↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理をすると配偶者に信用情報のデメリットはあるの?

自分の借金の債務整理は、配偶者の信用情報へのデメリットがあるのでしょうか。
夫婦の片方が債務整理をすることで配偶者の信用情報にデメリットはあるのか、解説していきます。

債務整理をすると配偶者に信用情報デメリットはあるの?

債務整理というのは、借金を返すことができなくなり、法的に支払いの方法を変えるシステムです。個人再生や自己破産などの種類があり、弁護士事務所や司法書士事務所などの専門家に相談依頼します。

債務整理をすると、信用情報機関の個人信用情報機関に金融事故記録が記載されます。
そのため、銀行なの金融機関からの融資を受けることに制限が出てしまいます。

夫が債務整理した場合は、夫の信用情報に事故記録が記載されます。
その後、一定期間は各種ローンの事前審査に落ちてしまいます。
住宅ローン審査やカーローンに通らなくなってしまい、分割払いができなくなってしまいます。

このような債務整理というのは、人ひとりの単独の問題です。
そのため、夫の債務整理によるあらゆる負担は、夫にしか影響しません。夫婦であっても、妻へ影響することはないので、妻自身はローンを組んだりクレジットカードを作ることは可能です。

夫婦の片方が債務整理しても、配偶者の信用情報には全く影響はありません。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

夫婦の片方が債務整理した場合ローンを組むことができないこともある

基本的に夫婦の片方が債務整理しても、もう片方には影響しませんが、例外もあります。

夫が債務整理した場合、妻は各種ローンを組むことができますが、妻が専業主婦の場合はそうはいきません。専業主婦は収入がないので、単独でローンを組むことができません。
専業主婦がローンを組む場合は配偶者貸付でローンを組むのが可能な場合がありますが、その配偶者が債務整理をしてブラックリストに載っている状態なので、ローンを組むことができなくなってしまいます。

妻がパートなどで一定の収入がある場合は、その収入でローンの審査を受けることができるので問題ありません。夫が債務整理をしてローンを組みたい場合は、専業主婦はパートなどの仕事に就くと良いでしょう。

途上与信で配偶者のカードが止められる場合がある

夫婦の片方が債務整理をした場合でも、もう片方への信用情報には基本的に影響は与えません。
しかし、1つ注意すべきポイントがあります。それは、途上与信です。

途上与信というのは、クレジットカードを発行した後に、カード会社がカード利用者の信用状態をチェックするシステムです。1度カードローンの審査に通ってカード発行されて使っていても、定期的に途上与信というのは行われる場合があります。

途上与信の手続きの中で、住所や電話番号などの情報を調べていく上で、同居している配偶者期のブラック情報が判明してしまうことがあります。その場合、配偶者の経済情報が悪いのであれば、当人の経済情報も悪いのではないかと推測判断をしてしまい、債務整理をしていない配偶者のカード利用をストップしたり、限度額を引き下げることがあります。

いかがでしたでしょうか。
夫婦の片方が債務整理をしても、配偶者の信用情報には影響はありません。
ただし、ローンを組めなくなる、カード利用に支障をきたす場合はあります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理は結婚後の相手にどのようなデメリットを与えるの?

債務整理をした方は、結婚相手にその事実を伝えることに抵抗を感じると思います。
債務整理後は、結婚相手にデメリットを与えてしまうのでしょうか。

債務整理は結婚後に相手にデメリットを与える?

結婚前に債務整理を行っていても、結婚に直接的な影響を与えることはありません。
その理由は、結婚後も債務やローンは夫婦で別扱いとなるからです。

債務整理をすると個人信用情報機関にその旨が記載されますが、結婚相手の個人信用情報機関に記載されることはありません。噂では「配偶者の片方が債務整理をすると夫婦どちらの個人信用情報機関に事故情報が記載される」なんていう言葉を耳にしますが、それは全くの事実無根です。

結婚生活というのは、共同で行う生活です。
しかし、債務やローンというのは個人1人ひとりの問題とされます。
民法上、日常生活には夫婦の連帯責任があるとされています。

