↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理の意味と上手に行う方法

任意整理とは、返済が困難になった債務者が債権者との交渉によって、将来の利息をカットした債務を返済できる範囲内で、契約をし直すことを言います。裁判所を通さないことから、比較的短時間で行うことができ、自己破産や個人再生などの債務整理と比較をしても、手続きなども簡単です。自己破産と大きく違う点は、債務者は必ず返済義務が生じることです。

債務整理というとまだ自己破産しかないと思っている方も多いですが、簡単な手続きでできる任意整理を行う方が一番多いのです。貸金業者などの債権者にしてみても、滞納している債務者から何の返済をされないよりは、長い時間がかかったとしても、元金の返済だけはできる債務整理として対応する業者も多いのです。

しかし、個人での任意整理では対応できないことで、交渉に応じない消費者金融などの債権者もいます。こんな時弁護士が対応することで渋々手続きを始める所もありますから、個人で任意整理がうまくいかないときには、法律事務所などに相談をしましょう。

また、過払い金があるときには任意整理前に過払い金請求ができます。利息制限法以上の利息を支払っていることがわかると、既に返済した文からの過払い金を返金してもらえる事になっています。任意整理をしようとして、過払い金が発生していた場合、その分での返済も可能です。この過払い金請求は法律で定める債務整理ではないので、事故情報として個人信用情報機関に報告されることなく、その後もクレジットカードの使用やローン契約を行うことができます。

過払い金請求にしても任意整理にしても、金融機関によっては、弁護士などの法律の専門家して相手にしない場合があります。返済額や取引期間にもよりますが、このような悪質なサラ金業者などの借金の債務整理は、弁護士費用がかかったとしても、弁護士や司法書士に交渉してもらう方が良いかもしれません。

↓↓法律相談カフェ↓↓