カードローン延滞していて借りれないなら債務整理

カードローン延滞していて借りれないほどの状況に陥り、一人の力では返済していくのが難しいという事態になったら、債務整理をするという選択肢もあります。

債務整理は弁護士さんや司法書士さんに相談して行うことになりますが、全部で4種類ありますので、ご自身の状況に最適のものを一緒に選んでもらい手続きをします。

債務整理は経済状況が軽いケースから順番に、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産があります。任意整理は借り入れ金額が少額な方に適しており、話し合いによって決着をつけます。特定調停も話し合いによって問題解決をはかっていく方法ですが、最終的に全額免除にはならず、一定の返済を行うことになります。

個人再生は、自宅を手放さなくても借金の解決ができる方法です。利用するには条件を満たしている必要があり、借り入れ残高が5,000万円以上の方、もしくは今後収入を得られる見込みがない方は個人再生ができません。再生計画案をだして、その内容が認められるとそれに従って返済が進められ、残高は返済しなくても済むことになります。

自己破産は支払いができない人を対象としており、差し押さえ禁止財産を除いては財産を手放さなくてはいけなくなるものの、借金が免除されるという方法です。

債務整理をしてしまうと、一定期間は個人信用情報機関にそのことが登録されてしまいますので、その期間は銀行や大手消費者金融などに申し込みをしても可決されることはまず難しくなります。ですから、最終手段として残しておくとして、まずは司法書士さんや弁護士さんに現在あるカードローンの延滞問題をどうすれば解決できるか相談してみることをおすすめします。

インターネットで調べてみると、同じような経験をした方の体験談を見ることもできます。中小消費者金融でしたら、まだ融資を受けられる可能性もあります。債務整理はそれらを検討してからにして、問題解決に前向きにあたっていきましょう。