しかし、原則としては「夫婦別産制」という考えとなっています。
「夫婦別産制」というのは、結婚前や結婚後に自分名義で所有している財産は、その個人の特有財産であるという考え方です。

債務整理に対しても、同じ考えをします。
そのため、結婚して夫婦になったとしても、債務やローンの審査は個人の問題とし、別々に扱われます。配偶者が債務整理中でも、自分はローンを組むことができます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

結婚相手が債務整理をしている場合に影響を受けてしまうこと

結婚相手が債務整理をしている場合、残念ながら影響を受けてしまうことがあります。
どのような影響を受けることがあるのか、ピックアップしてみました。

家などのローンに影響を与えることがある

夫が債務整理をしている場合、マイホームや車のローンを組む場合に影響が出る場合があります。マイホームや車のローンは大きな金額となるので、夫が債務整理をしている家庭では支払い能力が低いと判断されて、ローンの審査が通らないことがあります。妻によほどの大きな収入がない場合、無理といえるでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

カードローンの打ち切りの影響

カードローンというのは、契約後に定期的に審査をして顧客の状況をチェックしています。
途上与信といい、一定の期間ごとに債務状態の調査をしながら、顧客の状況を確認しています。
この際、配偶者が債務整理していることが確認できる場合があり、この場合は夫婦そろって経済上に問題があると判断されて、カードローンの解約や限度額を低くされることがあります。

このように、配偶者に影響を与えてしまうことがあります。

配偶者に債務整理のことを話すべきか

配偶者に債務整理をしたことを伝えるのは、言いにくいことです。
債務整理が結婚に大きな悪影響を与えることはありませんが、多少の影響を相手に与えてしまうことが考えられます。そのため、債務整理のことは結婚相手にきちんと伝えることがベストといえます。

債務整理をしていることは、結婚前に相手に伝えるようにしましょう。
その方が、お互いスッキリして結婚することができ、信頼関係もより高まります。
いいにくい話ですが、一生一緒に居たいと思う相手だからこそ、正直に打ち明けるようにしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

配偶者の借金を代わりに返済しないといけないのか

結婚して相手が配偶者となることで、何でも2人で行わないといけないという気持ちになる方がほとんどだと思います。結婚相手が借金をしている場合、その借金を代わりに返済しないといけない義務は発生するのでしょうか。

配偶者の借金は、その借金の保証人になっていない限り、相手の代わりに借金を支払う必要はありません。配偶者の借金は配偶者に支払い義務があり、その片方の配偶者は連帯保証人じゃない限りは支払う必要はありません。

いかがでしたでしょうか。
配偶者の債務整理は、相手に大きな影響は与えません。
しかし細かい部分で難題が発生する可能性がありますので、債務整理をしていることは相手にきちんと打ち明けてから結婚するようにしましょう。
内緒にして結婚すると、結婚生活に影響を与えてしまい、後々もめることがあるかもしれません。最悪の場合は、離婚にまで発展してしまうこともあります。
早めに打ち明けて、すがすがしく結婚しましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

結婚前の債務整理は任意整理で配偶者にデメリットなし

結婚前に借金を整理しようと思った場合、債務整理を考える方も多いと思います。
結婚前に債務整理を検討しているのなら、任意整理がオススメです。
結婚前の借金整理に任意整理がオススメの理由を、ご紹介いたします。

結婚前の債務整理は任意整理で配偶者にデメリットなし

借金問題というのは、後々の結婚生活に影響を与えてしまうのが心配です。
幸せな結婚生活を送るための結婚前の借金整理は、任意整理がオススメです。

任意整理というのは、利息制限法を超えている利率での取引があった場合、借金が大幅減額される借金減額方法です。過払い金が発生している場合は、過払い金の発生でお金を取り戻すこともできます。

任意整理は、弁護士などが債権者と直接交渉して、借金返済額と返済方法を決め直す手続きです。将来利息をカットすることができ、月々の返済金額が減るので返済が楽に。
無理のない分割払いに変更することができるので、毎月の支払いの負担がグンと軽くなります。
女性の場合パートの収入だけでも、十分に返済していける支払い金額となります。

