延滞者が選択することは?

延滞者とは61日以上の遅滞をしている状態です。この間、何度も請求を受けているのですが、何もしない状態が延滞です。

そんなに逃げ切れる?と思うのですが、請求の電話に適当に対応することで案外と簡単です。相手が大手消費者金融、銀行カードローンであれば、自宅に取り立てにくることはありません。

常識ある時間帯の電話で、自分以外には連絡がきません。もちろん勤務先には電話もこないです。ラクラクの請求であり、のらりくらりとやり過ごす事ができます。

ただ、個人信用情報機関では、日に日に悪い記録が更新されて行くだけです。自分では痛くも痒くもない状態です。

すべての貸金がストップ

個人信用情報機関では、延滞された金融機関が記録をすることでブラックリストになります。こうなると、クレジット、各種ローン、キャッシングも審査が有るものはすべて審査落ちです。

ただ、現在は審査基準が低いとされる金融業者が存在していて、そこならなんとか延滞していても借入ができるかもしれない。そう思っている方もいます。ところが、それがNGでした。

そこは甘くない

中小消費者金融などではブラックリストでも借入ができるのですが、遅滞延滞と総量規制だけは大手消費者金融と同じです。よって、延滞している場合では、絶対にキャッシングができないので注意が必要です。

もし、延滞者が借りれる金融会社があるとしたら、そこは闇金でしょう。口コミ公開される場合は、こんな事実が正規の金融会社で行われているとしたら、とんでもないことです。絶対に当社では、延滞遅滞の方は審査落ちというのが当たり前です。

よって、のらりくらりと請求から逃げている方の末路としては、金融業者と話を付けて今後の返済をする。もしくは、債務整理をすることです。

返済額が大きくなってしまう金融業者との交渉ですが、それは遅延損害金があったり、契約を変える時に更新料金が存在しています。どちらにしても延滞者の罪は大きく、そのままの状態はNGです。たいてい自己破産などでの解決が望ましいのですが、中小消費者金融に行く方もいます。

来月に大きなボーナスがでる

それで一気に解決ができる。延滞部分だけではなく、多重債務の完済がすべてできるというものがあれば、借りれる金融会社があるかも?というのなら、延滞しているところで完済をしなさいということです。

甘い審査の中小消費者金融でも延滞遅滞して対応していないというので、無駄な労力はしないことです。世の中はそんなに甘くないことがわかります。

甘い審査といっても、延滞していたら審査落ち、ケチだよというのは自由です。しかし、キャッシングで延滞というのは、最大の罪であり、信用をなくす原因としては最大でしょう。延滞者の今度は返すという言葉ほど信用が出来ないものはありません。