確実にブラックリストになりますが

借金問題の解決では、債務整理が良いとされています。
これは、債権者に返済ができないことを告知した上で、同意の元借金減額をすることです。
債務者にとっては、「返済をしなくても良い」メリットが大きいことが魅力です。

しかし、同時にデメリットも生じます。
作ってしまった借金の返済をしなくても良い。
法的に認められる債務整理ですが、ペナルティーは存在します。

信用情報に金融事故の記録が付く

いわゆるブラックリストになるということです。
個人信用情報機関とは、正規の金融業者が加盟する3つの信用情報機関です。
債務整理をした場合は、その旨が記録され、次の借入がすぐにできない金融事故者になります。
各種ローン、消費者金融、銀行カードローン等もすべて数年間の申込は拒否されます。

多分ペナルティーとしては、この部分が最大の要因であり、ブラックリストになるから債務整理はしたくないと思っている方は多いことでしょう。

実はすでに金融事故

債務整理をしていないのに、個人信用情報機関にすでに金融事故になっている方もいます。
その要因は1つではなく、大手消費者金融審査落ち、銀行カードローン審査落ちの時点で、すでに金融事故者が理由の場合があります。

その主な理由として、多重債務者、延滞遅滞者などです。
多く借り過ぎ、返済に遅れたり、滞納している方は、すでにブラックリストになっています。
ということは、返済ができて居なくてもブラックリストであるのなら、法的に返済しなくても良いと判断される債務整理をしてしまった方が良いという結論になります。

延滞者のブラックリスト

今度はブラックリストの質ですが、債務整理で金融事故者になっている方が、信用情報的には良いとされています。その理由としては、弁護士等に依頼をしてね金融業者と納得の上での任意整理や自己破産をしているからです。

延滞や遅滞では、金融業者としては何度も請求をしたりしていて、長期延滞が続くこと、給与差し押さえ等の手段に出ます。この時の信用情報は、完全ブラックリストです。しかも、何もしないで、強制手段としてのブラックリストであり、人的責任を放棄している状態です。

金融業者では、法的な手段として差し押さえをしていて、違反ではありません。
早くに債務整理をしていれば、こんな事態にならなかったのにと言うのが、弁護士回答でも多いです。

ブラックリストになるのがイヤなら

意地でも返済をして完済するしかありません。
何もしないで延滞していてもブラックリストになってしまうのです。

ですから、返済できない借金問題が起きたとしたら、すばやくできる債務整理を実施されることをオススメします。ブラックリストと言っても、数年間の我慢ですし、甘い審査の中小消費者金融では、ブラックリストの期間でも借りれる場合があります。

債務整理でブラックリストはイヤという方の中で、すでに延滞等でブラックリストになっている方は多いのが現状です。今更何を、というのが本音です。

しばらくはクレジット払いもできなくなってしまう

債務整理をすると、しばらくクレジットカードの利用もできません。

携帯電話会社の一コマ

カードローンの借入をしすぎて、返済ができないために任意整理をした方の実話です。
携帯電話の新機種が出て、ぜひ購入をしたいと、携帯電話会社に機種変更に行きました。
10万円程度の商品ですから、24回払いの方法で購入しようとした時に、その場で分割払いができないことを告げられたといいます。

クレジット払いができないとの信用情報です。
原因は任意整理です。一括現金での支払いなら大丈夫ですが、とのことです。
分割払い、クレジットカードの利用ができなくなります。

今ある支払いはそのまま

新規の借入ができないだけであり、支払い中のクレジットは返済義務があります。
任意整理では、借りた元金はそのまま返済で、利息支払いを拒否する方法です。
その借金問題は解決しますが、金融事故として信用情報には記録されます。
任意整理だけではなく、債務整理すべてが同じ対応です。

弁護士に相談した時には

債務整理ではメリットとデメリットがあることの話しがあります。
返済ができない借金があるのですから、すぐに借りようというのはおかしな話しです。

それでも、弁護士も司法書士も債務整理の説明では、デメリットもありしばらくはクレジットカード利用とキャッシングなどができない旨の説明があります。
デビットカードは使用ができます。

