債務整理は内緒でもできる?

債務整理はやりたいけれど、内緒でお願いしたい。
または、自分でも内緒でしたいけれど、できるでしょうか?

債務整理とは?

債務整理は、返済ができなくなった消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードなどの借金に対して手続きをすることで、借金が減額されたりなくなることもあります。
債務者の権利を守る法的な方法であり、違反行為ではありません。
借金返済ができずに延滞しているよりは、ずっと健全です。

債権者にとっても、返せるのか返せないのかいい加減な対応をされるよりも、さっぱりと債務整理で片がつくのなら、交渉次第で対応してくれます。

4つの債務整理

任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の債務整理があります。
どれが自分の借金に対して、債務整理として適切であるかの判断が必要です。
自分で選択しても良いですし、法律事務所で相談しても良いです。
司法書士でも相談も依頼もできる場合があります。

内緒でできる債務整理

それは任意整理だけでしょう。個人再生や特定調停もある程度内緒にできるのですが、何度も裁判所にいくことがあり、書類提出も多いです。

そして、自己破産手続きでは、同居人がいれば内緒で進めることは困難だと言われています。
別居している家族に知らせる必要はないのですが、同居している家族には、知らないままに行うことができません。

弁護士や司法書士に相談をしても、任意整理だけでしたら、多分内緒で行ってくれるでしょう。
返済が続きますが、郵便物などは工夫して対応してくれます。
弁護士や司法書士からの郵便物しかないです。

延滞や遅滞をしている場合

すでに金融業者からの督促だったり、請求が来ている場合は、できれば債務整理をしたいと話しをすることをオススメします。

しかし、家庭内の事情があり、それができないとなると、内緒での任意整理を始めましょうとの相談になります。最初に過払い金返還請求の有無を確認しますが、これも内緒で行うことができます。

どちらにしても

債務整理をしなければならないというよりは、債務整理のことを知りたい、自身の借金について話しをしたい。

弁護士や司法書士は無料相談をしているところが多いです。
借金返済についての悩みとどうしても内緒で債務整理をしたいとの相談もできます。
相談だけなら内緒もOKであり、秘密は絶対に守ります。なお、家族には知らせなければならない債務整理もありますが、勤務先については、自身の債務整理の事実を伝える必要はないです。

信用情報に金融事故がつき、しばらくクレジットカード申し込みや各種ローンも組めません。
その点だけ注意が必要ですが、仕事に支障が出る債務整理の選択しない限り、他人には内緒で行うことができます。

任意整理は内緒でできる債務整理

同居している家族にも債務整理内緒で進めやすいのは、任意整理です。
債務者と債権者の交渉で、裁判所を通さずに話しができます。
とは言っても債務者は自分ですから、交渉ができない場合は弁護士に相談をしてみましょう。

相談者の秘密は厳守

法律事務所では、債務相談として借金返済ができない方からの話しを聞くことがあります。
借金相談、債務相談として、債務整理の内容を詳細に聞けます。このときに情報サイトにある債務整理の知識と違うのは、自分が聞きたいことを聞けることです。

家族に内緒にできますか?

例えば、妻が夫に内緒でキャッシングをしたとか、ショッピング残高が多くなっている。
旦那名義の貯金通帳の穴埋めをしたら、返済ができなくなってしまった。

相談者としてはかなりいい加減な理由ですが、全ての借金での返済ができないとしても、債務整理の内容を聞くこと、そして依頼も可能です。

借金相談の目的としては相談だけですが、依頼前提での話しもできます。
自分で交渉する任意整理では自信がない方はそのまま依頼をしたり、他の法律事務所で同じように相談しても良いです。

どの弁護士も司法書士も内緒でできる

現在、任意整理は家族に知られることなく、行うことができるといいます。
約束事として、相談者の電話しかかけない。
郵便物の差出人の工夫などの打ち合わせはしてくれます。

家族の同意は不要

弁護士や司法書士が内緒でできるというのですから、法律違反ではないでしょう。
任意整理は、同居する家族の同意などは必要無いです。

未成年ではどう?という話しも、未成年では借金そのものができないですから、債務整理も無関係です。妻や夫、親も20歳以上の子供も家族に言わなくてはならないものではないです。

申し込みのときには、ローン審査は内緒で行うことができたと思われます。
20歳以上の収入がある方の契約ですから、最後まで自分の責任であり、家族は関係ないのが債務整理の中の任意整理です。