債務整理と違う部分は、手続き後に支払いが残ることです。
そのため、結婚前に任意整理を行っても、結婚後しばらくの間は借金返済の支払いが継続します。女性の場合、結婚し手仕事を辞めたり妊娠して動けなくなってしまうと、支払いが難しいと思うかもしれません。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理の自己破産は結婚後の影響が大きい

債務整理で一見楽になりそうな自己破産は、結婚後の影響が大きいといえます。
自己破産は、裁判所に申し出て全ての借金の支払い義務を0円にしてもらう手続きです。
多くの借金がすべてなくなり0円となるので、こんなに楽な謝金減額方法はないと思うかもしれません。

しかし、大きなリスクを抱えます。
それは、自己破産をすることで個人信用情報機関に事故情報が記載されることです。
いわゆる、ブラックリストに載る、ということです。配偶者がブラックリストに載ってしまうと、夫婦で住宅ローンなどの大きなローンを組むことができなくなります。家族生活に支障をきたしてしまうので、あらゆる問題が発生してしまうことが考えられます。

自己破産は一見お得に感じるかもしれませんが、借金が0円になることで背負うリスクは相当なリスクとなります。そのため、結婚前に自己破産をすることはオススメできません。
自己破産の個人信用情報機関の記録は10年程で消えるので、情報が消えてから結婚するなら問題ないといえるでしょう。

いかがでしたでしょうか。
結婚前に借金整理をしたいのなら、任意整理がオススメです。
結婚相手にデメリットを与えず、借金をスマートにすることができます。
結婚前の債務整理は、デメリットが多いといえます。
楽しい結婚生活を送るためには、任意整理をオススメします。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

配偶者にデメリットを与えにくい債務整理「任意整理の目安」

借金が膨れ上がって借金を整理したい場合、配偶者にデメリットを与えにくい債務整理が「任意整理」です。任意整理とは、どのような目安で行うと良いのでしょうか。
任意整理の目安など、知ってほしい情報をご紹介いたします。

配偶者にデメリットを与えにくい債務整理は任意整理

債務整理の中で、配偶者に1番でメリットがない方法が任意整理です。
任意整理は利息をカットして支払い安い方法に改善して、毎月の支払いを楽にして関西を目指す借金整理方法です。借金の利息をカットして支払い回数の改善などを行うので、借金の元金は変わらず返済していく方法となります。

そのため、ブラックリストに載るなどのデメリットがないので、配偶者に負担を掛けることはありません。配偶者にデメリットを与えずに借金整理をしたい場合は、任意整理を検討してみると良いでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理をする目安

任意整理は、どのような場合でも適しているとは限りません。
一概にいくら以上の借金になったら、などの目安はありません。
一般的な基準で考えると、毎月の返済額の合計が月収の4分の1を超えている場合は、行うべきと言われています。

また、任意整理というのは、3~5年の間に借金を完済しなければいけません。
利息を引いた借金の金額を、5年以内の返済できる場合、任意整理を選ぶと良いでしょう。
借金の額が多すぎて3~5年の間に借金を返済することが困難な場合は、人に生理により解決は適していません。

住宅ローンがある場合は借金の金額が大きいので、任意整理では大幅な借金減額とはなりません。住宅ローンもある場合は、個人再生の方が適しています。
個人再生は、借金返済額を元本度と大きく減額することができます。
また、個人再生の場合、住宅ローンは別途扱いとしてそのままにし、自宅をキープしながら他の借金の減額も可能です。収入が少ない場合や収入が不安定な場合は、個人再生を使うことはできません。

任意整理後は住宅ローンを組めない場合がある

任意整理とした場合、その後すぐには住宅ローンを組むことは厳しくなってしまいます。

任意整理は、金融事故として信用情報機関に登録されます。
いわゆるブラックリスト入りとなってしまうので、ローンの審査の際に信用情報をチェックされることで審査に通りにくくなってしまいます。特に住宅ローンというのは他のローンよりも高額なローンですので、金融事故を起こしていると審査には通りません。