内緒で行う債務整理

これは大丈夫です。配偶者や家族に対しての影響はありませんが、大きな買い物で保証人がいる場合は、保証人に一括返済の請求が行きます。

例えば、住宅ローンで夫が契約者、妻が連帯保証人であれば、夫が債務整理をすると、妻が完済しなければならないことになります。この場合、夫がブラックリストになり、妻も返済ができないのであれば、債務整理の必要があります。

ただ、任意整理では、保証人のない借金で弁護士や司法書士が直接金融業者と話しをするだけで解決します。3年間程度で完済できる範囲内での分割払いにします。

その際にも家族の同意等は一切ありませんから、任意整理出は家族に内緒で行う事ができます。
結婚前に借金を整理したいという場合も有効です。結婚のとき債務整理の問題は何ら関係はありません。当人同士の問題です。

審査に落ちるのはどうして?

任意整理をしたことを配偶者や婚約者にバレない方法としては、昔任意整理したという。
こないだ遅滞しちゃってさ、今は借りられないんだと言い訳をする。

ただし、結婚後の住宅ローンの契約については、債務整理経験者は厳しいです。
よほど高収入者になっているとか、信用がなければ審査通過はできないです。
その時には、住宅ローンは審査が厳しいんだよ、仕方ないよと逃げしかないでしょう。
こうしたことでのデメリットは大きいかもしれません。

債務整理の繰り返しは要注意

弁護士は知っています。債務整理で、借金問題を解決した方には、もう借金で悩まないでくださいと言われるのですが、再び借金をすることを。
そして、2回目の債務整理はとても厳しいことも。

ブラックリストは10年間で更新される

多分、債務整理して10年程度経てば、カードローンもクレジットカードも普通に契約ができます。甘い審査の金融業者からは、数年単位で契約ができるようになります。

10年後では、住宅ローン等の大きな買い物以外では、普通に借入ができる身分になっています。
その時に思うでしょう。もし返済ができないとしたら、また債務整理をしたら良いと。
ところが、それがとても大変な時代になっています。

以前は比較的簡単だった

今は債務整理ものがとても多いと言われています。
簡単にサラ金キャッシングができることもあります。

消費者金融としても審査を厳しくしている割には、カード発行も行います。
延滞遅滞で苦しみながらも返済している方もいますが、すでにブラックリストです。
そして、債務整理をしようにも、2回目ではなかなかうまくいかないこともあります。

弁護士や司法書士としても

なかなか大変な2回目の債務整理であり、人によってはできないと断られる場合があります。
その理由としては、あまりにも短絡的な場合です。

例えば、自己破産は借金がゼロになります。
いよいよ返済ができない重大な理由で免責がおりたとしても、舌の根が乾かないうちに借金を重ねる場合があります。自己破産は、それ相当の理由があり、仕事もしないでキャッシングをしている等の場合は、債務整理もできない羽目になります。

債務者の権利としての債務整理

債務整理は、本当に返済ができない債務者を救う法律です。
簡単に借りて、返せないから自己破産というのは、そんなに簡単ではありません。
任意整理、個人再生、特定調停とありますが、裁判所等を介しての更生のための方法です。

自覚を持つこと

債務整理をした場合、裁判所が発行する官報に掲載されます。
一部の人たちだけが目にするものですが、一応法的手段をとったということの反省は必要です。
金融業者には申し訳ないことをした事実だけは自覚はしてほしいことです。

そして、一度の債務整理だけで、二度はしないことです。できないことではないのですが、よほどの理由がなければ、複数回の債務整理はできないと思っておきましょう。

借りないでもやっていける人生を送ること。
債務整理を担当した弁護士も司法書士もそんな気持ちで送り出すと言いますが、「再犯者」は多いと言います。罪ではないのですが、あまり善行だとは言えないのが債務整理です。

自己破産後のDM攻撃はどうして? 

私が債務整理をしたことは誰にも話しをしていないのに。
自己破産後に中小消費者金融からのDMを受け取ることがあります。
中小消費者金融だけではなく、闇金らしい金融業者からの電話やDMもあります。
どこでバレた?

