中小消費者金融で行う延滞しない最善の方法

キャッシングで、延滞中と延滞しそうは内容が全く違います。返済日の前日と翌日がブラックの分かれ目。

ただし、1回程度の数日の返済遅れは、金融事故になりません。それが何度も続くことはダメですが、数日程度の遅れてしまうことは、うっかりミスと判断されることが多いです。

返済日にお金がない

これは前日までに確認が取れる場合は、直接金融業者に言いましょう。

金融業者では、金融事故を未然に防ぐ対応として、契約内容を検討してくれます。この金融機関の対応をしたら、一応債務整理扱いになりブラックリストになりますが、延滞が原因ではないのです。

よく、借金返済ができないとご相談下さいと言われます。審査担当者は、いきなりこれを言うことはないのですが、常識範囲内のことです。知人との約束でドタキャンされて腹がたつことがあると思いますが、延滞はまさにドタキャンです。

中小消費者金融の甘い審査でなんとかなる?

延滞が金融ブラックなら、中小消費者金融なら安心と考えるのは妥当ですが、中小消費者金融の審査基準で延滞は審査落ちです。

中小消費者金融の審査に通らない条件として、延滞中と無収入があります。この延滞に関しては、キャッシング全般で契約ができない人の扱いになってしまい、大手消費者金融、銀行カードローンはもちろんですが、中小消費者金融や街金も借りることができません。事故情報としては最悪の内容とされていて、他社借入が多い多重債務者よりも審査は厳しいでしょう。

延滞しない方法はまとめローンの紹介

返済ができない場合、金融機関や金融業者に相談をするのがよいのですが、家の中で換金できるものを探します。とりあえず、目前の返済日に間に合うだけのものがあれば良いです。

そして、その返済が大手消費者金融である場合、延滞前に中小消費者金融のまとめローンに申込をしてみましょう。延滞するということは多重債務者です。カード会社で消費者金融のものであるのなら、審査の甘い中小消費者金融でまとめローンができると、1つのローンになります。その時に金利が低くなるのがまとめローンの目的です。

ただし、大手消費者金融のフリーローン金利と中小消費者金融のまとめローン金利の差がない、中小消費者金融の方が金利が高い事もあります。普通は、そんな損な内容の取引はしない方がよいのですが、ここは延滞防止策としてまとめローンにしてしまうことで、来月からの延滞を防止することが可能です。

まとめローンの目的は違うけれど

こうしたまとめローンは、金貸し屋の中小消費者金融としては美味しい内容です。収入が確かなら、金利が高い多額のまとめローンの契約です。

延滞せずにまとめローンで、毎月の返済を抑えて長期のローンが組めます。返済額が減少することで、延滞の心配もなくなるといいうわけで、中小消費者金融として長期の返済で利息収入が約束されるのです。

中小消費者金融のまとめローンの注意点

金利が低いに越したことはないのですが、繰り上げ返済ができることなどを確認して下さい。

そして、中小消費者金融の評判として、老舗消費者金融業者、まとめローンを積極的に行っている所がポイントです。闇金などを選択しないことも絶対ですが、総返済額については、高くなることは覚悟して下さい。

シミュレーションなどもしますが、延滞しないで済む、これは大きな収穫になります。