延滞は罪 現実逃避はやめよう

延滞してしまう原因として、

  • 多重債務者である
  • 収入が激減

が大きな原因です。

また、なんとなく借りすぎちゃったと簡単にキャッシングをしてしまう方もいますが、いずれも結果論です。借りてしまったのだから、借りられたからつい返済ができなくなったなど、延滞は簡単に作ることができます。しかし、これは罪なことであり、契約不履行で会社なら倒産しています。

じゃあ、延滞していたら自己破産しかないの?と思う方もいますが、自己破産をしようと行動を起こす方は返って勇気のある方です。

たいていの方は、そのまま放置して、金融会社からの催促からも逃げていることでしょう。やがて、裁判所からの出頭命令のはがきが来るのですが、正規消費者金融などでは自宅に押しかけたり、家族や職場に迷惑をかけることはしません。だからといって放っておくと、何も解決しないだけではなく、滞納した利息が増えていくだけです。

延滞してしまった場合、金融会社に説明をすると一応猶予があります。消費者金融としても、ないところから取れないので、返済できる範囲内からの返済で長期の契約に書き換えてくれます。

ところが、闇金融では、きちんと貸してくれるところもありますが、これは自ら川底に飛び込む行為です。そこからが本当の苦しみで、延滞している分以上の返済をしなければならないことになります。

返済でないとわかると、無理やり仕事を照会された延々ただで働かされたり、わかっているんだろうなという対応、ほとんど「ウシジマくん」の世界です。これもある程度は自己責任といえる行動です。延滞中で借りられる金融機関はないのですから、それを承知で金融機関に行ったということはヤミ金に行ったことになります。

審査のゆるい中小消費者金融もありますが、延滞している方はよく考えて申込をしてください。多分今の状態での申込は否決される可能性は高いのですが、まとめローンを専門としているところなら話だけでも聞いてくれるかもしれません。ただし、当然のことながら無職は却下で、収入の安定があることが必須です。

同時に、弁護士などに債務整理の相談にいくこともお勧めです。借入とは反対のことですが、延滞中の方で返済ができない方には債務整理しか道はないと行っても過言ではありません。

借入か債務整理か、そこは自己責任で決めるとともにヤミ金には絶対に行かないことです。