裁判所の官報

裁判所では、免責がおりた債務者の情報を官報に掲載をします。
中小消費者金融や闇金では、その官報掲載者に直接貸金の勧誘をしてきます。
その中には正規の中小消費者金融も含まれていて、今の私で借りれる?との期待もあります。

多分、審査次第で数万円のキャッシングができることがあります。
本当に評判が良い中小消費者金融なのですが、中小消費者金融出はブラックリストにも貸付をします。その営業力には脱帽ですが。

基本的には知られないけれど

世間的な発表はありません。
ですから、ご近所さん、勤務先にも知られることもありません。
一時自己破産をすると、選挙権がないとか、生保会社の契約ができないと言われていました。

それはデマです。
ただし、自己破産では一部の職業制限があります。弁護士や司法書士、生保外交員などは自己破産をすると、仕事に就けない決まりになっています。

これは、債務整理前に確認することですが、弁護士や司法書士と相談して債務整理をするときには、確認することです。任意整理、個人再生、特定調停ではそのようなことはありません。

闇金からのDMは困る

自己破産後のDMは仕方のないことです。
ときには電話がくることもありますが、全て無視されることです。
こちらからアクションを出さないと何もしてこないはずです。

ところが、1つだけ気になるのが押し貸しです。
住所と名前が知られていることで、闇金からの押し貸しがある場合があります。
振込ではなく、現金封筒等では、受取拒否をすることができます。

受取拒否では、郵便物もできますし、電話やメールがくるようでしたら、すべて変えてしまうことで、シャットアウトができるでしょう。

なんとなく官報を通じて、個人情報が取られていることはイヤですが、仕方のないことです。
DMも相手にしていないとそのうち来なくなります。
官報での自己破産者は多いですから、新しいターゲットを見つけることでしょう。

自己破産で再スタート

このようなうるさい蝿は存在していますが、自己破産をしてしまった後は、しばらくは一切無視です。

一応中小消費者金融では、自己破産でも1年程度で借入ができますし、営業熱心にDMで借りれることもあります。しかし、確実に返せる借金以外は、手を付けないことです。
闇金からのDMもすべて無視しましょう。

債務整理はバレるのがデメリット

債務整理をすると、借金ができなくなります。
キャッシングだけではなく、クレジット関係もすべてです。

金融機関、金融業者からの借入ができなくなってしまうのは、個人信用情報での金融事故が原因です。長くて7年程度は、各種ローンも難しいでしょう。
たった7年、そう思ってください。

バレない債務整理

債務整理のことは、自分が言わないとわからないです。
配偶者にバレたくないと、内緒で行う方もいます。
その後、クレジットができないのですが、適当にごまかすことはできます。
保証人も担保もない借金の債務整理では、直接迷惑がかかることも少ないです。

夫に内緒で債務整理した妻が、債務整理後10年目で、クレジットカードでお買い物ができたとの口コミがありました。

友人たちには、クレジット嫌いなので済むことであり、夫にも同様の言葉で対応できます。
任意整理では、返済が続くことで対応ができますので、バレることはないでしょう。

気をつけたいのが債務整理前の行動

債務整理の必要性を感じる方は、ヤバイ今月からの返済ができないかも?という場合です。
クレジットカードではお買い物のしすぎ、カードローンでは借り過ぎなどが原因です。

遅滞延滞では、契約のときに入力した電話番号にしか連絡はこないのですが、曖昧な対応をしていると、自宅に請求がきます。最初は、金融業者ですが、そのうち債権回収株式会社になってしまうと、いよいよマズイことになります。

このときに返済ができない遅滞前の債務整理が最適です。
バレないで行うことができますが、借金内容によっては家族の協力があると良い場合もあります。借金相談をしてみないとわかりませんので、遅滞延滞前に決めましょう。

デメリットは小さい

借金の返済ができない。
これは一大事であり、債務整理は法的に認められた減額です。
バレるバレないはデメリットになりますが、借りたものを返さない方がとんでもないことです。

延滞遅滞では、連絡してきちんと返す。
それが実行されることで納得のことですが、とにかく返せないのであれば、債務整理の選択しかない場合が多いです。借金返済ができないととにかく債務整理しかない。

バレたくないのなら、事実を伝えることで、家族の同意をもらうのも一つの手です。
内緒の債務整理もできる弁護士や司法書士もいますので相談されることです。
個人情報も秘密も厳守であり、どの方法が最善かを考えてくれます。

法律事務所等の借金相談は無料であり、全国からフリーダイヤルで話しができます。
今の状態を話しをして、デメリットよりメリットが多いのなら、即債務整理をしましょう。