↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理のデメリット クレジットカードはしばらく使えません

債務整理のデメリットで、わかりやすいのがしばらく借金は作れなくなってしまうということです。クレジットカード、キャッシング、ショッピングなどの分割契約などは一定期間出来ません。これは、借金返済を滞納したとき、信用情報機関に滞納した事実が事故情報として報告されてしまうからです。いわゆるブラックリストです。クレジットカードを使えない生活が出来ないので困ってしまうと言っても、10年間程度は不自由な生活になってしまう方も多いです。

ですから、利息が低いマイカーローンなどもできなくなってしまうので、必要と感じている方にとっては大変なことです。車を買おうと、車屋に行った場合、そこでいきなり断られるのではなく、信用情報機関に照会をした上での契約になりますから、残念ながら契約ができません。理由はわかりませんと言う回答になります。

このクレジットカードなどが使えなくなってしまう期間は人によって違います。審査内容ですが、これ一切公表されません。債務整理後のクレジットに関しては、一か八かの賭けともいえますが、10年間経てば、たいていの方は、再び持つことができるようです。ただ、すべてのローンができるか?というと、それも人によって、会社によって違いはあるようです。

↓↓法律相談カフェ↓↓