↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理のデメリット ローンが組めない

クレジットカートなどで返済が困難になったときには、債務整理があります。借金減額が大きな目的ですが、それで現在抱える借金が小さくなり返済に悩まなくても良くなります。それは良かったと思うことですが、債務整理後のローンは10年間くらい組めません。

借金契約は、◯円のお金に対して◯円の利息を毎月◯日に返済をしてくださいと言うものです。滞納は、この借金契約を一方的に破ってしまうものです。そして、債務整理はそれができないからもっと楽な方法にしたり、利息や元金を少なく紙とほしいと願い出るものです。債権者にしてみれば約束が違うよと言いたいところですが、それを法律で良いと見て目いるのですから、滞納しっぱなしよりも、払えないから債務整理といった方が良いのです。

そんな債務整理で契約違反をした場合、信用情報機関に報告が行きます。一般的には滞納をした時に事故情報として、この方は要注意人物です、次のローン契約時には気をつけましょうという共有情報です。これがブラックリストであり、ローンを組めない仕組みです。審査に落ちると言うのは、この信用情報機関での事故情報などを参考にしているものです。

この審査が厳しいで有名なのが、住宅ローンです。収入の問題も大きいですが、過去の取引で大きな買い物をクレジット決済をしたり、キャッシング経験があるだけでも審査に通らない場合もあります。

さして、債務整理をした方は、大手金融機関の住宅ローン契約は出来ないと思ったほうが良いです。その他、クレジットやローンなどについては、審査が甘い所なら10年経てば使うことができますが、住宅ローンは厳しいようです。

↓↓法律相談カフェ↓↓