↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


個人再生は専門家に相談が良い

債務整理全般は、債務者にとってはプラス、債権者にとってはマイナスの行為です。
しかし、4つ存在する債務整理のうち、自己破産以外では債務者に返済が残ります。
金額が低いものですが、同意が必要な債務整理で債権者の意思を問う事ができます。

債権者がNOと言えば

個人再生では、再建計画などでNOと言われると失敗に終わります。
一般的な個人再生である小規模個人再生では、債権者の同意が必要です。

返済計画を確認の上、返済額が大きく下がった内容でも同意がなければだめです(多重債務の場合は過半数)。やっとここまでこぎつけたのに、肝心の部分でのNOでは、もう一度考え直すなどの時間がかかります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


書類不備で失敗

個人再生では、自分で費用をかけずに行う事ができます。裁判所に必要書類を提出したり、裁判所に出向くのですが、書類に不備があるなどの失敗例が多いです。

どんな債務整理もそうですが、弁護士などに費用を支払ったとしても、価値があると言います。
特に裁判所が介在する債務整理では、的確なアドバイスもあります。

個人再生の最初

申立の時に陳述書の提出をします。
収入の状況、債務総額、家計簿、弁済予定表までが必要です。
いちいち聞けばわかることですが、多分債務整理が初めてなら、戸惑う書類馬鹿しです。
ここで簡易審査などが行われるのですが、1ヶ月程度かることが多いです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


請求が続く

返済ができている間の個人再生の開始なら良いですが、すでに延滞遅滞をしている場合は、個人再生を弁護士や司法書士に依頼していない時には、請求が延々と続きます。
債権者に向かって、今個人再生の手続きをしていると言っても、個人では通用しないです。

弁護士や司法書士のメリット

法律の専門家が債務整理に着手したら、債権者に受任通知、これから債務整理開始を告げる通知を出します。これで、請求が完全にストップします。個人再生だけではなく、各債務整理を弁護士などに依頼するだけで、この対応です。

ここからある程度の結果が出るまで、請求がこない、返済義務がなくなります。
その精神的負担も軽くなります。

書類は大変

というよりは、手続きも何かと大変なのが個人再生です。弁護士などに依頼をすることで、費用こそかかるのですが、失敗なく債務整理ができることが多いです。

最初から自分で行うことで、失敗の確率が高くなってしまう。
これは確かなようです。債権額が多いほど確認をしてみてください。

そして、債権額が少ない(100万円以下)でも個人再生はしないほうが良い場合もあります。
その判断も自分では不明なら、専門家のアドバイスが必要です。
弁護士や司法書士とともに行うことが、成功につながることが多いです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


住宅ローンは守られるけれど、保証人は不可

個人再生は、住宅ローン以外の負債が5000万円以下であることが必要です。
この債務整理では、借入が大きいほど減額の幅が大きいです。

民事再生の個人版

住宅ローンがある方の債務整理として、住宅ローン特例を使って、その他の債務整理をするのが個人再生です。そこで5000万円の借金額に設定をしています。
大幅に減額ができますが、その後は返済金額が出ます。

自己破産ではなく、債権者に対しての返済はあります。
3年間完済義務がありますができることが前提になっています。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


住宅ローンだけではない

除外される債務では、カーローンなども例外とされる場合があります。
車も日常生活の足として使用している場合です。

しかし、その車が高級車、高い価値があるものの場合は、回収されることになります。
毎日の足として必要なら、それを売却して中古車に変えることです。

どうしても残したい場合は、親族などでローン完済後の個人再生をした方が失敗はないです。
住宅ローンは特例で守られるのですが、車の扱いについては各地域の裁判所で内容が違います。

保証人だから

住宅ローンの関連ですが、住宅ローンの契約者が夫、その妻が連帯保証人の場合。
夫の個人再生では、当然妻にその責任が来ます。

妻は住宅ローンだけの保証人ですが、その住宅ローンの金額が5000万円を越える場合は、個人再生ができません。妻が連帯保証をしている分は借入していることになります。
連帯保証の部分はあくまでも借金ではないという考え方ではないです。

この場合、夫は住宅ローンは除外されて、その他の借金が5000万円以下なら個人再生の対象になります。連帯保証人の支払い権利は、契約者とほぼ同じです。
借金として、自分の住宅ローンでない場合でこうした個人再生の失敗の1つになります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


