↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理後のクレジットカードの利用について

任意整理後のクレジットカードの使用はしばらくできません。この期間は、その方によって違います。任意整理の金額だけではなく、収入やクレジットカード会社の判断によるものです。

任意整理前に行うことが多い過払い金請求をした場合は、その後クレジットカード使用はできます。過払い金請求は任意整理ではないのですが、過払い金請求と任意整理を同時に行った場合は、やはりクレジットカード使用はできません。

また、クレジットカードだけではなく、カーローンや住宅ローンなど、個人情報に関係するものはすべてできないと思ったほうが良いでしょう。ひとによっては10年間くらいだめだったり、別のクレジットカード会社に申し込みをしたら、5年で発行できたなど、口コミ情報はいろいろです。

いずれにしても、申込みをしてみたら、偶然できたとかできなかったというものです。任意整理をした場合、あなたはクレジットカードが持てますよと通知がくるものではありませんから、しばらくの間はできないと思ってください。

任意整理を弁護士や司法書士に依頼をする方も多いです。短時間の解決で、その後報酬金の支払いをすることが多いですが、その支払をローンにすることもあります。この場合のローンはOKでしょう。口約束、債権者(この場合は弁護士)の同意があれば、ローンもできます。

借金返済の滞納、任意整理などの債務整理は、個人信用情報機関へ報告されます。クレジットカード会社や貸金業者は、この個人信用情報機関をもとに契約を結びます。ですから、一定期間、信用がなくなってしまうのです。したがって、個人信用情報機関を通さないであれば、クレジットもローンも可能です。

↓↓法律相談カフェ↓↓