延滞者が借りれる金融会社はない

大手消費者金融カードローン、銀行カードローンなどでは、返済日に入金がないと連絡が来ます。当然中小消費者金融でも連絡が来ますが、その時の対応は大手などとは違います。

中小消費者金融の口コミでも多いのですが、入金がないことで連絡が来た時には、まるで闇金との評判が高いです。中小消費者金融の延滞というのは相当なツワモノでしょう。

延滞したらもう借りられない

61日以上の返済ができない状態であれば、甘い審査の金融会社でも借りられないでしょう。ただし、その延滞金額と自身の収入との関係があります。

例えば、大手消費者金融で借入をしました。都合があり、遅滞から延滞ですが、連絡来ても対応しませんでした。この状態で、中小消費者金融に行くとして、すべての多重債務の分のまとめローンが妥当でしょう。

そこで、延滞の理由と今後の完済ができる意思が伝われば、中小消費者金融などのまとめローンができることがあります。ただ、61日以上の遅滞は、非常に印象は悪いです。どうやって説得するかですが、近々まとまったお金が入る。できれば、まとめローンも数回で完済ができるなどのビッグな入金があることが最適です。

この時も何年の支払いが続くという場合、延滞者の中小消費者金融のまとめローンの申込は撃沈です。たいてい延滞している身分では、どこの金融会社も相手にしてくれないでしょう。

その中小消費者金融で遅滞

延滞どころか遅滞の段階でとんでもないことになります。大手消費者金融でもそうですが、延滞者に対しては、最終的に裁判になります。

その時に出廷もせず、何もしないで逃げていると、大手消費者金融の勝訴になります。月給からの差し押さえです。規定はありますが、給料日に一定の差し押さえ金が引かれます。金利し遅延損害金も加わり、30%以上の金利になってしまうことがあります。

早くに対応してればということですが、中小消費者金融でも同様です。その前に、闇金まがいの取り立てがあるのが中小消費者金融です。ブラックリストなのに貸してやった。それを裏切るとはという態度ですが、その取り立て+差し押さえになります。

延滞者で借りられないけれど

中小消費者金融でも信用情報の審査があるので、延滞の部分で審査落ちです。万が一借りれたとしても少額の場合であり、よほど返済能力が認められることが必要でしょう。

この手の中小消費者金融の審査通過の話はほぼゼロです。延滞していても借りれるという貸金業者はないということです。貸したとしても返せる見込みがない契約は結ばないというのが、当然の対応です。

人からお金を借りて、踏み倒す奴にお金は貸せます?それと同じことです、延滞者の扱いは。