闇金ではなく債務整理 これが本来の方法

延滞中でもお金を借りられるところはあるようですが、名前も知らない金融業者や消費者金融がほとんどです。インターネットでの情報ですが、携帯電話からの申込のみに対応など、怪しげな業者が多いようです。

消費者金融にもいろいろあり、闇金の可能性が高いのは次のようなところです。

連絡先が携帯番号

たいてい株式会社の消費者金融が大多数ですが、携帯番号だけの消費者金融は闇金の場合がほとんどです。正規消費者金融の場合、金融庁の届け出の証明などが明記してありますが、携帯番号だけのところは要注意です。

ブラックOKとはっきり書いてある

まるで、ブラックの方専用のような書き方をしている金融業者もあります。

中堅消費者金融の場合、ブラックでも借りられる可能性がある金融業者は多いですが、そのようなところでは、口コミなどが豊富に情報としてあります。そのような口コミがない業者に関しては、闇金であることが多いです。

当社は闇金

はっきり名言しているところも少なくありません。ソフト闇金も同様ですが、これらの金融業者は、法外な利息を摂ることは目に見えています。

ソフト闇金の場合は返済まで書いてありますが、元金の何十倍もの返済をしなくてはならないことになります。

こうした闇金の存在は、どこからも借りられない方にとっては、それでも今必要なお金がほしい方にとっては、つい手が出てしまうとされています。

実際に、延滞中の身で闇金から少しだけ借りたお金が何百倍にも膨れ上がった例は数多くあります。無法地帯での営業ですから法的な手段は一切効かず、挙句の果てには借金返済のために紹介される仕事に従事した方もいます。

結局、法律に則った営業をしている審査の甘い消費者金融も、延滞中と分かれば、融資は一切しないのです。ホームページにあるような口コミで話題の審査が甘い消費者金融で審査落ちになった方にとっては、なんとかお金を借りる方法を考えるのではなく、今ある延滞中の借金をなんとかしなくてはならないと考えるのが常識です。

延滞中の借金は、債務整理です。お金を借りるのではなく、借金を整理して、返済できる範囲に小さくするのが自己破産などをすることを考えるときなのです。