↓↓法律相談カフェ↓↓
 

結婚前の借金や債務整理について その影響は?

借金のある人との結婚、債務整理した人との結婚。どちらを選択しますか?
好きな相手の借金問題では大いに悩む方もいます。債務整理が結婚にどう影響するか?
それは当人同士の問題です。

相手の借金の有無

最近では、たいていクレジットカードの支払い程度の借金はあるでしょう。
ただそれがキャッシングとなると、話しが違うということも多いです。
カードローンを日常的に使用している相手の場合、いささか不安になるという方もいます。
その目的がはっきりしているのなら良いのですが、なんとなく毎回キャッシングをしている方を婚約者とする場合、借金のある人は不安ということになります。

また、債務整理の事実を知らないでお付き合いをしている場合もあるでしょう、
自己破産のことを言い出せなくて、僕はクレジットカードが嫌いと言いながら、実は個人信用情報で超ブラックリストという事実です。

債務整理した人を好きになってしまった、好きになってし待った人が債務整理をしていた。
どちらにしても、相手の秘密としては、借金にしても債務整理にしても不安なことです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

自分はどう?

相手のことばかりではなく、自分の借金はどうでしょうか?
実は多重債務者ですとか、カードローンの支払いが残っている。または、お付き合い前に債務整理をしたという事実。それを相手に正直に伝える事ができるでしょうか?もし結婚まで真剣に考えているのなら、これは隠しておけることでしょうか?

はっきり言って、全てをさらけ出すことが理想です。
相手も自分の借金、債務整理もすべて話しをした上で、結婚の話しをすることです。
生活をともにしたのなら、借金も債務整理もすぐにバレます。
それなら、結婚前の告白大会を行ってから、家族になることをオススメします。

債務整理の事実を知ったら怖くない?

例えば、現在借金があり、返済ができないことで迷っている。
結婚をするにあたり、債務整理を迷っている方もいます。
債務整理は個人のものであり、配偶者は無関係です。
要するに、配偶者がブラックになることもなく、迷惑がかからないです。

債務整理をした当人が、しばらくブラックリストで各種ローンが組めないだけです。
ということで言えば、もし多重債務で結婚が迫っている場合でも、自分だけが債務整理をすることで、結婚そのものには何も影響がないということです。

ということで、ここは勇気を持って、借金や債務整理のことを告白しましょう。
結婚しても、しばらくクレジットカードは作れないんだ。5年間程度は我慢なんだとサラッとしていたら良いのです。結婚前の借金や債務整理に関しては、全てを打ち明けることが、良いのではないか?と思われます。老婆心ながら、夫婦での秘密があるのはいただけないことです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

配偶者に内緒の借金と債務整理 影響で考えられるのは?

債務整理の影響について、結婚に際しては何かあるでしょうか?

ローンが組めないだけ

まず借金も債務整理もあくまでも個人のものであることを認識してください。
住宅ローンでも、夫が契約者であれば、妻は連帯保証人です。
夫婦での契約者ということはないです。

この場合、契約者と連帯保証人は一心同体ですが、普通のカードローンなどは連帯保証人は不要です。ですから、相手の借金については、関係が全くないことになります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

相手が債務整理をした

結婚後の生活では、何の影響もないです。
婚約者にしても配偶者にしても別に債務整理で困ることがないです。
本人の個人信用情報で異動情報があるだけで、しばらくキャッシングもクレジットカードもできないだけです。それぞれ個人の借金と債務整理と認識することで、結婚とは無関係です。

配偶者に内緒の債務整理

それもできないことはないです。
借金そのものも配偶者のことわりが要らないです。
カードローンやキャッシングの申込みは、自分の収入で行うものです。
消費者金融では、配偶者の同意書などはなく、個人としてのカードローンの存在になります。

ですから、内緒キャッシングもOKです。そして、返済ができないときには、弁護士などに相談をすると、家族にわからないように債務整理もできます。

最近では連絡も携帯電話で個人的に行う事ができます。晴れて配偶者に内緒の債務整理ができることになります。その事実も言わなければバレないことが多いです。

住宅ローンの審査に通らない

例えば、夫が債務整理を妻に内緒で行ったとします。
そろそろマイホームと住宅ローンの申込みを夫が行った場合、100%の確率で審査落ちです。
この場合、住宅ローンの審査はとても厳しいので、なかなか通らないと逃げることができます。