弁護士に依頼のメリット

自分1人で任意整理をしようというのなら、直接金融業者に連絡をして、引き直し計算などをします。履歴を受け取り、将来の利息を計算して。、その分の支払いができないので、任意整理をしたいと申し出れば良いです。
こう書くと簡単ですが、金融業者では簡単に引き下がらないです。

どうしたらうまく自分だけで任意整理ができるのか?
誠意しかないとの口コミもありますが、思い切って弁護士や司法書士に依頼をすることをオススメします。そうすることで事情を話して、あとは弁護士や司法書士が金融業者と直接交渉をしてくれます。

また、弁護士などに依頼をして受任通知を金融業者に送ることで、返済がストップします。
しばらくは、返済もしなくても良くなります。
その間に弁護士費用などを貯めておくことで、費用負担も減ります。

たいていの弁護士などは、費用は相談に乗ってくれます。
弁護士や司法書士の方が、任意整理では成功率が高く、減額に成功します。
打ち合わせどおり家族に内緒ですべてが完了します。
任意整理後は、返済で決められた数字を返していくことで、家族には一切ばれないでしょう。

保証人がない借金なら、内緒で任意整理ができる

借金返済が困難になった時に、延滞や遅滞をすることなく債務整理をしましょう。
この時に家族に内緒で行いたい方は注意したいことがあります。

家族の中に保証人がいる場合

住宅ローンなどでは夫が契約者で妻が連帯保証人になることが多いです。
その他の借金でも、家族の誰か、他人でもそうですが、保証人が存在する借金の債務整理では、内緒ができないです。

契約者が借金返済ができないとなると、全ての返済義務が保証人に行きます。
その時、支払いができないから債務整理をしますと言った時でも、同様です。

債権者にしてみれば、債務整理はルール違反です。
たとえ任意整理だとしても、保証人がある借金であれば保証人が負担を負う事になってしまい、内緒の債務整理は絶対にできないです。

カードローンは?

大手消費者金融カードローン、銀行カードローン、クレジットカードなどは保証人も担保もなしキャッシングです。

ですから、債務整理をしたいと思っても、迷惑をかける相手がいないです。
したがって、一応債務整理で伝えなければならない方は存在しないことになります。

家族に絶対に内緒にしたい

債務整理は法律事務所や司法書士事務所に依頼をすることが妥当です。
しかし、その前に、無料相談などで借金返済ができない時にしなくてはならないことを確認してください。ここで債務整理をしましょうというのは簡単ですが、具体的な債務整理の内容では、1人1人違います。

インターネットのサイトでは、全国の弁護士や司法書士のホームページがあります。
直接電話やメールがイヤな方は、シミュレーションなどで借金減額がわかるサイトもあります。
現在の状況を数字で入れることで、同じ都道府県の弁護士などからの回答があります。

これは、債務整理のためのものですが、無料で1回は必ず話しを聞くことができます。
他の弁護士などのホームページの無料相談でもメールや電話で話しができますので、まずは1度確認をされることをオススメします。

絶対に依頼をしなくてはならないことはないですが、勧誘されることはあるようです。

債務整理は急いだ方が良い

これも勧誘の一つですが、返済ができなくなった時には、任意整理を検討してください。
これは、弁護士たちでも家族に内緒でできる債務整理として紹介をしています。
同居している妻や夫にも知られることなく、普通に返済が続けることができます。

借金そのものも内緒にしている場合、得に返済ができないと請求がきてしまうことでバレてしまいます。早めの債務整理をするためにも、弁護士などに無料相談でもなんでも話しをしてみて、現在の状況を知らせてください。

任意整理は内緒でできる債務整理であり、早い方が良い。
そう言われることでしょう。

個人再生は内緒では無理

債務整理のなかでも、個人再生は住宅ローンがある方に勧めることが多いです。

普通債務整理では、任意整理以外では元本も減額することを目的としています。
その時に住宅ローンがあれば、それも対象になってしまった場合、最悪家を失うことになります。そのリスクをなくしたのが、個人再生であり、基本的は住宅ローンはそのままで、その他の借金返済を大きく減額できる内容です。

家族に内緒にしたい

住宅ローンの契約をしているのは、普通は夫や旦那です。
住宅ローンは旦那名義であり、妻が連帯保証人です。
これをまともに債務整理をしようというのなら、間違いなく妻に全負担が行きます。

そんなことはできないし、第一債務整理って何よ?借金していたの?そんな話しになります。
このようなことは裁判所でも相談ができますが、うまくいかないことが多いです。

無料相談なら?

