↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理で借金がどのくらい減る?

任意整理は、返済額の減額と借金総額のある程度の圧縮が目的です。自己破産や個人再生のような大幅な元金の減額は見込めません。元金は返済することを条件に、利息カットをすることで、毎月ムリのない返済を約束することです。ですから、将来かかる利息をゼロにできることで成功となります。

弁護士や司法書士は、交渉力があり、任意整理の手続きは比較的簡単にできるとされます。しかし、最近では、債権者がなかなか同意しないことも多く、時間がかかることもありますが、自己破産や個人再生のように裁判所を通さないため、必要書類などもあまりありません。したがって、弁護士費用も成功報酬なども任意整理は一番安い方です。

例えば、これから返済義務のある100万円の借金のうち、利息が50万円だとします。そうすると、その利息をカット、これが任意整理です。残った50万円を、現在の支払いができる負担に小さくして、借金返済をしていくことになります。

ですから、いくら減るか?ということになると、利息だけがなくなって、元金を返済と考えてください。もし過払い金が存在するときには、過払い金請求をすることで返済に充てることができますが、任意整理前後の交渉に関しては債権者の意向によるもので、交渉してみないとわからないことです。

自分が抱える返済不能な借金について、どのくらい任意整理ができるかについては、弁護士などに相談をしてみると良いでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