そう言えば、過去にクレジットカードで延滞したっけ。
その程度のウソで逃げ切る事ができます。
それ以来、クレジットカードもしたくないんだと言い訳ができます。

住宅ローンに関しては、債務整理者は契約ができないです。
すまないけど、妻に契約者になってくれる?収入が十分なら、こんな会話もできます。
夫が債務整理をしていたとしても、妻が住宅ローンの契約ができます。
夫の事故情報をあくまでも隠し通すことも可能です。

妻に内緒の借金に債務整理。夫に内緒の借金に債務整理。
実はそれができてしまうので、絶対にバレないという自信があるのなら、こんな住宅ローンの組み方も存在しています。バレたときの惨事の保証はないですが。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

結婚生活に影響する借金、債務整理

結婚生活において、債務整理の影響で考えられるのは、債務整理者がしばらくの間ローンが組めないことです。それを事前にわかっていれば造作ないことです。

債務整理経験者との結婚では、個人信用情報機関は個人のものであり、配偶者のブラックリストというだけです。夫がブラックリストでローンが組めないのなら、妻が組めば良い。
そして、そのブラックリストも5~7年程度で記録が抹消されたのなら、再びローンが組める身分になれます。それまで待てば良いことです。

10年間は我慢

住宅ローンなどでは10年程度の借り入れができないことがあります。マイカーローンも同様です。どちらも厳しい審査では、審査に通らない場合もありますが、ローン審査では甘い内容もあるので、時間の経過があれば、あまり関係ないことです。

10年間のローン生活ができない事を互いに承知しているのなら、債務整理そのものは大したことではないと考えるご夫婦も少なくないです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

問題にしたいのは借金じゃない?

債務整理をしなくてはならないというのは返済ができない、消費者金融の借り入れが多いなどが原因です。勇気のある債務整理であり、軽い任意整理から自己破産などもあります。
借金があること、債務整理をしていること。どちらが大きな問題でしょうか?

夫婦であれば、たとえブラックリスト状態だとしても借金がない方が快適です。
破産と聞くと、なんとなく悲壮感がありますが、多重債務で毎月返済が莫大という方が状態は良くないです。スッキリと債務整理をした上で、快適生活をした方が良いパターンもあります。
借金返済を結婚生活に持ち込む方が落ち込むでしょう。

正直に話す

こうした借金や債務整理に関しては、互いに納得した生活が結婚には必要です。
もうすぐ喪明けだね。喪明けとはブラックリストの事故情報が抹消されるときです。
そんなときを楽しみにしてしまう、債務整理は決して暗いことではない認識を持ちましょう。

とはいっても、相手の認識です。
ある相談者の話しでは、相手に借金や債務整理のことはとてもじゃないけれど言えない夫婦関係だと言います。このまま行くと離婚しなければならないと悩んでいる方も少なくないです。
これは、借金に連帯保証人が存在していたり、住宅ローンも背負っている場合などケースは様々です。

弁護士に相談すること

債務整理に関しては、任意整理程度なら内緒でもできることですが、個人再生、自己破産といった債務整理では、夫婦で相談にくるように言われます。その時に弁護士が説教をするのではなく、借金の大変さと債務整理のメリットをきちんと話してくれます。

そして、配偶者の身分には何も影響がないこともわかった上で、夫婦での債務整理をオススメすることになります。こうした形で債務整理をした場合、その後の結婚生活にも良い影響を与えるというのですが。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理がバレるとき 結婚に影響はある?

債務整理をすると、結婚に影響が出るのでしょうか?

法的な制限はない

債務整理では任意整理、個人再生、特定調停、自己破産などがあります。
個人信用情報機関では異動情報が付きますが、戸籍や住民票には債務整理についての記載は何もないです。結婚に支障の出る情報は何もなく、債務整理をすると結婚ができないということはないです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理が配偶者や婚約者にバレる

債務整理の事実は本人が告白しなければわからないことです。
個人信用情報も本人しか閲覧することができないです。

弁護士などに依頼をして債務整理をすることが多いですが、郵便物などが自宅に届かないようにすることはできます。弁護士に家族にばれないような工夫を依頼することは可能です。

悪いことをしているわけではないのですが、それぞれの事情は汲んでくれます。
手続き上で、本人以外で必要なものは何もないので、ばれないように債務整理をすることは可能です。