任意整理は本人のみの信用問題に傷がつくので、配偶者や子供の信用情報には傷は一切付きません。そのため、任意整理後に住宅ローンを組みたい場合は、配偶者や子供の名義で住宅ローンを組むことができます。ただし、借金の連帯保証人が家族の場合、その家族の信用情報にも履歴が残ってしまいます。その場合は、連帯保証人となっている家族の名義で住宅ローンを組むことはできません。

いかがでしたでしょうか。
配偶者にデメリットを与えにくい債務整理をしたいのであれば、任意整理がおすすめです。
配偶者に余計な負担や迷惑をかけないので、自分への負担のみで借金を解決することができます。借金の整理はむずかしいことですので、素人判断をせずに弁護士などの専門家に相談をすることをオススメします。無料相談を行っている弁護士事務所も多くありますので、気軽に借金問題の相談ができます。自分や家族に不利にならないよう、1番適した借金減額方法を行うようにしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理で配偶者に最も大きなデメリット「借金の保証人」

債務整理で配偶者に最も大きなデメリットを与えてしまうのが、借金の保証人になっている場合です。配偶者が債務整理で保証人になっている場合に与えてしまうデメリットなど、知ってほしい情報をご紹介していきます。

債務整理で配偶者が保証人になっている場合返済義務が発生する

債務整理というのは、債務者本人の問題です。
結婚していても、配偶者に連帯責任で支払いの義務は生じません。

しかし、配偶者が借金の保証人になってくれている場合は、返済義務が発生します。
債務者が支払いができなくなった場合、保証人となっている配偶者が支払いをしないといけなくなってしまいます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理の中で保証人に1番影響がない「任意整理」「特定調停」

配偶者が保証人となっている場合に債務整理をした場合、承認への影響を比較的少なく済ませることができるのが、任意整理と特定調停です。

この2つの債務整理は、債務整理先を自由に選んで行うことができるので、保証人がいる借金は対象から除外するという選択ができます。保証人が居る借金はそのまま返済を続けて、保証人が居ない借金飲みを減額してもらうという流れとなります。そのため、保証人になってもらった配偶者に迷惑を掛けずに済ませることができます。

保証人への影響が大きい「個人再生」「自己破産」

保証人への影響が大きくなってしまうのが、個人再生と自己破産です。
この2つの借金整理方法は、整理したい債権者を自由に選ぶことはできません。
そのため、保証人を付けた借金も必ず債務整理の対象となってしまいます。

1番重要な部分といえば、減額される借金は主債務者の分のみとなることです。
個人再生は借金を5分の1に減らすことができますが、それはあくまで主債務者の借金が5分の1となるだけであり、残りの5分の4の借金は保証人に支払い義務が発生してしまいます。
借金の全体で考えると、1円も減額になっていないことがわかります。
借金の支払いの大部分が保証人となってしまうので、保証人に多くの借金を背負わせてしまいます。

また、自己破産は全ての借金が無くなり0円となりますが、全ての負債を保証人が支払うこととなってしまいます。しかも、保証人の支払いというのは分割払いが認められていないので、一括支払いしかできません。債権者との交渉によって分割支払いが認めらてる場合もありますが、認められない場合も多くあります。個人再生と自己破産は、保証人への負担が大変大きくなってしまい、大変多くの負担を保証人に背負わせてしまいます。

配偶者が借金の保証人になっている債務整理は弁護士に相談しよう

配偶者に借金の保証人になってもらっている借金の債務整理を検討している場合は、弁護士に相談をして1番良い方法を取るようにしましょう。

弁護士相談となると費用の負担が気になると思いますが、無料相談を行っている弁護士事務所も多くいます。影響を最小限にとどめるアドバイスを教えてくれますので、専門家の意見を含めてよく考えて決断するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
借金の保証人を配偶者になってしまった場合、債務整理によっては大きな負担を与えてしまいます。借金を整理する場合は、配偶者に影響を与えるような債務整理をしないように対応すると良いでしょう。配偶者に影響を与える債務整理をする場合は、事前に配偶者としっかり話し合って考えるようにしましょう。また、弁護士の無料相談を利用して、1番適した債務整理を行うことも非常に大事となります。

↓↓法律相談カフェ↓↓