↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理のデメリット 車はどうなる?

もし、現在借金の返済で困っている方で、債務整理をお考えの方、そのデメリットはご存知でしょうか?それは、当分の間、クレジットやローンが組めなくなってしまうことです。どのような債務整理でも適用されるデメリットです。

また、財産没収も債務整理のデメリットです。借金の中で、住宅ローンがあったとします。これを債務整理して自己破産をしたとしたら、競売物件になってしまいます。

そして、車のローンの債務整理の場合、ローンを支払っている間は所有権はローン会社になりますから、車も処分対象になってしまいます。ただ、債務整理でも、民事再生や任意整理の場合は処分対象から外れます。対象になる債務整理は、自己破産だけということになります。

今の借金が減額されたり、ゼロになるメリットが多い債務整理ですが、返済をしなかったことが信用情報機関へ事故情報として報告されます。この方は返済ができなかったという信用がなくなってしまうのです。ですから、少し後でクレジットを組みたいから債務整理はしないと思っている方も多いことでしょう。

ところが、債務整理をしたから、ではなく、滞納をしたからというのが事故情報なのです。
要するに、借金返済を一回でも滞納してしまうことで、後のクレジットは困難になってしまうということなのです。このあたりは勘違いしないようにしてください。債務整理後ではなく、返済滞納後のクレジットやローンは難しいのです。

↓↓法律相談カフェ↓↓