↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理のデメリット 家族への対応

債務整理を希望している方で、家族には知られたくない方も多いです。原則的に、家族に迷惑をかけずに債務整理は行うことは可能です。ただ、その家でどのような立場であるかで、対応は変わってきます。

世帯主や夫

夫の借金で返済に困り、債務整理をしたいとします。原則的に債務整理は、するものとしないものを区別することができますが、車の家のローンなどのその家の財産については、手を付けないことが可能です。この2つについては、家族に関係することですから、できれば債務整理をしないで手元に残したいことでしょう。

しかし、遊興費などで作ってしまった借金については、任意整理など、債権者との直接交渉をするものについては、家族に内緒で行うことができます。ただし、夫のクレジットやローンを組むことが10年間くらいできなくなってしまいますが、その点をどう家族に説明をするかが問題になります。夫の立場での債務整理は、この部分でデメリットになりがちですが、家族の理解があれば乗り越えられるでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

妻が作ってしまった借金の債務整理は、夫が家計管理をしていなければ、債務整理はできます。連絡などをすべて自分にくるように配慮してもらったり、弁護士などに依頼をすることで、スムーズにことが進みます。

最近、妻の債務整理が多くなっていて、夫にバレないように行う方法もあります。ただし、しばらくクレジットショッピングなどはできませんが、出費などを妻が管理している場合は、内緒で行うことができます。

子供

既に成人をしている場合、債務整理は親は関係なくできます。若い世代での債務整理も増加しています。この先の人生を考えると、多額の借金返済で暗くなるのではなく、債務整理で再スタートを切るのはオススメです。そして、二度と債務整理をしない生活を心がけましょう。

借金返済を滞納してしまうと、家族に連絡が行くことは今はありませんが、郵便物などの請求はあります。債務整理をスタートさせるとそれも来ないようにすることができますから、家族にバレないように行うためにも、債務整理のスタートは早ければ早い方が良いです。

↓↓法律相談カフェ↓↓