婚約時代にバレてしまう場合

ただし婚約者が、あなたのことを興信所を使って調べた場合、借金、債務整理の事実は知られることになります。生活全般を調べる興信所では、借金も債務整理も見逃すとはないです。
内緒の借金も債務整理も知られてしまって、婚約が破断になったり、結婚後では離婚になる場合もあります。

しかし、これは仕方のないことであり、債務整理の事実をなくすことはできないです。
債務整理者と結婚生活をしたくないというのなら、ここは諦めることです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

同棲時代にバレる

住まいが一緒だと、郵便物などでバレることがあります。
消費者金融の借金なども返済が遅れると自宅に請求書が届きます。

家電を使う機会は減っていますが、連絡先を家電にしていると、同居人にしてみれば、隠していることはバレます。債務整理のときには、自分で細心の注意を払っていたとしても、家にいる他人、家族でもバレる可能性はあるでしょう。

債務整理がバレたとしたら

相手の出方次第です。
これは、こうした方が良いというのは1つだけです。隠していてごめんなさいだけです。
このときに、これからの結婚生活にあたり、配偶者になる方には何の影響もないことを説明することです。

私が起こした借金と債務整理で、後ろめたいことは何もないと説明だけはしてください。
破談、離婚のケースもありますが、借金や債務整理程度で結婚生活ができない相手なら、それはそれで仕方のないことです。道理でクレジットカードを持っていなかったんだ。住宅ローンもしばらく我慢だねと優しく慰めてくれる相手なら、本当の意味で素晴らしい結婚生活ができるでしょう。

それより、債務整理の事実は話しておいた方が良い場合もあります。
債務整理そのものは結婚には影響がないので、バレるよりも告白の方がずっと良い結果になります。破談になったとしても、です。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理が結婚生活に影響する? 告白のタイミング 

結婚前に婚約者には、自分が債務整理をしたことを告白することをオススメします。
ある相談者の体験談をもとに上手な告白の仕方をご紹介します。

自分が借金をしていたことから

まずは多重債務でも大きな借金でもお金を借りていた事実を述べました。
返済ができなくなって、債権者からの請求があって困ったことなども正直に話しをします。
それで、個人信用情報機関で事故情報でブラックリストになり、弁護士などに相談をして、債務整理をした。

自己破産、任意整理などの方法もきちんと説明をしました。
この時点で婚約者が、とんでもない結婚は認められないというのなら、仕方のないことです。
あなたに知られないようにしたけれど、きちんと話しをしたいということだけは伝えてください。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理は悪いことではない

弁護士などに相談をすると言われる情報ですが、債務整理は悪いことではなく、借金返済が苦しくなって、延滞で債権者に迷惑をかけることの方がずっと罪であると説明してください。
これは逃げ態勢ではなく、自分の借金と対峙している証拠だと。

そして、デメリットとしては、住宅ローンなどの契約ができない、クレジットカードが使えないことだけで、大した困ったことはない。

そして、これから結婚する相手には何も迷惑がかからない。
自分の信用情報で借りれないだけであることをきちんと伝えることです。
これまで話しをして、結婚に影響がでるのであれば、仕方ないでしょう。
借金そのものを悪だと思っている方も世の中には存在しています。

債務整理は離婚理由になる?

夫が私に内緒で債務整理をしていた。
それが離婚理由として、慰謝料請求などができるか?
ウソをついていたことでは、感情的な罪になりますが、離婚原因にはならないです。
結婚生活が破綻することはあっても、債務整理を原因として離婚は成立しないとされています。
ただし、債務整理のことを告白した後に、夫婦不和になり離婚につながることは大いに考えられます。

結婚前の借金、どうする?

結婚が決まってから、借金の事実がある時には、債務整理をするまでなくとも事実は話してください。そして、債務整理の必要があるのなら、結婚前がオススメです。

自己破産などでは、家計全般の資料の提出などもあります。
独身時代に片付けておくことが理想です。
相手の収入が無関係のうちの債務整理が良いでしょう。

債務整理をした人だけど、結婚をしてくれますか?
そんなプロポーズもありで、理解ある相手なら、債務整理は何ら問題ないと言うでしょう。
私達の結婚生活に借金を持ち込まないのね?かえってありがとうという婚約者であれば、理想の結婚生活が描くことができるでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