見落とさないで、5000万円以下

自身の借金内容をみても5000万円はない。
しかし、住宅ローンの保証人だったり、他のローン保証人になっている場合は、簡単に個人再生ができない。又、自身が個人再生をすることへの影響なども考えた上での行動が必要です。
債権額5000万円というラインはあるのですが、借金以外の負債の形があれば、うまくいかないことがあります。

難しい法律の話

債務整理全般では、どうして素人では理解ができないことも少なくないです。
弁護士などに依頼がいやなら相談だけでもしてみることです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


予納金の支払いができないと失敗する?

個人再生そのものは、予納されてから始まる債務整理です。
お金がかかる債務整理ですが、予納ですからきちんと納めないとスタートしないです。

審査がある?

裁判所での審査では、キャッシングの内容とは違います。
個人再生では申立内容で個人再生ができる債務であるか、提出書類の有無などが調べられます。
その時に住宅ローン以外で5000万円以下の債務であるか、継続的な収入が見込まれるかなどの審査になります。

収入に関しては、必ず個人再生後には返済ができる債務整理なので、無職では失敗をします。
弁護士などに依頼している場合は、迷わず自己破産の選択になります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


予納金の存在

予納金では、20万円以上かかることがあります。
もちろん一括ではないのですが、手持ちのお金がどうしても必要になります。
それがなければ、何もスタートしないのですが、どうしてもお金が用意ではない時には、法テラスの相談が良いでしょう。立替制度がありますし、地元での紹介された弁護士とともに個人再生を始めることができます。

予納金の支払いがどうしてもできない。そんな時には、法テラスの手助けが良いです。
ただし、収入が高い方などは利用ができないなどの制限があり、紹介された弁護士の同意も必要です。必要な予納金の確認の上、検討してみてください。

予納金がないとは?

そもそも返済金額が減額されるにしても、この程度の予納金が払えない?
そんな印象があると、自己破産に移行してしまう場合があります。
住宅ローンにこだわって、個人再生の選択は良いです。

しかし、個人再生後は住宅ローンと再生計画認可返済と弁護士に依頼した時の費用がかかります。個人再生の部分は3年間と決まっていて、債務額によって圧縮内容が変わります。
個人再生委員などの少額管財人の判断もあります。

財産もある程度手放す覚悟も必要です。要するに、個人再生に関しては、それなりにお金がかかる債務整理であることを確認しましょう。

収入が安定していることが必要

個人再生では、職業上自己破産ができないけれど、多額の負債がある。
住宅ローンだけは守りたいという債務整理です。自己破産をして競売できれば、債権者が同意する内容ではなく、あれこれ債務者に有利な条件が続きます。

そこで、肝心の予納金などの支払いができないのに、家に固執したり、肝心の収入が安定していないなどの理由で失敗する例もあります。
弁護士や司法書士に依頼する時には、そのあたりで模索することになります。
法テラスでの立替制度がありますが、こちらも個人再生後に返済義務があります。

お金がかかる債務整理である。そのくらいの負担は当然ということです。
債務整理では、何が妥当であるかを見極める事ができるのですが、住宅ローンはOKでも、住宅ローンの保証人の部分での個人再生の失敗は案外と知られていないことでしょう。
この場合の対策も相談ができます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


個人再生に失敗しない様々な同意

個人再生は債務を大幅に減額できる債務整理です。
住宅ローンがあった場合に、住宅ローン特例でそのままローン継続ができ、その他の借金を整理するものです。判断は裁判所ですが、小規模個人再生では債権者の同意が必要です。

同意が受けられない

小規模個人再生では、債務者が返済ができない理由を述べた上で、個人再生の決まりがある内容で圧縮したさ返済額を債権者に提示します。

多重債務では過半数の債権者、債権額の同意が必要といます。
これで、NOであれば個人再生は失敗に終わります。

個人再生の要件に関しては、弁護士がいればすべて行ってくれます。
中には自分で行う場合もありますが、何度も裁判所に行く必要があり、集める書類も多いです。
その上で、同意が得られない場合では、額を上げたりということですが、弁護士や司法書士が行う場合は失敗例が少ないです。

個人再生では個人再生委員が選出され、手続きを行います。
この費用が15万円~かかることがあります。一括払いではないのですが、こうしたお金の支払いが確約できない場合も、失敗することがあります。同意では、書類が出来上がってからの債権者のもののありますが、予納金の有無でも対応が違ってきます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


弁護士費用は?

