業主婦でも作れると宣伝していますが、債務整理後の無職とは、別の条件のようです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理後にすぐ使えるカードとは?


債務整理後の生活の中で、すぐにクレジットカードを持てないのは仕方のないことです。最低でも5年程度は持てないと思ってください。

しかし、ある口コミでは、2年でクレジットカードを持てたという話しもありますが、よく確認をすると、海外のクレジットカードのようです。では、この手があると申し込みをしたいところですが、条件が高いです。

日本においての債務整理はあまり考慮されないのですが、年収は1000万円以上とか、審査内容は高いです。ですから、債務整理後、仕事が順調に行き、1000万円以上の年収がある方は、一応この手のクレジットカードを申し込んでみてください。

しかし、日常でクレジットカードが欲しい方にデビットカードがオススメです。デビットカードは、クレジットカードの一種ですが、普通のクレジットは後払いですが、デビットカードは即時払いです。自分の指定した預金通帳にある分だけしか使えない、しかし見た目はクレジットカードと同じということです。

大金を持ち歩きたくない方などに便利ですし、クレジットカードを持っていない自分から卒業することができます。人からのお金ではなく、自分のお金をカードで支払う。審査も何もない、信用情報にも傷がつかない健全なカードです。

銀行系のデビットカードでは使うとキャッシュバックがあるものも多いですから、使い勝手の良いカードです。債務整理後、本物のクレジットカードが作れるまで、キャッシュバックを楽しみましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