債務整理を実際に体験された人達の声

債務整理をご検討されたいと思っている方の中には、実際に体験された方の声も聞いてみたいと思っている人も居る事でしょう。任意整理や個人再生または自己破産、それぞれの体験者の声を参考にすれば、今の自分がどの債務整理を選択すべきなのか検討しやすくなるからです。

債務整理も色々あってわからないと思っている方は、利用者の声を元に検討してみるのも良いかもしれません。どんな状況の人がどんな債務整理を行うのか、または解決したのかどうかはとても気になるものだと思います。

まず、実際に任意整理を体験された人の声としては、「依頼した途端に心が軽くなった」との声がありました。ちなみに、この方は160万円程の借金に悩まれていたのですが、知人などから任意整理をおすすめされて実行したとの事でした。

任意整理においては、和解から減額まではスムーズに行えたというもので、かかった費用も良心的で納得されていた模様です。100万単位の借金の場合は、どうやら任意整理で事は片付くようですね。

続いては個人再生利用者の声となりますが、10年前程に土地と住宅の購入により住宅ローンを組んで小遣い費用が不足気味になってしまい、個人的費用を家族に内緒でカード会社から借り入れを繰り返した人の話となります。

主に多目的で借入をしたり返済をする為の借入が続いて、返済する借金が気付いたら増えすぎてしまい、小遣い所か生活費まで不足してしまう事態に陥ったそうでした。ちなみに、この方の借金は600万円の借入金額となっていたようですから、立派な多重債務者と言って間違いありません。

相談する前は不安続きだったそうですが、個人再生を申し込んでからは専門の弁護士に依頼を快く受けて頂けた事や事務所の対応が良かったとの事で、債権者への支払い停止によって精神的に落ち着けたとありました。申し込み準備は資料収集で少し手間もかかったそうでしたが、事務員のアドバイスによって無事完了出来たとあります。

再生計画が無事見事裁判所で認可されてから、債権者の方々へ大幅減額した状態での返済がスタートし、現在では経済的に日々の生活が成り立っており、精神的なものや将来への不安も解決し希望が持てるようになったとの事です。よって、個人再生は借金が500万円以上であった場合の多重債務に、とても有効な手段となるでしょう。

最後の自己破産につきましては、さすがに借金も大変多額となっております。住宅ローンと消費者金融からの借入で失業してしまって、生活費もろくに無く借金返済も不可能な状態になってしまわれた方でした。借金は1500万円。滞納による取り立てや、請求書が頻繁に届いては気が参っていたそうです。

この方は、テレビのコマーシャルで自己破産を知ってから弁護士へ相談したとの事。このままだと返済の目処が立たないと思っていたそうで、精神的負担もあったので自己破産の手続きを進めたとの事です。自己破産への動機としては、一日も早く自己破産をして将来の事も考えてやり直したいと思っていたとのことです。依頼後はお金の大切さをしみじみ実感するようになり、精神的にも安定されているようです。

債務整理手続きは思ったより短期間で終わり、弁護士費用もそんなに高くは感じなかったとありました。毎日の不安を取り除いてくれたのは、ずばり弁護士の力だったようで、相談前と相談後では気持ちが全然違ったとの事でした。

自己破産をされるのであれば、1000万円以上の借金があるような方には大変有用な方法だとわかりました。これを機に、またイチから立ち直って頑張っていけるでしょう。

このように、債務整理を体験された人の声としては、債務整理を実行して良かったという声がとても多く感じました。実際に、今の自分の借金や返済状況と照らし合わせて検討してみると、ご自身にもきっと最善の債務整理方法が見つかる事だと思われます。

お金の悩みを一日でも早く解決されたいと思っている方は、ご自身に合わせた最適な債務整理で借金を整理し、今後の人生に是非ゆとりを持って生きてもらいたいと願うばかりです。