失敗が少ないとされる弁護士や司法書士への費用は50万円程度だと言われています。
こちらも一括ではないのですが、個人再生委員選出などを行うと70万円程度かかることもあります。それが出ない=収入があまりにも少ない場合でも、個人再生は進まないことがあります。

法テラスへの相談を

収入が少ない方では、法テラスの利用がオススメです。
各都道府県で一度は面談が必要ですが、ここでできることは弁護士の紹介になります。
何人かの紹介を受けることができますが、そこで個人再生の打診です。

法テラスのメリットは、収入が少ない方に対しての立替制度です。
弁護士などもそれを同意として、個人再生の業務を勧めることになります。
債権額の大幅に減少させることが目的であり、3年間の返済計画が実施されることが必要です。

100万円以下の場合は、減額対象にはならないとされています。
収入で不安な場合は、弁護士相談の前に法テラスが妥当です。
しかし、その弁護士も必ず成功しますということは言わないです。

良い弁護士との出会い

個人再生の成功は良い弁護士との出会いも大切です。
基本的には地元の弁護士が妥当ですが、法テラスなどでは登録されている方の紹介です。
中には、口ばかりで何もしてくれない悪徳弁護士も存在していますが、親身になる弁護士に依頼することも失敗が少ないと言われています。きちんと面談をして、対応を確認してください。

そして、あなたの場合は自己破産しかないと言われることもあります。
その理由にしてもきちんと納得できるものであるか?
不本意であるのなら、他の弁護士や法律相談を受けてみるのもオススメです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


個人再生には失敗はつきもの?その後はどうする?

個人再生では仕事の有無が失敗につながることがあります。
債務が大幅に減額できる内容ですが、3年間での完済が約束できる方でなければならないです。

個人再生とリストラ

リストラが原因で、クレジットカードやキャッシングの返済ができない。
次の就職が決まるまで、住宅ローンだけはなんとか残したい。身上としてはわかる理由ですが、弁済額でどうあれ、債権者の中には、無職であることを理由に同意しないケースが多いです。

たとえ一時期だとしても、無職での個人再生は失敗がつきものです。
この場合は、就職先が決まってからの個人再生手続きが良いです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


個人再生決定後のリストラ

弁護士にも依頼して、個人再生の返済計画もできた。
それなのに、リストラしたり、倒産の危機になることもあります。
どうにか3年間完済ができないとなった時には、個人再生失敗ということになります。

リストラだけではなく、収入が下がったり、どうしても返済の目処が立たないなどの理由でも同様です。この場合は、自己破産しか方法がなく、住宅は手放すことになります。
その額が多ければ、売却して個人再生完済の手立てもありますが、住宅ローンを守れないことで言えば、リストラでは失敗になってしまったと言わざるを得ないことになります。

良くある個人再生の失敗

実は個人再生の失敗は良くあることです。
弁護士に依頼をせずに自分で行うことでの失敗も多いですが、個人再生計画認可決定の返済ができない場合も多数あります。

個人再生では、こうした返済を伴う債務整理の性質から、簡単に行かないと思ってください。
特に住宅ローン特則を利用して最大限債権に譲歩を求めるのですから、完済できない取引で違反行為です。いくらリストラされたとは言え、債務者の勝手な行為です。

個人再生では最大2年間の猶予がある

3年間の完済予定ですが、裁判所が認めるやむを得ない理由がある時には、最大5年間の返済期間になります。どのような場合なのかはケースバイケースです。

リストラの危機だったり、もしもの時には弁護士がいれば、アドバイスがあります。
自分で行う個人再生では、個人再生そのものが失敗してしまう可能性が高いですが、決定後の失敗でも対応があります。弁護士の依頼の時には、こうした場合の内容も確認しておくと良いでしょう。

3年間の返済と言っても何が起こるかわからないです。
住宅ローンを守ることができる債務者にとっての最大の個人再生の失敗をしないためには、きちんと内容理解をして、信頼できる弁護士依頼が良いです。
それと、完済の危機感もきちんと持つこと、これも大事です。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