↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理のデメリット その後の住宅ローン

債務整理の最大のデメリットは、そのごのクレジットやローンができないことです。その期間は10年間程度とされています。銀行などで、債務整理後に勧められたクレジットカードを作った時、10年前の債務整理は関係なかったという方も多いです。また、ショッピングでの分割で◯◯クレジット会社はOKだったけれど、◯◯ローン会社は審査が通らなかったという話もよく耳にします。

ところが、住宅ローンです。住宅ローンはとても審査が厳しいのです。信用情報機関に報告される債務整理の経験、その前の借金返済滞納が大きく響くことは覚悟してください。ある住宅ローンの審査では、10年前のキャッシングだけでも審査が通らなかったんじゃないか?ということもあります。返済をきちんとしたのに、“キャッシングをした事実”が審査に引っかかったようです。

ですから、どのような債務整理にしても、一度信用情報に事故情報が付くと、何千万円という住宅ローンはできないこともあるということです。しかし、可能性はゼロではありません。最近は、住宅ローン先が近所の銀行などの金融機関だけではなく、ネットで全国の銀行でも申し込みができます。そこで、審査が甘い金融機関を探すことができます。ただ、金利が高い設定になっていることが多いのですが、10年以上前の債務整理をした方でも、その後の収入によっては、住宅ローン契約ができることもあります。

住宅ローンは、債務整理のデメリットがダイレクトに響くことでしょう。その前の滞納が問題になりますから、将来のマイホームのためには、借金そのものを作らない努力が必要なのかもしれません。結婚した夫の収入は申し分ないのに、何故か住宅ローンの審査に落ちまくると言うとき、債務整理の秘密が存在していたということもあるかもしれません。

↓↓法律相談カフェ↓↓