法律事務所や司法書士事務所では、こうした方の借金返済の無料相談をしています。
ほぼ全国の法律事務所がありますが、話しだけを聞きたい方は、全国対応ならどこでも電話で話しを聞くことができます。弁護士や司法書士なら話しを整理して、どのようにしたいかを確認しながら、話しを進めていくことになります。

しかし、個人再生では

個人再生したい。
住宅ローンはそのままで、その他のキャッシングなどは大きく減額をしたい。
そうなると、妻や同居する家族には言わなくてはならない羽目になります。
財産などもすべて書類として提出しなければならないです。

自分のものはすべて管理しているとしても、限界があります。
家族分の書類も必要であり、個人再生は内緒での進行はできないでしょう。
夫としては、どうしても内緒で債務整理、個人再生ほどの元金減額をしなければならない時には、弁護士や司法書士も悩みます。

内緒でできるのは任意整理程度

任意整理は、将来の利息カットの債務整理です。
これなら、家族の収入も無関係であり、債権者側に弁護士などが交渉するだけです。事前審査では、それほど書類もなく郵便物などもごまかすか、会社宛てにもらう方法もあります。

借金の額にもよりますが、完済ができる範囲であれば、どうして内緒でしたいのなら、任意整理しかないです。あとの個人再生、自己破産などでは家族も対象になる書類が多いです。
同棲している彼女彼氏は関係ないです。子供も収入がない、未成年であれば関係ないです。

なんとか個人再生で内緒でというのは困難ですが、任意整理で完済できる範囲内でのギリギリの選択しかないでしょう。内緒での個人再生というのは、あまり聞かない話しであり、弁護士としても困ってしまう注文です。

債務整理も自己破産は内緒は無理でしょう

債務整理を内緒でしたい方で自己破産を検討されている。
旦那に内緒で、妻に内緒で自己破産をしているブログなどもあります。
しかし、実際に行ってビクビクの毎日らしいです。

自己破産は内緒ではやめよう

できないことはないといいます。
必要書類を集める事ができれば、家族の収入などの書類があればできます。
自分でも弁護士に依頼をしても、裁判所からの連絡などもないでしょう。

しかし、なかなかたいへんなことであり、書類の数字が違うと書き直したり、何度も裁判所を往復することもあります。弁護士依頼でも対応は大変であり、ここは思い切って家族にだけは話しをしてみたら?と言われることでしょう。

離婚の結末が怖い

妻の借金が原因で、自己破産がきっかけで離婚。反対に、僕が自己破産して、家を失って、妻が子供を連れてでていった。このような話しもゼロではないでしょう。

離婚と自己破産は別の話しですが、借金返済ができないで延滞や遅滞で、金融業者から逃げ回るよりはマシなのが自己破産です。

まずは相談を

債務整理に関しては、何をするにしても法律事務所などで話しをすることです。
その時に自己破産になったのなら、家族に言うように言われます。
どうしても内緒にしたいと言っても、財産の目録などが必要であり、マイカーなどがあると手放すことになります。

そして、どの債務整理もそうですが、実行してしまうとブラックリストになります。
クレジットカードも各種ローンも組めないことで、どうしてもバレてしまうこともあるかもしれません。自己破産に関しては最大の債務整理であり、免責次第では返済がゼロになります。

どのような理由で借金を作り、返済ができないか。
妻や夫にすべてを話して、借金解決をしましょう。

妻の借金を夫が返済

たとえ夫婦でも、自分の以外の借金返済は配偶者がしなくてはならないことはないです。
ただし、連帯保証人、保証人になっている場合は別です。カードローンにしてもキャッシングなどで、保証人がない場合は、妻の借金返済を夫が肩代わりしなくてはならないことはないです。

しかし、世間体として夫が妻の借金返済することもあります。
その後夫婦関係が悪化して離婚なんていう話もあれば、反対に何度も話ができる関係になっていることもあります。内緒にしたい債務整理ですが、家族に話をする時には弁護士などが説明してくれる場合もあります。

とにかくどんな借金であれ、返済ができないとなった時、債務整理では内緒でしたいよりも、どうしたら解決ができるかを考えることが必要です。それが自己破産しかないのであれば、家族に言った方が良いということです。

将来の利息カットの任意整理であれば、内緒で債務整理ができることもあります。
そんなことも弁護士や司法書士に直接自分の借金内容で相談をした上で、依頼が妥当な選択だと思われるのですが。