↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理ができない やっぱり弁護士じゃなきゃダメ?

債務整理で一番多く行われている任意整理。簡単に言うと、債務者と債権者の話し合いで借金を減額することで、裁判所を通さないことから比較的手続きが簡単で、時短で債務整理ができます。

借金返済が困難になってきた場合、そのまま滞納をしたとしても何の解決もしません。債務整理をした方が良いのがわかっているけれど、なかなか踏み込めない理由の多くは、内容が良くわからない点にあります。債務整理で良く行われる任意整理にしても、“返済できないから減額してください”と言ってもいいものかどうかも判断しかねるところです。営業マン並の口の上手さがあれば良いのですが、債務者としては、引け目もあることから、最初の口火すら開くことができない状態です。

任意整理をしたいときには、債権者に対し“収入が減ってしまって従来の返済ができないから、減額をしてほしい”と言えば良いのです。それがスマートにできるのが、弁護士や司法書士でしょう。淀みない言葉で、スムーズな任意整理になります。現在、債務整理の最初に行うことは過払い金請求が可能かどうかです。過払い金がない場合債権者との交渉になります。弁護士は、すべて債務者に有利な条件での返済減額を目指していきます。

任意整理は原則利息カットの内容です。元金を大きく下回ることが少ないことから、債権者としても比較的和解契約に応じることが多いと言われています。しかし、弁護士に言われたから、しかたなし対応する債権者が多いことから、任意整理で大きく減額したい方は、最初から弁護士などに依頼をすることをオススメします。

↓↓法律相談カフェ↓↓